タイルの目地の黒ずんだ汚れを落とす方法!

011068

キッチンやお風呂場、トイレなど至る所にあるタイル。

目地の部分が黒ずんではいませんか?

黒ずんできたと思っても放置していたら、知らない間にどんどん目地の黒ずみが増えてしまった…。ということは誰でも経験したことがあるかと思います。

年末のこの季節になると、大掃除をするのでこの機会にその黒ずみをなんとか綺麗にしようとする方も増えてくるのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は黒ずみができてしまう原因から意外と簡単な黒ずみを落とす方法、タイルの汚れを防止する方法などご紹介します!

Sponsored Link

黒ずみができる原因

タイルの黒ずみは大抵の場合がカビだと思われます。

カビが生える原因は「湿度」「温度」「栄養分」です。

梅雨時などに多く発生し、室温が25~30℃位になるお風呂場で多く見られます。

栄養分というのは石けんカスやアカ、髪の毛です。

こういった条件が揃うとカビは繁殖します。

そのため、換気や掃除をすることが有効になってきます。

タイルの目地汚れを落とす方法、清掃方法

ではそんなタイルの黒ずみ=カビを落とす方法はどうしたらいいのか。

そんな時はカビキラーを使用するのが効果的です。

やり方としてはお風呂場、キッチンどちらでもカビキラーを吹きつけそのままにするだけです。

ブラシなどでゴシゴシするのはNGでそのまま放置します。

ただいくら速攻性があると言っても、半日程はかかります。

それでも取れなかったら、カビキラーを汚れに吹きつけたところにラップやトイレットペーパーなどをかぶせて密着させます。

黒カビは空気に触れているうちは取れません。

塩素系洗剤は乾きやすいため、乾きを防ぐ意味でもラップをするといいです。

あとはラップをはずしてしっかりシャワーで洗い流します。

キッチンの場合にはカビキラーと相性が悪い調理具やシンクもあるので、その点には注意が必要です。

換気にも気を付けなければなりません。メガネ、マスク、手袋も着用した方が良いでしょう。

また、お風呂場のカビを防止する方法

・風呂上がりに壁や床に冷水をかける

 

・入浴後、浴槽や壁の水滴を拭き取る

 

・1時間は換気扇を回しておく

などがあります。

浴室を乾燥させ、浴室内の温度を下げることでカビは繁殖しにくくなります。

Sponsored Link

壊れたタイルは補修する?

タイルが壊れているとそこに黒ずみができカビキラーを使っても取れないことがあります。

その時はどうしたらいいのでしょうか?

黒ずみがそこまで酷くない場合には、自分でコーティングしてしまうこともできます。

目地の汚れが酷いなら、目地専用の塗り替えカラーを使って補修塗りしましょう。

タイルは拭き掃除した後にタイルガードを塗って乾いた雑巾で拭き取れば完了です。

タイルガードは微粒子シリコンが表面の隙間を埋めてくれるので、汚れがつかないようにコーティングすることができます。

カビを取り除いた後にエタノールスプレーを吹きかけるのも有効です。

市販のものできるカビ対策になります。

もともとタイルが壊れていたりすると、黒ずみが酷いことがあります。

その場合には市販のコーティングをしても効果はあまりないことが多いです。

そのためタイル専門の業者に相談するのが良いでしょう。

まとめ

カビは気が付いた時には多く発生してしまっていたりするものですよね。

原因や対策をわかっていても、カビがまったく生えないようにはなりません。

カビが生えてしまっても、カビキラーなどを使ってしっかり落とせばキッチンやお風呂場を清潔に保つことができます。

今回はタイルの目地のカビを落とす方法、原因や対策、タイルの補修方法を見てきました。

年末の大掃除などでカビをなんとかしたいと思っている方は、是非参考にしてみて下さい!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください