お宮参りのマナー

neta-life【ネターライフ】

お宮参りのマナー!【時期・時間・服装・持ち物】

読了までの目安時間:約 11分

 

赤ちゃんが産まれてから最初にやってくる大きなイベントというと、お宮参りですよね?

 

1ヶ月検診が無事に終わってホッと一息するのもつかの間、今度はお宮参りの段取りなどを考えていかなくてはなりません。

 

でもお宮参りって時期や時間、適した服装や持ち物などわからないことだらけなんですよね!

 

お母さんもまだ産後間もない状態で、体が本調子でないことがほとんどです。

 

そこで今回はお宮参りのマナーとして適した時期や時間、そして服装や持ち物などを詳しくご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

お宮参りとはどんな行事なの?

 

お宮参りは「無事に赤ちゃんが生まれて健やかに成長しています」と地元の神様に報告と挨拶をする日本の伝統行事です。

 

赤ちゃんが生まれて育つ土地を守る神様に挨拶をすることで、これから成長していく赤ちゃんを守ってもらうことが目的なのですね。

 

現代では家族でお宮参りをするケースが多くなっていますが、実は正式なお宮参りの参加者の中に母親は含まれていません。

 

これは産後で穢れていると言い伝えのある母は赤ちゃんのお祝い事に参加できず、代わりに赤ちゃんの祖父母がおこなうことになっていたのです。

 

しかも祖父母とは言っても母方が金銭的な部分を準備して、父方がお宮参りに参加するというのが正式なものなのですね。

 

そして赤ちゃんは父方の祖母が抱っこをして祈祷してもらうのが習わしなので、伝統にこだわる家庭では現代でも昔のようにお宮参りをするところもあります。

 

Sponsored Link

 

お宮参りをおこなう時期とは?

 

お宮参りという行事は知っていても、具体的にどのくらいの時期におこなったらいいのかわからない人は多いですよね?

 

お宮参りは赤ちゃんにとっては生まれて初めてのイベントでもあり正式には男の子は生後31日、女の子は生後32日にお参りをします。

 

しかし現代では赤ちゃんやお母さんの体調、そして季節などを考えて予定の時期よりも遅らせることが多いです。

 

例えば赤ちゃんが生まれたのが寒い時期の場合、インフルエンザなどの感染症も流行っているので春になるまで待つこともあります。

 

またお宮参りはいつまでにおこなわなくてはならないという縛りはなく、基本的に生後100日のお食い初めのお祝いまでに終わらせておけば問題はないとされています。

 

あまりに生後100日のお祝いと近くなってしまうと、イベントごとばかりで赤ちゃんが疲れてしまう可能性もありますからね。

 

目安としては1〜2月生まれは3月くらいに延期しても、特に問題はないのではないでしょうか?

 

一番多いのは生後2ヶ月くらいの時期で、お母さんも赤ちゃんも体調が落ち着いている時になります。

 

お宮参りはどの時間に行けばいいの?

 

お宮参りの予定が決まって、一番に迷うのがどの時間に行けばいいのかということです。

 

やはりこの時に考えるべきなのは、大人の都合ではなく赤ちゃんのことですよね?

 

主役である赤ちゃんが気持ちよくお宮参りを迎えられるように、赤ちゃんの負担にならない時間帯にお参りをするのが良いでしょう。

 

中でも午前中からお宮参りに出かけて、その後はランチも兼ねて食事会をするという家族が多いですね。

 

祖父母も参加するときは、遠方に住んでいる場合は前日に家に泊まってもらうなど配慮しておきたいところです。

 

その方が朝にバタバタせずに済んで、準備などを祖父母に手伝ってもらえます。

 

お宮参り前に待ち合わせするなどの手間も省けますので、もし遠方の祖父母が参加する時には気を遣ってあげてくださいね。

 

お宮参りに相応しい服装とは?

 

お宮参りは赤ちゃんの成長を感謝して神様に挨拶をしに行く伝統行事なので、もちろん普段着はふさわしくありません。

 

かといってあまりにかしこまった格好をしていても、産後のお母さんは赤ちゃんのお世話もありますしあまり現実的ではないですよね?

 

そこでお宮参りに相応しい服装を、子どもから両親、祖父母まで順番にご紹介します。

 

①赤ちゃんの場合

 

赤ちゃんの場合男の子は熨斗目模様、女の子は友禅模様の着物を羽織らせる風習があります。

 

なぜお宮参りに着物を羽織らせていたのかというと、その着物を仕立て直して七五三で着られるようにするためだったのです。

 

しかし現代では赤ちゃんの負担や経済面を考えて、ベビードレスにケープといったおめかしをしてお宮参りをするケースが増えてきています。

 

冬は厚手のケープやポンチョを羽織らせて赤ちゃんが寒くないようにして、夏は赤ちゃんが暑くなってしまうので着物は羽織らせずによりカジュアルなおしゃれ着をする場合が多いですね。

 

②お母さんの場合

 

赤ちゃんが主役といえど、やはり伝統ある行事なのできちんとした装いで参加したいお宮参り。

 

お母さんの服装は気合を入れて訪問着で!と考えている人も多いのですが…。

 

実際のところ授乳がしづらかったり赤ちゃんのお世話がしにくいので、ワンピースといった洋装のおしゃれな服装が多くなっています。

 

ワンピースは授乳中に対応しているお腹や胸周りがゆったりしているタイプであれば、産後でも辛くありませんよね。

 

フォーマルな場なので、ワンピースの色はダークカラーにして赤ちゃんを引き立てることも大切ですね。

 

パンプスもヒールのないバレエシューズタイプを履いて、万が一にも転ぶといったことがないようにしましょう。

 

③お父さんの場合

 

お父さんの場合にはスーツ姿が定番なので、そこまで深く考える必要はないですね。

 

ただネクタイに関しては派手なものは避けて、なるべく明るい色を選ぶようにしてください。

 

ネクタイを緩めたりボタンを外すなど着崩すことのないように、会社の面接に行くような心持ちできちんとした服装を心がけましょう。

 

フォーマルな場ですから、ヒゲはきちんと処理していってくださいね!

 

④祖父母の場合

 

祖父も場合はお父さんと同じく、スーツを着ていればまず間違いありません。

 

祖母の場合は気合を入れて訪問着を着る人も多いのですが、父方の祖母は赤ちゃんを抱っこする機会も増えるもの。

 

そのため着物での振る舞いに慣れていないと、歩きにくい上に赤ちゃんを抱っこするという大変なことになります。

 

着物での立ち振る舞いに不安がある場合は、無理をしないで祖母もワンピースやアンサンブルなどで歩きやすさ重視にした方が良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

お宮参りで必要な持ち物とは?

 

お宮参りに必要な持ち物は、赤ちゃんにご祈祷してもらうための初穂料です。

 

初穂料は神社によって金額が違いますが、決められている場合はその神社に従ってください。

 

自分で決める場合には、5,000円を包んでおけば間違いはないでしょう。

 

初穂料を納める時にはそのままお財布から出すのはNGで、きちんと熨斗袋に入れる必要があります。

 

熨斗袋は水引き、紅白蝶結びを選んで上段に「初穂料」と書きます。

 

また水引きの下に赤ちゃんの名前をフルネームで書きます。

 

その他にはオムツやおしりふきなど、赤ちゃんの普段のお世話グッズを忘れないようにしてくださいね。

 

まとめ

お宮参りのマナーとして適した時期や時間、そして服装や持ち物などを詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

お宮参りに適した時期は男の子なら生後31日、女の子は32日ですが基本的に赤ちゃんの体調を考慮して決定します。

 

生後100日のお食い初めのお祝いまでに済ませるのが一般的なので、気温などを考えながら時期を決めていきましょう。

 

またお宮参りに相応しい服装として赤ちゃんは着物を羽織っても良いですし、ベビードレスを着ても差し支えありません。

 

お母さんは授乳や赤ちゃんのお世話のことを考えて、ワンピースを着るのが無難です。

 

お父さんや祖父はスーツ、祖母は着物でも良いですが赤ちゃんを抱いて歩くことを考えたら、慣れなければワンピースやアンサンブルの落ち着いた服装がおすすめです。

 

赤ちゃんが主役のお宮参り、無理をせず家族みんなで思い出に残るような楽しい時間にしていきたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: