結婚式に行きたくないときの断る理由はどうする?

結婚式に行きたくない理由は様々です。

「経済的に余裕がない」「単に面倒だから」という理由で結婚式に参加するのが億劫だという人もいるでしょう。

「せっかく招待を受けたのだから・・・」という気持ちと「行きたくない・・・」という気持ちが交差し、葛藤した経験がある人もいるのではないでしょうか?

今回は、結婚式に行きたくない理由や、結婚式の招待を断る方法について紹介します。

Sponsored Link

結婚式に行きたくない理由ランキング

ここではどうして結婚式に行きたくないのか、断ってしまう理由をランキング形式でご紹介します!

自身の理由と重ねて考えてみてください。

第3位:同級生に会いたくないから

学生時代にあまりいい思い出がないという人に多い理由です。

新郎新婦のお祝いの席ではありますが、同級生との間に嫌な思い出があるとどうしても参加するのが億劫になってしまいますよね。

無理して参加する必要はありませんが、卒業してから年月が経っているのであれば、意外と普通に話せたりするものです。

「あの時は仲悪かったよね~」「色々あった学生生活だったね」など笑い話で済むこともありますし、結婚式での再会を機に、意気投合して連絡を取るようになったという声もあります。

第2位:面倒だから

意外と多いのが面倒だからという理由ですが、

「わざわざお金をかけて準備したくない」

 

「結婚式場まで距離があるから行くのが面倒」

 

「大して仲の良い友人ではないから参加したくない」

など面倒だと感じる理由は様々です。

確かに結婚式は時間もお金もかかりますし、中には有給休暇を取得しなければならない場合もあるでしょう。

仲の良い友人や家族・親戚の結婚式であれば話は別ですが、付き合いのほとんどない友人の結婚式などは特に面倒に感じる人が多いようです。

第1位:経済的に余裕がないから

結婚式は参加する側も費用がかかります。

例えば御祝儀だけで3万円~5万円程度かかりますし、女性であればドレスを購入したり美容室でヘアメイクをしてもらったり。

たった数時間の結婚式で数万円もの出費がかさむのは、経済的に厳しいという声が多く挙がっています。

断る理由としても相手に伝えにくい理由であるため、何らかの別の理由をつけて断っている人が多いようです。

Sponsored Link

結婚式に行きたくない!断る理由5選

皆さん、結婚式に行きたくない理由は大体同じだと思いますが、ここからは本題の結婚式の断り方についてご紹介していきます。

上手く断る方法をいくつかご紹介していますので、参考にしてみてください。

結婚式を断る理由1.「仕事」

結婚式の招待状は数カ月前には届きます。

仕事を理由にして断る際には

「自分が中心となって進めている仕事があり、結婚式の日にちと納期が近く代理を立てることが出来ない」

 

「大事な取引先との先約がある」

など角の立たない理由を考えておきましょう。

ただ単に「仕事が忙しい」と断ってしまうのはNGです。

数か月前に断っても不自然でない理由を準備しておくことが大切です。

なお、頻繁に連絡を取るような仲ではない場合、「転職したばかりで有給が取得しづらい」「土日祝日に休むことができない」という理由でも問題ないでしょう。

結婚式を断る理由2.「別の結婚式と重なってしまった」

結婚式は大安吉日に行われることが多いため、結婚式が重なることは大いに考えられます。

別の結婚式が入っていると伝えたうえで、断りの言葉やお祝いの言葉を付け加えるようにしましょう。

遠方の友人や親戚の結婚式だと伝えたり、余興を任されているなど予定の変更ができないことを伝えると相手の気持ちを損ねることなく断ることができます。

結婚式を断る理由3.「法事」

法事は数か月前から予定を立てていることが多いため、結婚式を断る理由としておすすめです。

なかなか使いづらい理由ではありますが、法事と言われれば相手も何も言えません。

しかし、結婚式を断る理由としては縁起の悪い理由でもあります。

そのため、法事を理由に断るときには、直接的な理由は延べず、尋ねられたときだけ答えるようにしましょう。

結婚式を断る理由4.「子育て」

子どもがいる場合や妊娠している場合はごく自然に断ることができます。

なお、子どもがいない場合や結婚していない場合は、「兄弟姉妹の子どもの面倒を見なければならない」などを理由にすると良いでしょう。

ただし、家族ぐるみで付き合いがある家庭ではバレてしまう可能性がありますので、子育てを理由に断るときには注意しましょう。

結婚式を断る理由5.「あえて理由を明確にしない」

ここまで結婚式を断る理由を紹介しましたが、「あえて理由を明確にしない」という方法もあります。

「やむを得ない理由で」「どうしても都合がつかず」「残念ながら先約があり」など言葉を濁すことがポイントです。

ただし、あまり馴染みのない友人や知り合いの結婚式を断るときには、きっぱりと断ってもかまいません。

結婚式を断る相手が誰なのかによって理由を考えましょう。

結婚式を断った後のフォローも大切です。

結婚式を断るときのマナー

結婚式を断るときには、「行きたいけれど行けない」という気持ちを伝えることが大切です。

ただ単に「欠席させていただきます。」という文だけでは相手に失礼です。

必ず「大変残念なのですが当日どうしても都合がつかずお伺いができません」などの断りの文を入れ、最後に「おふたりの末長い幸せを心から祈念しております。」といったお祝いの言葉を添えます。

また、欠席の返信を早く送りすぎるのもNGです。

招待状が届いてから1週間程度を目安に送るようにしましょう。

なお、結婚式に参加しないときは、返信のはがきを送るだけでなくお祝いの品を贈るのがマナーです。

金額は1万円~2万円程度が妥当です。

生活に役立つ日用品や食器類などがおすすめです。

Sponsored Link

結婚のお祝いにおすすめの品2選

結婚式に参加しないとき、どんなお祝いの品を贈ったらいいか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、おすすめのお祝いの品を紹介します。

結婚のお祝いにおすすめの品ひとつ目は、特別感溢れる名前入りの今治タオルです。

ふたりの名前の刺繍を入れることができる、世界にひとつだけのバスタオルです。

高級感漂うスタイリッシュなデザインで、タオルの両端にはヘリンボーンが織り上げられています。

吸水性に優れており、触り心地も抜群です。

さらに、化学薬品の使用を最低限に抑え、天然オレンジオイルで優しく洗い上げられています。

肌にも自然にも優しいタオルです。

カラーは深いレッドとブラウンの2色セットとなっており、おしゃれなギフトボックス入りです。

名入れは頭文字1文字(アルファベット)もしくは名前(アルファベット)を入れてもらうことができます。

刺繍位置はバスタオルの右下で、刺繍糸はバスタオルの色に合わせてそれぞれ赤とブラウンの糸を使用しています。

タオルは何枚あっても困りませんので、贈り物として喜ばれるヒ一品です。

 

結婚のお祝いにおすすめの品ふたつ目は、九谷焼の急須とペアの湯呑のセットです。

約360年の歴史を持つ九谷焼は、「伝統が生み出した五彩の美」と言われています。

九谷焼は「赤」「緑」「黄」「紫」「紺青」の五彩を基調としており、色彩が重なり合って生まれる重厚感が特徴の焼き物です。

急須と湯呑には現代の九谷焼を代表する釉裏銀彩(ゆうりぎんさい)と呼ばれる絵柄が施されています。

質感を抑えることにより上品な仕上がりとなっています。

結婚式を断るときの理由はしっかりと!

結婚式を断る理由を紹介しましたが、結婚式を断るときにはしっかりと筋道を立てた理由を考えることが大切です。

「面倒くさいから」「経済的に余裕がないから」といった理由をそのまま伝えることはマナー違反です。

角の立たない理由を考え、断った後のフォローも忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください