結婚したがらない彼氏

neta-life【ネターライフ】

結婚したがらない彼氏に意識させる方法!

読了までの目安時間:約 9分

358927

 

結婚したい彼女と結婚したがらない彼氏、実はこの組み合わせって割と多いのだそうです。

 

でも、彼女からしてみれば女性は妊娠や出産のタイムリミットがあるし悠長なことは言っていられません!

 

彼氏はなんで結婚をそんなにしたがらないのでしょうか?またそんな彼氏に結婚を意識させることは可能なのか?!

 

やはりいつまでも結婚しないなら一緒にいる意味はない…と見切りをつけるのか?

 

今回は、そんな結婚したがらない彼氏に結婚を意識させる方法についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

彼氏が結婚したがらない理由は?

彼氏が結婚したがらない、また結婚に踏み切れない理由は様々です。

 

考えられる理由を順番に見ていきましょう。

 

●経済的に不安がある

一番男性が結婚したがらない理由はこの経済的に家族を養っていけるかどうか不安ということが大きいと思います。

 

今は共働きで経済的に不自由していなくても、子供ができれば自分ひとりで養わなくてはならなくなるわけで、自分の安月給で結婚なんて無理なのではないか…。

 

世の男性たちはみんな不安なのです。

ましてや非正規社員が多く、この景気ですからね…。

 

みんな自分のことを守ることで精一杯で、家族を持とうなんて思わなくなっているのかもしれません。

 

特に結婚適齢期の20代半ばとなると働き始めたばかりで給料も決して良いとは言えず、一人暮らしよりも実家暮らしが多いくらいです。

 

これは現代社会が変わらない限りなかなか解消される問題ではないのではないでしょうか。

 

 

●自分の自由な時間が奪われるのが嫌

どちらかというと一人暮らしの生活が長い男性によくみられる傾向です。

 

ひとりの時間や空間が心地良くて、誰かに邪魔をされたくない、あるいは自分の趣味を最優先したいから家族のために時間を割くことができないと考えてしまうので結婚したがらないというわけなのです。

 

 

彼女のことを人生の伴侶として見ていない

もしかしたら彼女の料理が下手とか、家事が苦手とかそういった理由で、なかなか彼女との結婚生活を想像することができないということも考えられます。

 

つまり、彼女としてはいいけれど人生の伴侶として考えたら少し違うのかも…と彼氏が思っている可能性があります。

 

まず自分のことを振り返って、彼が結婚に前向きになれない理由が自分にないかどうか確認することも大事だと思います。

 

 

●結婚という責任に重圧を感じる

経済的な理由と少し内容がかぶってしまいますが、やはり結婚するということは家族を養って守っていかなければならない「責任」があります。

 

この責任は家族がいる以上生きている限りずっと続くわけで、ちょっと彼氏もその重圧にひるんでしまっているのかもしれません。

 

結婚の理想が高い男性は、この責任を重く受け取ってしまう人が多々います。

 

Sponsored Link

 

意識させるにはどうする?

 

では、そんな様々な理由から結婚をしたがらない彼氏に結婚を意識させるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

まずは、お互いに助け合うということを強調して「結婚はあなただけの責任ではないんだ」ということを彼氏に伝えるようにしましょう。

 

例えば子供を産むのは少し先にして、それまでは共稼ぎで思いっきり貯金して、彼女が働けなくなっても何も心配しなくていいように準備をしておくなど将来についてきちんとお金のことも含めて話し合いを積極的にしていくようにします。

 

自由な時間というのは、彼女の裁量次第ですが「月に2回までなら飲み会は許す、でも朝帰りは許さない」などと約束事を決めることです。

 

多少こういう話をするとこじれて喧嘩になることもあるでしょうが、きちんと自分の意見は主張して彼氏に「結婚するということの自覚」だけは持たせるようにしておくことが大切です。

 

でも、あまり厳しくしすぎると「やっぱり結婚生活はストレスが溜まりそうだからやめよう」なんてことになりかねません。

 

多少は妥協して、お互いの意見を尊重しながら約束事を決めていくと良いですよ!

 

家事などに関してもそうですよね、きちんと共稼ぎならふたりで協力すると決めておかないと彼女だけが家事のストレスにさらされることになります。

 

友人で、それが原因で結婚後1年と持たずに離婚してしまった子がいたので、やはりふたりの分担の問題は重要なんだと思います。

 

Sponsored Link

 

見切るのもあり?別れるタイミングは?

011378

 

先ほど説明したように、お互いの意見を時に喧嘩になりながらも出し合って話し合いを重ねても平行線のまま一向に話が進まないときがあります。

 

彼氏が「自分の自由な時間をなんで他人に許可を取らなければならないんだ」とゴネる場合。

 

彼女が「ふたりとも働いているんだから、家事はふたりで助け合うのが当然でしょう!」と主張しても彼氏が「自分の方が遅くまで仕事をしているんだから、先に帰って家事をするのは当たり前だろ!」と聞き入れてくれない場合。

 

どちらも、正直言ってこのまま無理やり結婚したとしても苦労しますよ…。

ましてや子供が産まれてからなんてお互いに助け合わないとやってられないですからね!

 

今からこんなことで揉めているようでは、結婚生活を楽しく幸せに送るなんて夢のまた夢です。

 

こんなときには、さっさと見切りをつけて次の相手を探しに行く方が賢明なのかもしれません。

 

この場合、彼氏が結婚自体をしたがらないわけですから婚約にも値していないのですんなり別れることができます。

 

別れ話をするタイミングは、話し合いをしていてやはり今回も平行線のままだと思ったら「こんなに結婚することで揉めるならわたしたちがこの先うまくいくはずがないから、もう別れよう」と話を切り出しましょう。

 

もしかしたら「じゃあ結婚すればいいんだろ!」と逆ギレしてくる彼氏もいるかもしれません。

 

でも、こんなとき絶対心揺らいではいけません!

貴重な婚活の時間が短くなるだけです。

 

女性は妊娠出産のタイムリミットがあるので、そんな悠長に待っている場合ではないのです。

 

きっとしっかりした考えを持っているあなたなら、別にステキな人が現れるはずです。

お互いに結婚したいと考えられるような相手と幸せになってくださいね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: