彼氏 冷められそう 対処法

neta-life【ネターライフ】

彼氏に冷められそうになった時の対処法!

読了までの目安時間:約 8分

314242

 

付き合った当初はラブラブだったのに、なんだか最近彼氏が冷たくて避けられているような気がする…。

 

もしかして、彼氏がわたしに冷めてきた?!

 

なんだか嫌な予感ばかりしてきてしまいますよね。

 

そこで今回は

 

・彼氏が冷めてきたときに出してくる態度やサイン

・別れたくない場合の対処法

 

そして最後に自分の今までのおこないを振り返ってみて悪いところがなかったかをきちんと見直してみたいと思います。

 

Sponsored Link

彼氏が冷めてきたときの態度やサインはある?

彼氏がなんだかわたしに冷めつつある!

そんなときは、必ず態度やサインとして出してくるのが男の人というものです。

 

まずは、そんな態度やサインを大特集したいと思います。

 

 

①好きや愛してるなどの愛情を感じる言葉がなくなった

日本人の男子はなかなか面と向かって好きだの愛してるだの言うという人は少ないですが、今まで毎日のように言ってくれていたのに最近はめっきり言わなくなった…。

 

そんなときは、愛情が少しずつ冷めてきているのかもしれません。

 

でも、そんなときに注意したいのは彼女の方から「わたしのこと好き?」と聞くことです。

余計に男性は言わされている感じになり嫌がる人が多いです。

 

愛情の言葉を無理やり出させるのはあまり良いやり方ではないですね。

 

 

②スキンシップがなくなった

これは言葉よりある意味ハッキリわかってしまう愛情表現ですから、スキンシップが少なくなってきて「そういえば彼氏に触れたの何日前だったっけ?!」とならないようにしたいですね。

 

男性は愛情が冷めてくると触りたくもなくなるそうなので、スキンシップがなくなったというのは要注意!

 

これも解消させようと無理やり手をつないでみたり、抱きついたりするのはダメですよ!

 

 

③会話が適当な相槌のみになった

聞いてるんだか聞いていないんだかわからないような適当な相槌を打つだけで、会話のキャッチボールが成立していない場合、彼女と話すことすら面倒だなと感じている場合があります。

 

会話は男女の仲を深める基本!

これができなくなるということは、お互いのことがわかりづらくなり、ふたりの距離は離れていくばかり…。

 

なんだか悲しいですよね。

 

 

④連絡が圧倒的に少なくなった

今までは朝にはおはよう、夜にはおやすみなど連絡は欠かさなかったのに最近はLINEは既読スルーは当たり前という状態に陥っていませんか?

 

もしくは適当なスタンプのみの返事など、明らかに連絡するのを面倒くさがっている場合は愛情が冷めてきている可能性大です。

 

電話も出てくれないとなると、悶々とした気持ちのみが残りますよね…。

 

Sponsored Link

別れたくない!そんなときの対処法

 

でも、やっぱり彼氏が冷たくて愛情が冷めてきていたとしても、どうしても別れたくはない!

 

そうですよね、せっかくふたりで育ててきた愛情を簡単に捨てられるわけがありません。

そこで別れを回避するための対策を講じてみましょう。

 

 

●ハッキリと問いただす

問いただす、というと責め立てているみたいに聞こえてしまいますが、正確には「わたしに何か至らないところがあったり嫌なところがあったら何でも言って!」としっかり自分の気持ちを伝えてみましょう。

 

こうすることで彼氏も無意識で自分のイライラを彼女にぶつけてしまっていたことを反省して、気持ちを切り替えてくれるかもしれません。

 

やはりふたりで付き合っているのですから、しっかりした話し合いはきちんとおこなうべきだと思います。

 

そこで何か指摘をされてしまったときは、素直に謝るようにしましょう。

 

 

●冷却期間をおいてみる

あまりオススメできる方法ではありませんが、少しの間こちらからも連絡をお休みして彼の様子を見てみると良いかもしれません。

 

でもこの場合、最悪自然消滅のようになったり、彼氏に新しい好きな女の子ができてしまったりする可能性はゼロではありません。

 

ただ、やはり離れてみて彼女の大切さに改めて気付くという場合もありますから、何とも言えないというのが正直なところです。

 

自分の行動や態度を見直してみよう

 

354553

 

彼氏の自分に対する愛情が冷めてきたということは、何かしらの理由があると思います。

 

それこそいきなり「急に冷めた」なんて聞いたら、こっちも一気に冷めてしまうというものです。

 

その理由について、やはり彼女として冷静に考えて見直してみるというのもひとつの手だと思いますよ。

 

・彼氏が嫌がるようなことをしなかったか

・連絡がしつこすぎて、彼氏がドン引きしたりしていないか

・デートのときにわがままを言いすぎなかったか

・身だしなみが乱れてはいなかったか

・いきなり「結婚」などの重いキーワードを出さなかったか

 

などなど、後から反省してみる点は結構たくさんあります。

 

ひとつひとつ細かく思い出していき、彼氏のその時の反応はどうだったかなどをしっかり見直してみましょう。

 

そしてひとつでも思い当たる節があったら、すぐに謝りましょう。

 

 

付き合っていく上で「ありがとう」や「ごめんなさい」このふたつは素直に心から言えなければ円滑な関係を維持はできないと思います。

ふたりの関係が少しずつでも修復できますように。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: