振られるのが怖い

neta-life【ネターライフ】

振られるのが怖い!彼氏に振られたトラウマがある人の対処法

読了までの目安時間:約 9分

ハートブレイクその1 -2

大失恋をした経験のある女性というのは、その後の恋愛にかつての痛みを引きずりやすい傾向にあります。

 

しかもそれがひどい振られ方だったりすると、トラウマとなって恋愛恐怖症のようになることもあるようです。

 

その結果、恋愛する事に臆病になり、恋愛をしない人生を送ってしまう人も少なからずいます。

 

しかし、一度きりの人生、失恋のトラウマを持ってしまったからといって、その後ずっとさみしい思いをする必要はないはずです。

 

ここではそんな傷ついた女性に、トラウマの対処法をお伝えし、再び素敵な恋を始めるお手伝いをしていきます。

 

Sponsored Link

 

恋愛に臆病になってしまった場合の対処法

失恋を経験すると、多くの人がこの世の終わりかと思うような気分になるかと思います。

 

それほどまでに人は恋に情熱やエネルギーを注ぐ生き物なのです。

 

ここではそんな失恋をし、恋に臆病になってしまった人たちの気持ちの改善方法、対処法について詳しく説明していきます。

 

ステップを踏みながら解消していきましょう。

 

とにかく失恋を思い出して泣いてみる

 

まず失恋をして、日も浅くその時の気持ちを引きずっているのであれば、とにかく泣いてないて、泣きまくってください。

 

涙が枯れるくらいに、ひたすら泣くのです。

 

泣くことは大きなストレス発散となり、自分自身を癒してくれます。

 

この段階を踏まないと、なかなか次には進めません。

 

無理にでも泣く日をつくり、環境をつくり、泣いてください。

 

失恋してからもう時間も結構経っていると言う人も今からでも遅くないので、当時のつらい感情を思い出し、思い切り泣いてください。

 

そうして泣けなくなったのであればあなたはもう大丈夫!

 

十分次の恋をする資格があります。

 

次のステップに行きましょう。

 

Sponsored Link

 

失恋をの理由を明確にする

 

次はトラウマから立ち直るためには失恋の理由を明確にするという行動が必要です。

 

とは言え、恋を失ったときって自分を全否定されたような苦しみと悲しみを抱きますし、絶望の淵に追いやられますから、そんな時の失恋の原因を見つめて明確にしておくことは非常に辛く感じるでしょう。

 

特に失恋の原因が100%相手が悪いと言う場合は思い出したくもないでしょう。

 

これは本当につらいステップです。

 

もしかしたら逃げ出したくなる可能性もあります。

 

しかし、ここで逃げるのは自分の弱さから逃げるということにもなりますし、次の恋に向かう自分の足かせになってしまいます。

 

これから二度と同じ思いをしないためにもここで振られた原因を明確にしておいくことが大切です。

恋愛にも学習が必要なのです。

 

このステップは想像以上にきついけれど、この後の恋愛を成功させ、長続きさせるために必要と思ってトライしてください。

 

同じ理由で失恋することを繰り返さないために成長する

 

失恋の原因をしっかりと明確にできて、次にすることは成長です。

 

失恋の原因を明確化できたのであれば、もう成長できているとは思いますが、次はその原因であることを二度と繰り返さないように行動してみましょう。

 

例えば、失恋の原因がいつも頻繁に連絡をすることを強要しすることで、重いと言われて振られてしまった場合、次の恋では相手のことをもっと信用しようと心に誓うことから始めます。

 

連絡の頻度に気を付けるとか、時間帯に気を配るとか、対処法はいくつもあるはずです。

 

そして、実際に次の恋に成長した自分を試してみたいと思うことも大切ですね。

 

友人などの人に会う

 

失恋の原因を明確にし、学習をしたら、次にするべきことは友達など人と会うことです。

 

女性というのは恋愛中は彼氏一筋になりやすく、それまでお付き合いのあった友達とも個人差はありますが疎遠になりがちです。

 

ですから、失恋した時はとりわけ、独りぼっちになってしまった感がするのです。

 

その孤独感が、トラウマをさらに根深いものとしてしまいます。

 

ですから、人と積極的に会っていきましょう。

 

失恋してしまったら、格好つけることはありません。

 

友達に助けを求めましょう。

 

大抵の友達はすんなり受け入れて、楽しい時間を一緒に過ごしてくれます。

 

そうして恋以外にもあった喜びに触れて癒されてください。

 

そうこうしている恋うちに失恋すら可愛い思い出となるでしょう。

 

怖がることは、やめる

 

ここまできたら、もうほぼほぼ失恋による恐怖、トラウマは改善されていると思います。

 

失恋を経験してひどく傷つくと言う経験はその人のトラウマになりがちなのは確かです。

 

けれど、ここで忘れてはいけないのが、失恋をして激しく傷ついたという自分自身の感受性の豊かさはすばらしい魅力だと言うことなのです。

 

大失恋であればあるほど、大恋愛をしていたという証です。

 

大恋愛ができるという自分自身の感性を認めて、自分が女性として魅力的だと言うことに気づいてください。

 

そして、そんないい女であるあなたがこれから向かってくる恋を怖がっていてはいけません。

 

きちんとタイミングと縁をキャッチして、もっと素敵な大大大恋愛を謳歌したらいいのです。

 

大失恋が人生の転機になることがあるって知ってますか。

失恋のトラウマからやっと抜け出す準備を始めたあなたに朗報です。

 

大失恋が人生の転機になることがあるって、知っていましたか?

 

一人の人間が大成長をして大きな転機を迎えるときというのは、その前兆として、様々なことが起こるそうです。

 

スピリチュアル的には、やたら眠くなることが多くなるといったようなこともあるそうですが、その中に失恋をするということもあるようです。

 

失恋をすると、無理やり一度人生をリセットされたような気にさせます。

 

人生に悲観的になってしまったりもしますよね。

 

でも、それを乗り越えると、次に待っているステージは、それを乗り越えることができた自分だけが立てるステージということになります。

 

それだけ、自分の器が大きくなったということなのです。

 

トラウマを抱えてじっとしているよりも、人間的に成長した自分で、さらなる大きなステップを今、踏むときと捉えて、前向きに生きていけたら素敵ですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: