男子が好きな女子の仕草6選!【中学生編】これで男子がキュンとする!

男子が思わずキュンとしてしまう、好きな女子の仕草。

わざとらしくやってしまうとあざとさが出てしまいますが、自然な感じでできると思わず男子も「おっ!」となるはず。

中学生の男子は一回キュンとなると、その子のことばかり考えるようになる傾向にあるのでしっかり仕草を意識しておきたいですね。

そこで今回は中学生の男子が好きな女子の仕草を6つご紹介していきますので、相手をキュンとさせちゃいましょう。

Sponsored Link

中学生の男子が好きな女子のタイプってあるの?

中学生の男子とひとくちに言っても3年間ですごく成長するので、学年ごとに好きな女子のタイプは異なってきます。

学年が上がるごとに女子に対しての位置付けも変わってきて、求めるタイプが違ってくるんですね。

では中学生の男子が好きな女子のタイプを、各学年ごとに見ていきましょう。

1年生の場合

1年生はどちらかというと、ルックスよりも全体的な雰囲気を気にする男子が多いです。

そのため求める仕草も細かいところは気にしなくても、雰囲気さえ掴んでおけばオッケーとなることが多いのです。

・優しくて笑顔がステキな子

 

・ロングヘアの子

 

・勉強や運動が得意で活躍している子

など漠然としたタイプが挙げられていますね。

2年生の場合

中学生の半ばに突入した2年生は、中学生活にも慣れてだんだん恋愛の話も増えてくる頃です。

そのため、求める女子のタイプにも変化が見られてくるようですね。

・他の男子から人気のある子

 

・話や趣味が合って盛り上がる子

 

・スタイルが良くて細身の子

このように少し女子のタイプが細かくなってきます。

3年生の場合

中学生最後の年は受験勉強などで忙しくなるので、どうしても恋愛一辺倒にはなりにくいという特徴があります。

しかし、ここで男子が女子に求めるものが顕著になっていくのです。

・自分だけを想っていてくれる子

 

・同じくらいの学力で目指す高校が一緒の子

 

・清潔感があって賢い子

このように先のことを見据えた考えにおいて好みのタイプが決まっていることがわかりますよね。

好きな子とこの先も一緒にいたいという想いが強くなるのも、3年生の特徴なのです。

Sponsored Link

中学生の男子が好きな女子の仕草6つ

中学生の男子が好きなタイプを押さえたところで、思わずやられたらキュンときてしまうような仕草をして心を掴んでしまいましょう!

好きな女子の仕草をするチャンスは、日常に転がっていますので逃さないようにしてくださいね。

では中学生男子の好きな女子の仕草を6つ見ていきましょう。

隣の席の男子にツンツンする

隣の席の男子に何か話しかける時に、いきなり「ねぇねぇ!」と呼びかけるのは少々ありきたりですよね。

ここは少し女子らしい恥じらいを見せたいので、男子の目線がこちらからズレている時に、ツンツンと腕を小突いてみましょう。

相手に触れるチャンスですし、男子も好きな女子からのボディタッチなら大歓迎のはずです。

できるシチュエーションとしては

・授業中に教科書を忘れてしまった時

 

・わからない問題があった時

 

・単に話しかける時

いろいろ使える仕草なので、1日2回くらいを目安におこなってみましょう!

あまり回数をやり過ぎてしまうとあざとさが出てしまい、自然ではなくなるので要注意です。

後ろから呼び止める時に袖を引っ張る

後ろから男子を呼び止める時にいきなり「ちょっと〇〇!」と声をかけたり手を肩にかけるのは、少し女子らしさが薄れてしまいます。

そんなときに思わず男子がドキッとしてしまう仕草は、袖を軽くつまんで引っ張るという動作です。

これは多くの男子がキュンとしてしまって、可愛いと感じる仕草なのです。

もちろん相手が早めに歩いているときに引っ張ると、袖が伸びてしまったり相手が驚いてしまうことがあるのでゆっくり歩いている時や立ち止まっているときに実践してみましょう。

袖を引っ張られて振り返ったら好きな女子だった!という方が、サプライズ感もあってステキですよね。

Sponsored Link

普段垂らしている髪を結う

肩よりも長い女子に限られてしまいますが普段垂らしている髪の毛を結んでスッキリすると、一気に雰囲気が変わって男子はドキドキしてしまいます。

またこの髪を結うという動作は中学生だとよほどのことがない限り女子しかしないので、男子はより女子らしさを感じることができるのです。

普段は見ることのできない首もとをのぞかせているだけで、男子はキュンキュンすること間違いなしです。

この仕草ができるシチュエーションとしては

・お弁当や給食の時間

 

・体育の時間

 

・テストの時

などが挙げられます。

あくまで特別感を出すことが大前提なので、毎日はやらずにレアな姿を見せていくことが大切です。

相手の目を見て話す

中学生だと、まだ相手の目をきちんと見て話ができる子は少ないですよね?

やはり相手の目をしっかり見るのは、まだなんとなく気恥ずかしい年齢でもあります。

しかしそこを恥ずかしがらずにやってのける女子は、確実に男子から好印象です。

好きな女子から目を見つめられたら、誰だってドキドキしてしまいますからね。

相手の目を見て話すのは、この先の人生でも大切なことなので今から自然にできるように訓練しておくのも良いでしょう。

特に女子が座っているところに男子から話しかけられた時のシチュエーションで、上目遣いで見つめるのは最強の武器です!

最初は恥ずかしさでうまくいかないかもしれませんが、慣れてくると自然と相手の目を見て話ができるようになるので頑張って見ましょう。

遠くから気づいたら小さく手を振る

クラスや学年が別など少し距離がある中で、お互いに目が合って存在を確認することがありますよね?

そこはそのまま会釈…ではなんだか他人行儀なので、気づいたら周りに気づかれないように胸元で小さく手を振ってみてください。

男子は周りから気づかれて茶化されるのが苦手なので、あくまで「ふたりだけの秘密」な感じを出すのが大切です。

全校朝礼や全校のイベントなどで活躍する仕草なので、ぜひ特別感を出しながら相手をキュンとさせちゃいましょう!

このとき少し照れたような顔をして手を振るのがポイントで、こうすることで相手のことを想っていることをアピールするのにもつながります。

ふいに目が合ったら恥ずかしそうにそらす

お互いにふいに目が合ったとき、ガンガン見つめられると逆に引いてしまうのが男子というもの。

そこで目が合ったときに恥ずかしそうにそらすのも、男子がキュンとする仕草なのです。

このとき冷たい目線で目をそらすと、男子は嫌われたと勘違いする可能性が高いのであくまで恥ずかしがるのがポイントです。

そしてたまに目が合ったときに笑顔を向けるのも、思わず意識してしまう仕草になります。

目が合ったら恥ずかしそうにそらし、たまに笑顔でそらすようにすると「もしかしてあっちも自分のことを…?」なんて意識してしまうかもしれませんね。

表情などをつけるのは高等テクではありますが、中学生男子の好きな女子の仕草を研究するには欠かせないポイントです。

まとめ

中学生の男子が好きな女子の仕草を6つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

学生生活の中で中学生は考え方も成長していきますので、好きな女子のタイプも異なってきます。

それを踏まえて仕草も少しずつレベルアップしていって、最終的には含みを持たせたような表情も加えていけるとバッチリですね。

基本的にはボディタッチは控えめに、そして相手の目を見て話すけど離れたところで目が合ったら恥ずかしそうにそらす…これを心がけてみましょう。

男子がキュンとする仕草を自然にできるように、日頃から気づいたら実践してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA