洗濯機の柔軟剤入れに洗剤を間違えて入れてしまった時の対処法!

いつもの毎日。寝ぼけ眼で朝起きて、顔を洗って、そして洗濯。

洗濯機に洗剤を投入っと….

あれ?ちょっと待った!!今あたしどこに洗剤入れた?!

洗濯機の柔軟剤の投入口へ洗剤を入れてしまうミス!

朝寝ぼけていると、ついうっかりこんなミスをしてしまう事があると思います。(実際に私も何度もあります笑)

ちょっと焦りますよね。

柔軟剤の投入口の中ってどんな構造になっているかも分かりませんし、入れた洗剤を取り出すこともできませんし。

今回はそんな洗濯機の柔軟剤入れに洗剤を入れてしまったときの対処法について解説します!

Sponsored Link

柔軟剤の投入口に洗剤をいれたらどうなる?壊れない?

まず気になるのが、柔軟剤の投入口に洗剤を入れてしまった場合どうなるのかですよね。

壊れたりしないよね…なんて心配になると思います。

安心してください!とりあえず洗濯機が壊れる等の問題はありません。

ですので、間違えて入れてしまった場合は落ち着いて対処していけば大丈夫です。

説明書などに「絶対に洗剤は入れないでください」とか記載されていたり、中には壊れるなんていう人もいて少々脅されますが(笑)

液体洗剤を入れて壊れるんだったら柔軟剤もアウトだと思いますので、そこまで心配する必要はないと思います。

ただ最近は少なくなりましたが、粉洗剤を入れてしまった場合はそのままにしてしまうと中で洗剤が固まってしまい取れなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

柔軟剤の投入口に洗剤を入れてしまった最大の問題点としては、やはりそのまま洗ってしまうと洗濯物に悪影響を及ぼすことです。

基本的に洗濯機の柔軟剤の自動投入ってすすぎ時に投入されるものなので、そのまま洗濯してしまうとせっかく洗いが終了した洗濯物に再度洗剤をかけることに…

そうなると洗剤が落ちることなく洗濯が終了してしますので、洗濯の意味がなくなります。

それに洗剤が残った洋服やタオルなどを使用してしまうと肌に悪いので、肌荒れなども引き起こす可能性もあります。

ですので、しっかりと柔軟剤入れに入っている洗剤を落としてから洗濯を始めましょう。

次の項で対処法をご紹介します。

Sponsored Link

柔軟剤入れに洗剤を入れてしまったときの対処法

それでは柔軟剤入れに液体洗剤を入れてしまったときの対処法を解説します。

非常に簡単ですので、正しく対処していきましょう。

①洗濯槽に入っている洗濯物を取り出します。

 

②先ほども説明した通り柔軟剤はすすぎ時に投入されますので、洗いの工程を飛ばしてすすぎ、脱水の工程を行います。

 

③②を行う事ですすぎの水と一緒に柔軟剤入れに入っていた洗剤が自動排出されます。

これで柔軟剤投入口の中に入っていた洗剤は取り除かれます。

ただし、これ一回だけだと柔軟剤入れの中にまだ多少の洗剤が残っている場合があります。

上の工程が終わったら、柔軟剤投入口にぬるま湯、もしくは水を入れて再度すすぎを行います。

これを2、3度行えば、柔軟剤入れの中に残った洗剤もしっかりと落とせます。

柔軟剤入れに洗剤を入れたまま洗濯をしてしまった場合

この場合には洗濯物に洗剤が残ったままになっていますので、もう一度洗濯機に入れ洗い直しましょう。

ただし柔軟剤入れに洗剤が残っている可能性もあるので、再度洗濯する前に先ほど解説した「投入口にぬるま湯や水を入れる柔軟剤入れの洗浄」を行ってからがいいですね。

また、洗い直しする際は他に洗剤や柔軟剤は入れずに、水での素洗いがいいと思います。

洗濯物自体に洗剤も付いてしまっているので、あえて洗剤や柔軟剤を入れる必要はないですからね。

柔軟剤入れに粉洗剤を入れてしまった場合

この場合も基本的に柔軟剤入れにぬるま湯などを入れて洗剤を落としていきます。

ただし、水や温度の低いぬるま湯だと落ちない場合があるので、多少熱めのお湯を入れてあげるといいでしょう。

熱めのお湯といっても熱湯などを入れると洗濯機が壊れる可能性があるので高くても40度前後のお湯を入れてすすいであげるといいですね。

この熱めのお湯で洗浄するという方法で、普段から定期的に柔軟剤入れの中を洗浄してあげると柔軟剤が固まって中に残っているという状況も改善できます。

普段のメンテナンスにも効果的ですね。

Sponsored Link

柔軟剤入り洗剤と一緒だから大丈夫じゃない?

このように柔軟剤入りの洗剤と考え方は一緒だから問題ないんじゃないかとお考えの方もいますが、これは違います。

柔軟剤入り洗剤と柔軟剤は違います。

柔軟剤入り洗剤はあくまでも「洗剤」です。

ですので先ほどから何度も説明していますが、柔軟剤投入口に洗剤が入っている時点でアウトということです。

ちなみに柔軟剤入りの洗剤の投入するところは「洗剤」なので、液体洗剤の投入口に入れましょう。

結構間違えて柔軟剤入れの方に入れている人も多いらしいので要注意です!

柔軟剤入り洗剤の豆知識

よく柔軟剤と洗剤を一緒に入れると意味がなくなるという意見を聞いたことがあると思います。

じゃあ柔軟剤入りの洗剤ってどういうこと?柔軟剤入り洗剤って意味ないの?と気になりますよね。

私自身も気になりました。

実は柔軟剤入り洗剤とはただ洗剤と柔軟剤を混ぜたものではないのです。

通常の洗剤とは成分が違い、科学の力でちゃんと二つの効果を持ち合わす洗剤になっているようです。

まぁ私達一般人にはちょっと小難しい説明になりそうなので科学の話は省きますが、洗い時には洗剤としての性質を持ち、すすぎ時には柔軟剤の性質を持つ不思議な洗剤になっています。

特に通常の洗剤と柔軟剤を使用しているものとも遜色はありませんので、ニオイなどにこだわりがなければ柔軟剤入り洗剤の使用も考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに他柔軟剤との併用も可能ですよ!

まとめ

洗濯機の柔軟剤入れに洗剤を入れてしまうと一瞬焦りますが、このように対処すれば基本的には問題ありません。

むしろ、世の中には柔軟剤入れに洗剤を入れて間違った洗濯をしているという人が1/4もいるというほどです。(あくまでも噂です)

ですので、一回や二回ミスを犯しても全然大丈夫です。

でも面倒なのは間違いありませんので、極力ミスを犯さないように注意していきましょうね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください