お盆玉の相場はいくら?いつからできたのか?発祥地域は?

034770

お盆玉とは簡単に言うと「お盆にあげるお年玉のようなもの」です。

一部の地域の風習だったのが、最近じわじわと日本中に広がりつつあるようです。

孫に口実をつけてプレゼントを送りたい、お小遣いを上げたいという方は活用してみてはいかがでしょうか。

今回はそんなお盆玉の実態、相場や発祥の地などを詳しくご紹介したいと思います。

Sponsored Link

そもそもお盆玉って何?

最近では長い休みがとれるのはお盆くらいだからと海外や国内などに旅行に出かける人も多いでしょう。

しかし、わざわざ孫を連れて祖父母を訪ねてくれたとなると孫にお小遣いやプレゼントを上げたい気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

そんなときにあげたいお盆玉

でも実際、お盆黙って昔はそんな言葉なかったと思います。

でも実はお盆玉は、山形県の一部地域で江戸時代から行われていた風習なようで、夏に里帰りする奉公人に衣類や下駄などを上げていたのが、昭和頃から子供にお金を風習に変化していったそうです。

Sponsored Link

企業の戦略?

お盆玉を流行らせようとしているのは企業側の戦略だと言われています。

実際お盆玉という単語がTwitterなどでトレンド入りし始めたのはここ2,3年のことなのでごく最近作られた流行のように感じます。

恵方巻きなど一部地域の風習を日本全体で流行らせようとするのは最近の企業戦略の1つなので、お盆玉もそのうちのひとつなのでしょう。

しかし、もとからお盆で親族が集まったときに贈り物をしたり、子供たちや孫たちにお小遣いをあげるという習慣は全国で昔からあったので、お盆玉の場合はいつもの習慣に名前がついただけという感じでしょうか。

企業戦略ときくとちょっと身構えてしまいますが、いつもやっていることなのですんなりと受け入れてしまえそうです。

お盆玉の相場は?

 

106665

 

お盆玉の相場はお年玉と同じくらいの金額を上げる場合が多いようです。

子供たちの年齢や親族全体での子供の数によって金額が上下するので一概に言うのは難しいですが、一般的な相場を見て行きましょう。

小学生だと2,000〜5,000円くらい、中学生以上だと5,000〜10,000円くらいを渡すのが相場なようです。

お年玉と同じくぽち袋に入れて渡してあげると子供たちも喜ぶと思います。

郵便局などを始めとして、既に「お盆玉袋」が発売されているようなので着々と定着してきているようですね。

ちょうどお盆の頃は年金の支給日なので渡せなくて困るということは少ないと思いますが、お年玉と合わせて考えると結構大きな出費になるので、渡す側は今一度金額を考えてみる必要がありそうです。

小学生くらいだと、もらったお年玉の金額で競争し合ったりすることもあるので、子供たちの間でどれくらいお盆玉が浸透しているのかちょっと話を聞いてみるとあげる金額の参考になるかもしれません。

実際はそんな『お盆玉です!!』って感じでそんな改める必要もないと思いますし、いつものお小遣いをあげる気持ちでいきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください