ベースボールキャップ・ニューエラの正しい洗い方!

027372

皆さんはベースボールキャップやニューエラの正しい洗い方を知っていますか?

帽子やキャップはお気に入りのものだったらできるだけ長く大事に使いたいですよね。

でも、使っているうちに汚れてきたりシミっぽくなってしまうことがあります。

特に夏の時期だとどうしても汗がついてしまい…

汗の臭いをなんとかしたい!日頃のお手入れで大事に使いたい!という時には、それに合った洗濯方法、お手入れの仕方があるんです。

意外と簡単にできてしまうと、驚くかもしれませんよ。

そこで今回は、ベースボールキャップやニューエラをかぶる人は必見の正しい洗い方、お手入れ方法、便利グッズをご紹介します!

Sponsored Link

ベースボールキャップの正しい洗い方、洗濯方法

洗い方で一番気を付けるべきなのは、型崩れです。

間違って洗濯機などで洗ってしまうと、帽子やキャップにとって大事な型が崩れてしまうのです。

ですので、ベースボールキャップやニューエラは基本的に手洗いをおすすめします。

手洗いと言っても洗い方には丸洗いとヘッドバンドだけを洗う方法の2つがあります。

それぞれの方法をご紹介しますので見ていきましょう。

丸洗いの仕方

①ホコリを取る先に簡単に取れそうなホコリや汚れを、ブラシで軽くこすって取ります。

まずは帽子全体の大きめなホコリや汚れを落としていきます。

マイクロブラシがベストですが、歯ブラシでもできます。

そしてガムテープなどを丸めて帽子やキャップをポンポンとたたき、細かいゴミを取り除きます。

②手洗いする

次に、ぬるま湯につけシャンプーで洗います。

帽子やキャップが白い場合やシャンプーでも汚れが落ちない場合は、酸素系漂白剤や重曹を入れてつけ置きするのがいいです。

その後、再度マイクロブラシで汚れている部分をこすり落としていきます。

③乾燥させる

洗剤をしっかり洗い流し、よくすすぎます。

乾燥させる時には、乾燥機は使いません。

タオルで内、外から挟み込むようにして押さえ、水分を吸収させます。

キャップのサイズに合わせて新聞紙などを丸めて詰め込みます。

この時、帽子にシワが寄らないようにしましょう。

そして、吊るさないで平置きにし、陰干しします。

 

また、丸洗いする場合には、帽子やキャップを取り扱っているクリーニング店を利用する方法もあります。

どうしても汚れが落ちない場合は大体2000円ほどでクリーニングしてもらえるので、そちらも要チェックです!

ヘッドバンドだけ洗う方法

手間をかけずに洗いたい時は、ヘッドバンドだけを洗う方法もあります。

ベースボールキャップやニューエラは素材にウールを使用していることが多いので、ひどい汚れでないときはこちらの方がよいでしょう。

①ぬるま湯に洗剤を溶かし、それを布に染み込ませヘッドバンドの部分をやさしくこするようにします。

②汚れが落ちたら水を絞った新しい布で十分に拭き取ります。

その際、洗剤が残らないように念入りに拭き取るのがポイントです。

Sponsored Link

日ごろのお手入れ方法

ベースーボールキャップやニューエラを長く使いたい場合には、日頃のお手入れが大事です。

帽子やキャップをかぶった日などは、外で陰干しをすると臭いを取り除くことができます。

そして毎日できる基本的なお手入れをご紹介します。

まずガムテープやセロハンテープなど粘着性のあるテープを用意します。

そしてそのテープを手に巻きつけるようにクルッと丸め、そのままホコリや糸くずなどがついているところにポンポンとします。

このようにテープを使用すれば、日頃のお手入れで小さな汚れを取ることができるのです。

キャップが雨などで濡れてしまった場合

帽子やキャップが濡れてしまった時はどうすればよいのでしょうか?

水や雨で濡れた時には、ただ自然乾燥させるのではなく、形を崩さないようにして乾かすことが重要です。

そこで洗濯したときの乾燥と同じように新聞紙やタオルなどを中に詰め、陰干しします。

洗濯バサミなどの使用は、跡がついてしまうので、避けた方がいいですね。

保管方法は、日の当らない風通しの良い場所に保管するのがベストです。

日頃から正しくお手入れすることで、臭いや汚れなどを気にしないでかぶりたいですね。

Sponsored Link

洗濯やお手入れするための便利グッズは?

ベースボールキャップやニューエラを愛用する人のために、日頃のお手入れや洗濯が楽になる便利グッズをいくつかご紹介します!

これだけで大分お手入れが楽になるので是非参考にしてみてください。

キャップウォッシャー

キャップウォッシャーを使うことで、型崩れを気にすることなく洗濯機に入れて洗うことができます。

手洗いする時間がないという人にもおすすめですし、楽に洗いたいという人にも非常に便利です。

洗濯後もこのままセットした状態で干すことができます。

また手洗い後に陰干しする際には、100円ショップのざるを使うこともできるとか。

撥水スプレー

帽子やキャップに防水効果を与えることで、雨や湿気などの水分から守ります。

大雨などの時に改めてサッと吹きかけて使用するといいですよ。

しっかりと撥水してくれる事で濡れることも防止しますし、濡れた事による帽子の縮みを防ぐことができます。

帽子の寿命を延ばす効果がありますのでこちらも一本持っておくといいでしょう。

 

いかがだったでしょうか?

帽子やキャップは欠かすことのできないファッションアイテムですよね。

お気に入りのベースボールキャップ、ニューエラを持っている方も多いと思います。

適切な方法で洗濯、お手入れすることでキレイになり、ますますおしゃれに磨きがかかるはず!

夏でも帽子やキャップをかぶって好きなファッションを身に付けたい方、用意するものもすぐに手に入るので、ぜひ試してみてください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください