30代 付き合って 結婚 期間

neta-life【ネターライフ】

30代の付き合ってから結婚までの期間はどれくらいがいい?

読了までの目安時間:約 9分

147361

 

30代で彼氏が出来ると、20代の時とは違ってやっぱり結婚を意識してしまいますよね。

 

でも、かと言って最初から結婚の二文字をチラつかせると逃げられてしまうかもしれないし…と日々頭を悩ませている30代女子も多いのではないでしょうか。

 

そもそも付き合ってからどのくらいの期間で結婚へとステップアップしていくべきなのでしょう?

 

今回は、そんな悩める30代女子の恋愛から結婚までの期間や心構えを説明していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

30代の恋愛!結婚までの期間は平均でどれくらい?

20代の頃は「結婚するまでは最低でも3年くらいかけて相手を見定めないと…」なんて考えていた人も、30代になると「3年なんて待ってられない!なるべく早く結婚にこぎつけないと!」と考えが変わります。

 

特に女性は出産可能年齢までのタイムリミットなどの問題もあり、30代に入ると付き合ったら早めに結婚へとステップアップさせる人が多いようです。

 

これは、30代の結婚までの交際期間で最多なのが1年未満だということが物語っていますね。

 

逆に長く付き合ってしまうと、結婚への夢が薄れてきたりマンネリ化してしまったりして、ズルズルと年を重ねてしまうケースも少なくないのです。

 

いわゆる「長すぎる春」というやつです。

 

かといってあまりにも交際期間が短いと相手のことを良く知らないうちに結婚することになるので、やはりベストなのは10ヶ月〜1年あたりで結婚を決めるということだと思います。

 

そのため、やはり付き合ってから半年くらい経った頃から少しずつ結婚について匂わせていく必要があります。

 

そこで3ヶ月間くらいかけてお互いよく話し合ったり、相手の家族に紹介してもらったりして結婚への道を一歩一歩確実に歩んでいくのが良いと思います。

 

Sponsored Link

 

焦ったら負け!どういう人と結婚すべき?

 

いくら30代での恋愛で結婚を強く望んでいたとしても、付き合い始めから「結婚」を意識させるのはちょっと重過ぎます。

 

特に男性は結婚したら一生家庭を守らなければならない、また自由がなくなるなどの理由で尻込みしてしまう人も少なくありません。

 

しかも男性は女性のようにタイムリミットは余程でない限りありませんからね。やはり結婚に関しても焦ってしまうのは女性ばかりで男性はノンビリしているといった印象があります。

 

確かに30歳を過ぎての恋愛、1日でも早く結婚したい気持ちはわかります。

 

でも、やはり焦ったら相手も逃げていってしまい「負け」になってしまうのです。

 

ここは辛いところですが、しっかり相手が人生の伴侶としてふさわしい人材なのかを見極めるある程度の期間が必要になるのです。

 

ではどんな人が良いのかと言うと、一昔前までは「3高」が理想だと言われていました。高収入、高学歴、高身長の男性が女性の憧れの的だったのですね。

 

実際そんなスーパーマンみたいな男性、果たしていたのでしょうか?

 

今でいうとディーン・フジオカさんくらいしか思い浮かびませんね(笑)

 

逆に今は「3平」を通り越して「4低」な男性が結婚相手としてはちょうど良いと言います。

 

3平は平凡な経済力、平凡な容姿、平穏な性格の持ち主ですが、それを超える4低は女性に対して低姿勢で割と自分でなんでもできちゃう低依存、リストラされにくい低リスクに節約上手な低燃費な男性のことを言います。

 

これくらいなら、確かに大勢居そうですよね。

 

この4低男性をある程度の基準にしてみるのも良いと思いますよ♪

 

Sponsored Link

 

付き合ってから結婚までのシミュレーション

075395

 

それでは実際に30代女性が付き合ってから結婚に至るまでの道のりをシミュレーションしたみたいと思います。

 

あくまで目安としてなので、タイミングなどは個々で違ってくるとは思いますがぜひ参考にしてみてください。

 

①付き合って3ヶ月まで

お互いに探り探りで付き合いつつも、ラブラブモード全開で楽しい時期です。

 

この時期にどれだけ恋愛ボルテージを上げられるかが、1年以内に結婚できるかどうかの分かれ目になります!

 

まずはお互いの好きなもの嫌いなものなどの基本的な情報を交換しながらふたりのフィーリングが合うかどうか見定めてください。

 

 

②付き合って半年過ぎた頃

付き合って半年過ぎたあたりから、少しずつ「このままずっと一緒にいたい」とか「子供は何人欲しいと思ってるの?」などの結婚という言葉は出さなくとも、それに関連したやりとりを増やしていきます。

 

相手が乗り気であったら、将来について話してくれたり子供の話も盛り上がるでしょう。

 

でも結婚に興味がない場合は、将来について明言を避けたり子供の話に乗り気じゃなかったりと割と露骨に態度に出る男性もいます。

 

この場合は、自分の30代という立場を考えて付き合いをこのまま続けるのか退くのかを決めなければなりません。

 

付き合って半年というのは、この分岐点に当たる時期なんですね。

 

 

③付き合ってから10ヶ月くらい

晴れてお互いの気持ちが「将来もずっと一緒にいる」と固まったら、相手の家族に自分を紹介してもらったり自分の家族に紹介したりと家族ぐるみでの付き合いが始まることが多いです。

 

ここでも、相手の家族という壁にぶちあたる人もいるかもしれません。

 

本当に結婚までの道のりは、分岐点だらけといっても過言ではないのです。

 

 

④付き合って1年

お互いの家族ともうまく関係を築けてきた頃、彼からプロポーズがあって正式に結婚へと駒を進めることができました!

 

結婚が本決まりになったら入籍前に一度同棲をしておくのもアリですね。

 

それまで見えなかった相手の姿が見えるのが共同生活です。

 

個人的に将来を考えない無期限の同棲は反対派ですが、入籍日を決めての期間限定の同棲は賛成派なんです。

 

 

なんとかイメージがつかめましたか?

 

30代の恋愛、焦りすぎてもノンビリ過ぎてもダメでちょっと辛いこともあるかもしれませんが、基本的には相手とよく話し合ってお互いの気持ちを分かり合うということが重要なのです。

 

結婚がゴールではありませんが人生の分岐点の目標として、それに向かってまい進する女性はきっと輝いていると思いますよ♪

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: