洗濯物で色移りした際の落とし方!防ぐ方法も伝授!

211616

毎日の洗濯ってやらなきゃいけないとわかっていても面倒ですよね。

我が家は夫婦2人暮らしなので洗濯物自体は少ないのですが、夫がとにかく無頓着でワイシャツもデニムも色柄物も、とにかくなんでも洗濯機にポイ!

洗濯する前に私が気づくのでだいたいは未然に防げるのですが、うっかり何回か洗濯物に色移りしてしまったことがあります…(涙)

そのたびに夫にはカミナリが落ちるのですが(笑)、家族の多い主婦の方や一人暮らし初心者の人にとって、洗濯物の色移りは本当にカンベンして欲しいもの。

とくに色移りした服が高かったり、お気に入りだったりすると目も当てられなくなりますよね。

そこで今回はとにかく洗濯物の色移りを防ぎたい!という方のために、未然に色移りを防ぐ方法や万が一色移りしてしまった場合の対策方法などをご紹介していきたいと思います。

うっかりミスや無頓着な家族から(しつこいようですが夫のことです!)大切な衣類を守るため、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

まずは素朴なギモンから。色移りの原因って何!?

それではまず、なぜ洗濯物の色移りが起こるのかを調べてみましょう。

洗濯物の色移りの原因は様々ですが、よく起こりがちなパターンをいくつかご紹介していきたいと思います。

①洗濯中に色移りしてしまうパターン

これは洗濯中、特定の洗濯物から色が出ることによって水が染まり、その染まった水が原因で他の洗濯物に色がついてしまうパターンです。

特徴としては衣類全体がキレイに染まっている場合が多いんだとか。

洗濯物の量が多い、または逆に少ないからといって白物の衣類と色柄物の衣類を一緒に洗ってしまいがちな方は要注意!です。

②脱水時、衣類が重なった部分に色移りするパターン

これは脱水の時の遠心力で衣類同士の重なった部分にのみ色移りしてしまうパターンです。

特徴としてはマダラ模様に色移りしていることが多いそう。

この場合も白物と色柄物の衣類を一緒に洗ってしまう方は注意が必要と言えるでしょう。

③洗濯終了後、洗濯物をすぐに取り出さないことによって色移りしてしまうパターン

洗濯機が終了したあと、すぐに取り出さずそのまま放置することによって色移りしてしまうパターンです。

洗濯機のタイマーをよく利用する、一人暮らしの方に多い失敗だと言えそうです。

④乾燥させている間に、ジワジワと色移りしてしまうパターン

このパターンは生地が厚めで乾きが遅い衣類によく発生します。

例えばトレーナーやブルゾンなどで、薄い色と濃い色の両方を使っている衣類に多く発生するようです。

また刺しゅう糸やワッペン、革ひもやビーズなどの付属品がついている衣類も、付属品から出た色が移りしやすいと言えるでしょう。

 

厄介なのはこれらのパターンは単体ではなく、複合的に起こる場合が多いということです。

最悪クリーニング屋さんなどの専門の業者さんに依頼しないと、どうすることもできない状態になってしまうことも。

ちょっとした油断で洗濯物がすべて全滅した!なんてこともありますので、そう考えるとたかが色移り、されど色移りと言えそうです。

Sponsored Link

色移りから衣服を守れ!タイプ別予防方法とは!?

では、どうすれば洗濯物を色移りから守れるのでしょうか。

先ほどご紹介したパターンを踏まえた上で、タイプ別に予防方法を調べてみました。

①洗濯中に色移りしてしまうパターンの予防法

最大の予防方法は洗濯前にキチンと仕分けをすることでしょう。

面倒でもせめて白物の衣類と色柄物の衣類を分ける、はじめて洗濯する衣類は別に手洗いする、など工夫したほうがよさそうです。

余裕のある方は洗濯前に色落ちテストをするのも効果的でしょう。

色落ちテストのカンタンな方法は、

まず白いタオルに洗浄液をつけ、色落ちしそうな衣類の目立たない場所を軽くトントン叩きます。

タオルに色がついたらその衣類は家庭の洗濯では色落ちすると考えてください。

そしてこれは参考までですが、色の出やすい衣類というものもあります。

特に濃い色の衣類や綿素材の衣類は色移りしやすいそうです。

色の濃い衣類では特に赤や青が色落ちしやすく、素材が綿であればまず他の洗濯物に色移りすると思ったほうがよさそうです。

②脱水時、衣類が重なった部分に色移りするパターンの予防法

この場合も①と同じく洗濯物を仕分けておくことが重要となってきます。

また、洗濯ネットを使うのも効果的です。

目の細かい洗濯ネットに色移りの原因になりそうな衣類を入れてから洗濯すると、落ちた染料がネットにくっついて他の洗濯物への色移りを防ぐそうです。

また、衣類の型くずれ防止になりますので一石二鳥と言えるでしょう。

③洗濯終了後、取り出さないことによって色移りしてしまうパターンの予防法

とにかく洗濯が終了したあと、長時間そのままの状態で放置しないことが一番の予防方法と言えるでしょう。

面倒でも洗濯が終わったらすぐに取り出して干しましょう。

また乾燥機などを使ってできるだけ早く乾燥させることも大切です。

上記以外の理由でも、長時間洗濯機の中に放置しておくと洗濯物がシワになりやすくなったり、夏場にはイヤなニオイの原因となったりもしますのでご注意ください。

④乾燥させている間にジワジワと色移りしてしまうパターンの予防法

この場合はいつもより脱水時間を長くする、干し方に注意する、乾燥機を使うなどの方法である程度色移りを防げるそうです。

 

そして、これら全てにおいて共通することは予防が一番の対策方法と言えることです。

面倒くさいからと適当に洗濯していると、最終的に困るのは自分自身ですよ!

Sponsored Link

気をつけてたのに色移りしちゃった!その場合の対策とは!?

085754

できるだけ気をつけてたのに色移りしちゃった!

こんな場合はどうすれば良いのでしょうか?

白物の洗濯物に色移りした場合、もっともカンタンな対策方法はそのまま放置しないですぐにもう一度洗い直すことです。

色移りした衣類は乾いてしまうと取れにくくなってしまいます。乾く前に対処することをオススメします。

この時、洗濯時の水温を少し上げて酸素系漂白剤と洗剤を多めに入れてから洗い直してください。

また、色が出た原因の衣類は必ず別に洗濯してくださいね。

 

あとこの方法は白物衣類のみですが、漂白処理を行うのも有効な手段となります。

タライやバケツなどに塩素系漂白剤、もしくは還元漂白剤を説明書の指示にしたがって適量入れます。

よく混ぜてから色移りした衣類を入れて30分ほど放置し、移った色が取れているようなら水でよくすすぎましょう。

気になる人はもう一度洗い直してもよいでしょう。

この時、水温をあげれば効果も上がりますが、同時に衣類を傷める原因にもなります。

そして漂白剤によっては使用できる素材と向いていない素材がありますので、使用前にはパッケージに明記されている説明書をしっかり読んでからためしてくださいね。

 

色柄物の衣類の場合ですが、基本的に漂白剤の使用はNG!です。

衣類本来の色まで取れてしまう可能性がありますので、うかつに手を出さないほうがよいでしょう。

色柄物の色移りの場合はとにかく衣類が乾かない内にもう一度洗い直すことがポイントになってきます。

そして、白物と色柄物に共通する対策方法ですが、大切な衣類やなんとしてでも移った色を取り除きたい時は、無理せず色移りの処理技術があるクリーニング屋さんにお願いしましょう。

大切だからといって、自分で何とかしようとしてかえって状態が悪くなってしまっては、元も子もありません。

一度試してみて、ダメだった時は素直にプロに頼んだほうが賢明と言えるでしょう。

まとめ

せっかく気に入って買った大切なシャツやブラウスが、ちょっとした不注意で着れなくなってしまうとガッカリしてしまいますよね。

毎日なんとなく洗濯している方も多いと思いますが、少しだけ意識することで、お気に入りの服を何度でも楽しめるようになります。

最初は面倒でも慣れればどうってことはありません。

洗濯物を色移りから守るために、今日から気をつけてみてください。

そして、ご家族にクギを刺しておくのもお忘れなく(笑)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください