お賽銭で5円がない時はいくらがいい?金額の意味もあわせてご紹介!

あっという間に、もう今年も年末近くなってきましたね。

来年のお正月には神社でお参りをしようと考えている人もいるでしょう。

ところで、神社でお参りをする時ってみなさんいくらお賽銭を出しますか?

「5円」という人が多いかもしれませんね。

お財布もまったく痛くない金額だし、何より縁起がいい!

でも、お賽銭を出そうと思った時に限って5円玉がない時ってあるんですよね。

そんな時はいくら出せばいいのでしょうか?

5円の他にも縁起の良い金額はあるの?

そんなお賽銭に関する様々な疑問にお答えします!

Sponsored Link

なぜお賽銭には「5円」が一番多いのか?

一番の理由は縁起がいいから」というのが理由です。

みなさんもご存知の通り、「5円」と「ご縁」をかけて「良いご縁がありますように」という意味があります。

この言葉にかける考え方は、昔から日本人は大好きですよね。

結婚式などの祝い事には「おめでたい」にかけて「鯛」を食べたり、受験の前は「受験に勝つように」とトンカツを食べてたりとか、いってみれば「だじゃれ」のようなものなんですが、日本人の多くが結構気にしています。

その他の理由は「安い金額だから」というのもありますね。

100円はちょっともったいない・・でも1円はケチくさいし・・5円でいっか、縁起も良いし、という訳です。

あまりお金を出したくなくて5円にしたとしても、周りの人には「ご縁を大事にしたいから5円玉にしたんだ!」と言えば、お金をケチった事を気づかれずに済むという理由もきっとあるでしょう。

Sponsored Link

5円以外に縁起の良い金額は?

実は5円以外にも縁起の良い金額ってたくさんあるんですよ。

上にも書いたように金額と似ている言葉や枚数で縁起がよければその金額も縁起が良い、という考えの元にいろんな金額があります。

まとめると下のようになります。

・1円=縁がありますように

 

・5円=ご縁がありますように

 

・50円=五重のご縁がありますように

 

・100円=百のご縁がありますように

また、1,000円札も縁起がいいとされていて、1,000円の場合は他の硬化と合わせるとさらに縁起が良くなります。

1,129円で「いい福」2,951円で「福こい」3,181円で「幸い」4,129「よい福」などがあります。

もちろん10,000円以上も高額ですが縁起の良い金額にする事ができます。

一番のおすすめは11,104円で「いい年」です。

縁起が良くない額は?

では、逆に縁起の良くない金額もあるのでしょうか?

知らない人も結構多いんですが結構あるんです。

10円

10円玉は「とおえん」→遠縁、つまり縁が遠のいてしまうという意味があります。

なのであまり縁起が良くない金額と言われており、特に初詣などは避けた方がいいでしょう。

「でも、今10円玉しかな~い!」という場合は、一円玉を足しましょう。

11円にすれば「いいご縁に」21円にすれば「ふたりの縁が切れない」22円にすれば、「二重に縁がある」という意味にする事ができます。

普段は「たったの1円」とバカにしている1円玉も、こんな時には大活躍してくれるのです。

ああ、一円様ありがとう。

500円

500円玉って一番大きい硬化ですよね。

つまり「これ以上(こうか)効果がない」という意味になるんです。

せっかく奮発して500円玉を出したのに・・その結果、損をするハメになってしまうかもしれません。

Sponsored Link

5円玉硬化を組み合わせた金額で意味が違ってくる

5円玉一つだけなら単純に「ご縁がありますように」という意味ですが、実はさらに5円玉を数枚組み合わせる事で、また違った意味になります。

・5円玉二枚=重ね重ね良いご縁がありますように

 

・三枚=十分ご縁がありますように

 

・四枚=良いご縁がありますように

 

・五枚=二重にご縁がありますように

 

・六枚=安定と調和のとれたご縁がありますように

 

・七枚=再三ご縁がありますように

 

・八枚=末広にご縁がありますように

 

・九枚=終始ご縁がありますように

 

・十枚=10倍のご縁がありますように

と、こんな感じで金額が大きくなるにつれてそれにあった「ご縁」に関する意味があります

最大で97枚まで意味があるのですが、そこまで大量の5円玉を用意するのはさすがに大変ですね。

それでも金額にしたら485円ですから、用意できない金額ではありません。

もしチャレンジしてみたい人がいればどうぞ。

ちなみに「四方八方からご縁がありますように」という意味があります。

これだけご縁があると実際はうっとうしくて困りますがね。

5円玉での縁起の良くない金額がある

「とりあえず、5円玉だしとけばいいわけね」と、安心したあなたにちょっと忠告!

実は5円玉でも、縁起の良くない金額もあるんです。

・13枚=65円になるので、ろくなご縁がない

 

・15枚=75円になるので、泣くようなご縁にあってしまう

 

・17枚=85円になるので、矢継ぎ早にご縁を切られる

 

・19枚=95円になるので、苦しいご縁にあってしまう

どれも不吉な意味ばかり・・こんな嫌な縁はいりませんよね。

5円玉を使う際にも金額には気をつけましょう。

お賽銭にも正しい入れ方がある

お賽銭って何気にそのままお賽銭箱に投げ入れていませんか?

お賽銭の入れ方まではあまり気にしない人が多いのですが、実は正しい入れ方というのがあるんです。

ます、基本的にお賽銭を投げ入れるのはあまり良くありません。

お賽銭って神様に捧げるものですから、そう考えると納得ですよね。

初詣などの込み合っている次期は仕方がありませんが、通常は賽銭箱の近くまで手を持っていき、あまり音を立てないように上からそっと落とすようにして入れましょう。

そして、1.000円札や10.000円札などのお札をお賽銭に入れる場合にも注意点があります。

裸のままのお札ってたまに賽銭箱の中に入っていますが、お札の場合は白い封筒に入れてから賽銭箱に入れるのが正しいやり方です。

そして、封筒には氏名や住所なども一緒に書くのがマナーとされています。

お賽銭の額が多いほどご利益も多い?

「今年はどうしても叶えたい夢がある!」「今年こそは絶対彼氏(彼女)がほしい!」と意気込んで金額を奮発する人もいるでしょう。

金額が大きいとご利益もその分大きいのでは?となんだか期待しちゃいますよね。

気持ちはわかりますが、そもそもお賽銭というのは「神様に対する感謝の気持ち」なんです。

勘違いしている人も多いのですが、お賽銭というのは「願い事料」ではなく「感謝料」なんですね。

特に初詣って一年の初めに行うものなので、お賽銭をする時もつい「今年一年のお願い事」をしてしまいがちなのですが、本来は「昨年の感謝」をするものなんです。

「昨年も元気で過ごせました。ありがとうございます。」とその気持ちをお賽銭に込めるのが本来の初詣のお参りの仕方なんですね。

でも、気分的にはやっぱり今年のお願いってしちゃいますよね。

お賽銭を人から借りるのはNG?

たまたま神社に立ち寄って、お金をまったく持っていない時ってどうしますか?

誰かと一緒だったらお賽銭を借りたりした事がある人もいるかもしれませんね。

「後から返すから大丈夫よね・・う~ん、大丈夫かなぁ・・」とちょっと不安になりますよね。

これはあなたの気持ちしだいです。

「後からお金を返すんだから問題なし!」と思えるのなら借りても問題ないでしょうが、少しの間でも人からお賽銭を借りる事に抵抗があるのなら止めておきましょう。

 

今まで何気なく財布にある金額のものを入れていた、という人は、来年はぜひ金額の意味も参考にしてお賽銭を入れてみて下さい。

知っているのと知らないのとでは、気分的にもきっと違いますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください