お腹を空かせる方法!短時間で早く空腹になるには?

お腹の空き方には個人差があって、ほんの数時間前に食べたばかりなのにすぐお腹が空く人となかなかお腹が空かない人がいますよね。

そういった場合は「燃費が良い・悪い」と表現します。

しかし付き合いなどで昼食をみんなでとらなければならない時など、1人だけ「お腹が空いていないから…」と断るわけにもいきません。

短時間で早く空腹になれば、安心してお誘いも受けることができますよね!

そこで今回はお腹を空かせる方法が知りたい人に向けて、短時間で早く空腹になるにはどうすれば良いのかをご紹介していきます。

Sponsored Link

どうしてなかなかお腹が空かないの?

中には付き合い以外にも通常の生活の中でなかなかお腹が空かないという人も多くいます。

お腹が空かなくて食欲が正常にわかない状態を食欲不振といいますが、どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

多い原因としては不規則な生活で食事のリズムが乱れていたり便秘気味で消化能力が落ちている、そして胃の働きが落ちていることが挙げられます。

通常食べ物は胃に入ってから4〜6時間で消化してくるので、朝昼晩と規則正しく食事を取ればお腹が空いてくるはずなのです。

しかし上記の原因で胃の働きが下がっていたら、なかなかお腹が空かないようになってしまうんですね。

食事は私たちの健康を支える上でとても大切な役割を果たすので、きちんと取れないと風邪を引きやすくなったりいろんな影響が出ます。

なかなかお腹が空かないという人は、何か原因があるかどうかを考えてみましょう。

Sponsored Link

お腹を空かせる4つの方法

お腹を空かせるには、胃腸の働きを活発にしていくのが大前提になります。

何時間か前に何かを食べたとしても、それを次の食事までに消化しておく力をつけなければならないのですね。

そこでお腹を空かせる方法を4つ、順番に見ていきましょう。

消化を促す胃薬を飲む

お腹を空かせるために胃の中に残っているものをなるべく早く消化させたいので、消化を促す成分の入った胃薬を飲むのが効果的です。

漢方が主成分で体に優しいものもあるので、常備薬として持ち歩いておくと出先でも安心ですね。

飲むと胃がスーッとしてきて、食欲がわいてくるものもあります。

普段からなかなかお腹が空かなくて美味しく食べられないという人は、適度に胃薬を頼りましょう。

消化の良い食べ物を食べておく

食べ物の中には早めに消化されるものと、なかなか消化されないものの2種類があります。

そのため消化されにくいものを食べてしまうと、なかなかお腹が空かないと感じてしまうんですね。

消化の良い食べ物といえば大根で、消化酵素が含まれているので胃もたれに効果が期待できます。カブもお腹の中から温めてくれるので、胃腸の働きを活発にしてくれます。

消化の良い食べ物を少しずつ食べることで、胃腸に負担がかかりにくく空腹状態に持っていくことができるのです。

とにかく体を動かす

お腹がなかなか空かないのは、実は運動不足で胃腸が活動していないからということも考えられます。

たくさん体を動かした後は、普段よりもご飯が美味しく感じますよね?

これは体を動かすことで胃腸に流れる血液量が増えて活動が活発化し、消化能力が高まっているためなのです。

なかなかお腹が空かない場合は、とにかく体を動かして胃を空っぽにするのが良いでしょう。

睡眠をしっかり取っておく

睡眠不足だと自律神経のバランスが崩れて、交感神経が働かなければならない昼間に副交感神経が優位になってしまうなど影響が出ます。

副交感神経は本来寝る前に切り替わるものなので、胃腸の活動を抑える働きがあるのです。

昼間に交感神経優位にして、胃腸の活動を活発にしていくためには毎日の睡眠時間を確保するのが大切になります。

睡眠が十分足りていると調子も良くなり、空腹感も得られやすくなるのですね。

また、睡眠はストレス解消にも効果的でストレスは胃腸の働きを司る自律神経と密接な関わりがあるので、十分な心身の休養を取りながら生活をしていきましょう。

Sponsored Link

短時間で早く空腹になるにはどうすればいい?

短時間で早く空腹になれば、急な食事のお誘いにも対応できますよね。

でも、そんなすぐにお腹を空かせることはできるのでしょうか?

まずお誘いなどでお腹が減ってないけど急にお腹を空かせなくてはいけない場合ですが、そんな時はとにかく自分の好きな食べ物を連想するという事です。

実際に臭いを嗅いだり、食べ物を視覚で見るというのも良いでしょう。

そんな時はデパートの中のレストラン街を見てみるとか、食品売り場等に行くと効果的に効果的に食欲を誘ってくれます。

ポイントはとにかく、自分が大好きなものを見る、嗅ぐという事が大切です。

また、どうしてもお腹が減らなかった、ご飯を食べられないという場合は、甘いものを食べる事で間食感や別腹感で大してお腹が減っていなくても食べる事ができます。

もしくはサラダなどの軽いものを頂くのも良いでしょう。

またお腹を早く減らすためには日頃から胃腸の調子を整えておくことも大切で、特に女性に多い便秘気味だと腸の部分で消化の流れがつっかえてしまって胃もたれを起こしやすくなります。

普段から便秘気味の人は無理をしないようにしましょう!

お腹を空かせるのに効果的な市販薬3つ

お腹を空かせて気持ちよく食事がとれるようになるために、胃腸薬を飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

胃腸薬は市販のものでも効果的な薬が多く、ここぞというときに役に立ちますよね。

いつもバッグの中に忍ばせておけば、なんだか空腹感が出ないというときにもサッと飲むことができます。

ではお腹を空かせるのに効果的な市販薬を3種類、ご紹介していきます。

太田胃散

胃腸薬といえば、まずはこの太田胃散が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

それくらいメジャーで昔からあるので、信頼できる薬です。

太田胃散は漢方が主成分で、飲むと胃がスーッとする清涼剤メントールが配合されています。

粉薬が主なラインナップですが、飲みにくい人のために錠剤タイプもあります。

錠剤の場合は粉薬に比べてより消化しにくい油分の消化を促進してくれるので、胃もたれに効果的です。

家に置いておく常備薬は缶タイプ、外出時は飲みやすい錠剤か分包タイプがオススメです。

キャベジンコーワ

キャベジンコーワは錠剤タイプの胃腸薬で、ビンのフタを開けると独特の香りがあります。

少し大きめの錠剤なので飲むのが辛いと感じる人もいるかもしれませんが、効果は早めに現れて胃の重たさが楽になってきます。

キャベジンは主に食べ過ぎたときに消化を早くしたいとき、そして油っぽいものを食べたときに飲むと良い効果を発揮します。

錠剤なので、外出中も飲みやすいところが嬉しいポイントですね。

第一三共胃腸薬

第一三共胃腸薬は錠剤が小粒で飲みやすく、素早く胃がスーッとしてくるのが特徴です。

漢方が主成分なので独特の香りはありますが、一気にお水で飲み干してしまえばそこまで気にはなりません。

1回に3錠飲まなければなりませんが、太田胃散の錠剤よりも少し小さめなので苦にはならないでしょう。

漢方と消化酵素のダブルの働きで、気持ち良く空腹感を得られるように胃腸の働きを正常化してくれます。

まとめ

お腹を空かせる方法の基本は、胃腸の働きを正常化して高めることです。

便秘や疲れなどで胃腸の働きが弱っていると、どうしても食事を取ってもなかなか消化されずにお腹が空かなくなってしまうのですね。

体の調子を整えつつ腸が動くように運動をして、疲れを溜めないようにしっかり休むことが大切です。

また辛いときや急な食事のお誘いの際には、市販の胃腸薬を活用するのも手です。

重たい食事の後や食前に飲めるタイプなどもありますので、自分に合った薬を持っておきましょう。

これで毎回お腹が空いたところで、気持ち良く食事が楽しめると良いですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください