バスタオルの臭い取り!洗濯しても臭いが落ちない原因は?

329368

バスタオルをしばらく使っていると、だんだん洗濯しても臭いがこびりついて落ちなくなってきますよね。

柔軟剤を使っても二度洗いをしても、どうしてもなんだかカビ臭いというか生乾きっぽいというか…。

でも、毎日洗っているはずなのにどうしてこんなに臭いが落ちなくなってしまうのでしょうか。

そこで今回は、バスタオルを洗ってもなかなか落ちない臭いの原因と、臭いを落とす方法や対策についてご紹介します。

Sponsored Link

バスタオルを洗っても落ちない臭いの原因は?

バスタオル、たった今洗って乾かしたばかりなのに臭う!というときは、バスタオルの細かい繊維の中に目に見えない皮脂汚れや汗の汚れなどが入り込んでしまっている可能性があります。

また、それをある程度の時間放っておくと細菌が繁殖し、臭いの原因となってしまうのです。

細菌はジメッと湿った場所で皮脂汚れなどを餌として増えていきます。

そんな細菌が増えてしまうNG行動をいくつか解説します。

濡れた洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにする

お風呂から上がってからだを拭いて、そのまま濡れたバスタオルを洗濯機の中にポイ!なんてしていませんか?

洗濯機を洗濯かご代わりにしてしまうのは、細菌が繁殖してしまう最たる原因なのです!

濡れた洗濯物を洗濯機のような狭く、じめじめするところに長時間放置するということは細菌を増やしてくださいと言っているようなものです。

できれば使用して濡れたバスタオルなど一度かけておくなどして置いておきましょう。

これはついやりがちですし、ちょっとめんどくさいですが注意しましょう。

洗濯機に洗濯物を詰め過ぎ

他にも水道代節約のために洗濯機に詰め込めるだけ詰め込んで洗濯をするという人も最近では多いのですが、これもNGです!

服やタオルがひしめき合っている状態では、バスタオルに潜む皮脂汚れや汗の汚れを綺麗に落とすことができなくなります。

また、他の衣類に汚れや臭いが移ってしまうことも!

こうなると二次被害となってしまうので、少々面倒で水道代がかかっても我慢して洗濯物は八分目に抑えておきましょう。

お風呂の残り湯を使用している

そしてこれも最近水道代の節約のために良くあるケースなのですが、洗濯にお風呂の残り湯を使って洗うということです。

実はまだ綺麗に見えるお風呂の残り湯は、溶けた皮脂や汗などがたっぷり含まれているので細菌だらけなんです!

いくら洗剤を使うからとはいいつつもやっぱり汚れた洗濯物を汚れたお湯で洗うというのも、ちょっとなんだかなと思ってしまいますよね。

わたしも実は前まで残り湯を使って洗濯していたのですが、テレビでその細菌だらけの状態を見てしまってからは綺麗な水で洗濯するようになりました。

それでもやっぱり節約したいから…という人は、せめて最後のすすぎだけでも綺麗な水を使ってください。

これだけでも大分違いますよ!

 

そして湿っている状態で洗濯物を放置するのは、どんどん細菌が増えてきてしまうので臭いの原因となってしまいます。

洗濯は時間との闘いだということを、頭の片隅に入れておきましょう!

Sponsored Link

臭いを落とす方法や対策

では、なんとか臭いを落として気持ち良く洗濯をする方法はないのでしょうか。

洗濯物を臭わせないための洗濯の手順をご紹介しますので、順番に説明していきますね!

①バスタオルを使ったら洗濯かごに入れない!

もちろん洗濯物を洗濯かご代わりにするのもダメですよ!

使い終わって湿ったバスタオルは、あらかじめ室内にバスタオルを掛けるための物干しを準備しておいて、洗濯する翌朝まで干しておきましょう。

これだけで細菌の繁殖を防ぐことができます。

②洗濯機の中に詰め込み過ぎない

洗濯機の中でしっかりとバスタオルの汚れが落ちるように洗濯物の量は八分目にしておきましょう。

汚れの落ちが全く違いますよ!

③洗剤や柔軟剤は適正量を使用する

洗剤を多く入れたからといって洗濯物がより綺麗になるわけでもありませんし、柔軟剤も同じです。

むしろ多く洗剤を入れることで洗剤の成分が残ってしまい、そこから細菌が繁殖して臭いの元となります。

きちんと計って(もしくはジェルボール)入れましょう。

またなるべくお風呂の残り湯は使わないで、新しい水を使って洗うようにしてください。

残り湯を使うと、また新たな汚れを洗濯物に付着させてしまいます。

④洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯機の中で脱水をしたとはいえ湿った洗濯物を放置するのは、かなり細菌を増やす原因となります。

洗濯が終わったら、すぐに洗濯機から取り出して干し始めるようにしましょう。

特にタイマー機能を使っている人は気をつけてください。

⑤風通しが良くなるように干す

バスタオルはただでさえ乾きにくいですから、なるべく素早く乾かすというところを重点的に考えて、風通しの良いところで重ならないように干していきます。

このとき日光が当たった方が殺菌もしてくれるので良いですよ!

⑥日が落ちる前に取り込む

せっかく日中の太陽の光と風でカラッと乾いたのに、日が沈んでジメッとしてしまっては本末転倒です。

なるべく3時までには取り込むようにして、太陽のぬくもりをバスタオルに残したまま畳みましょう!

 

以上がバスタオルの臭いを極力抑えて、臭わないようにするための洗濯方法です。

洗濯は1日がかりの作業でとても大変ですよね。

でも、バスタオルが臭ってしまっては努力が水の泡になってしまいます。

ここは、しっかりとポイントを抑えてバスタオルの見えない汚れを落としていきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください