オフ会って何?

neta-life【ネターライフ】

オフ会って何するの?オフ会のトラブルや注意点!

読了までの目安時間:約 12分

 

全国各地で頻繫に開催されているオフ会

 

「〇〇でオフ会を開催します!ふるってご参加ください!」「友達同士の参加もOK!」など、オフ会の開催案内を目にしたことがある人はどのくらいいるでしょうか?

 

今回は、オフ会では何をするのかや、オフ会のトラブルや注意点を説明します。

 

オフ会に興味のある人や参加予定の人は是非参考にされてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

オフ会って何?

 

 

オフ会とは、「オフラインミーティング」の略称です。

 

オンラインゲームやコミュニティ・SNSなどで知り合った人々が、現実世界で実際に集まることをオフ会と言います。

 

1対1で会うこともあれば、100人規模で集まることもあります。

 

そして、オフ会が開催される趣旨は多岐にわたります。

 

ゲーム仲間や、共通の趣味を持つ人の集まり、インターネット上で知り合い仲良くなった異性・同性とのお出かけ、同じアイドル・歌手が好きな人の集まりなど様々です。

 

また、オフ会は開催される趣旨によって内容が異なります。

 

例えば、ゲームのコミュニティで知り合った人々が実際に集まって一緒にゲームをしたり、同じアイドルや歌手が好きな人々がカラオケで特定のアイドル・歌手の曲を歌ったりします。

 

同じ趣味を持っている人が集まるため、話題が尽きることなく楽しめるという声が多く挙がっています。

 

その一方で、1対1で会ったことでトラブルに発展したり、同性だと思って連絡を取り合っていた人が会ってみると実は異性だったというようなトラブルもあるのが現状です。

 

親睦を深め、共通の趣味を持つ友達ができるメリットがある反面、会ってみなければどんな人か分からないというデメリットもあるのです。

 

Sponsored Link

 

オフ会で起こるトラブルとは?

 

オフ会は色々な場所で開催されていますが、お酒の入る場所では特にトラブルが多いようです。

 

「大人数で集まっているから大丈夫」と、つい飲み過ぎてしまう人もいますが、オフ会での飲酒は実はとても危険性が高いのです。

 

実際に遭ったトラブルでは、お酒を飲んでお店を出た後「近くの駅まで送ってあげる」と言われ、ワンボックスカーに乗せられそうになったという事例があります。

 

さらに、強いお酒を次々と飲まされ、泥酔したところを連れて行かれそうになったという例もあります。

 

オフ会は基本的に同じ趣味を持つ人の集まりで仲良く楽しめるものですが、中には不祥事を起こす人もいます。

 

オフ会に参加して親睦を深めるのが目的ではなく、異性との出会いを目的としている人がこのような事件を起こしてしまいます。

 

オフ会に参加するときは、オフ会の内容や趣旨を確認し、安全に楽しめるオフ会だけに参加するようにしましょう。

 

「お酒好きな人集まれ!」「クラブで親睦を深めよう!」「異性の友達を増やそう」など、いかにも怪しいオフ会には参加しないのがトラブルを未然に防ぐポイントです。

 

次に、オフ会で起こりがちなトラブルが「ネカマ」です。

 

ネカマとはネットワークの匿名性を利用して、男性が女性を装っていることです。

 

ゲームやSNSに多く存在しています。

 

ネット上で意気投合し、「同性だから」と1対1で会ったら、実際は男性だったというトラブルが増えています。

 

相手が良い人であれば何の問題もないのですが、下心を持っているネカマがいるのも事実です。

 

インターネット上では女性であっても、実際の性別は分かりません。

 

もしも相手から「実際に会って話したい」と言われたときには、「失礼な質問で申し訳ないのですが・・・」など断りを入れたうえで、実際の性別を確認するようにしましょう。

 

嘘を言われる可能性も否定できませんので、事前に無料通話アプリを利用して相手と話をすることをおすすめします。

 

声を聴けば男性か女性か一目瞭然ですし、実際に話してみることで「会う・合わない」の判断材料になります。

 

Sponsored Link

 

オフ会に参加するときの注意点

 

それではオフ会に参加する際にトラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今回はオフ会に参加する際に注意すべき事いくつかご紹介します。

 

一人で参加しない

 

オフ会に参加するときの注意点ひとつ目は、特に女性の場合「一人で参加しないこと」です。

 

いつも参加する顔見知りの多いオフ会であれば一人でも危険性は低いですが、初めて参加するオフ会はできるだけ友人を誘って参加するようにしましょう。

 

一人での参加はトラブルの元になってしまう可能性があります。

 

好き・嫌いを言わないこと

 

オフ会の参加するときの注意点ふたつ目は、「好き・嫌いを言わないこと」です。

 

これはオフ会の内容や参加している人など、何に対しても言えることです。

 

例えば、好きなゲームやアニメのオフ会に参加しているとします。

 

そこで自分が嫌いなキャラクターを「嫌い」だと公言してしまうと、そのキャラクターを好きな人から反感を買ってしまう恐れがあります。

 

また、「〇〇さんって話しづらいですよね」などと参加している人のマイナスなイメージを話すと、「あの人は悪口を言う人だ」と思われてしまう可能性があります。

 

あくまで同じ趣味を持つ人が交流を深める場ですから、その場の空気を乱すような発言は避けるようにしましょう。

 

ただし、ある程度気の知れた相手であれば、「意見交換」として好き嫌いを話し合うのもアリだと言えます。

 

挨拶をきちんとする

 

オフ会に参加するときの注意点三つ目は、「挨拶をきちんとすること」です。

 

ネット上では交流があるとしても、実際に会うのが初めてであれば挨拶は基本中の基本です。

 

挨拶をするときには、「〇〇さんですか?」とネット上のニックネームで話しかけましょう。

 

その後、「ネットで〇〇という名前で利用しているものです」と相手に分かるようにニックネームを名乗ったうえで、自己紹介をしてくださいね。

 

相手に対して「思っていたイメージと違う」と感じることもあるかもしれませんが、それはお互い様です。

 

相手の見た目だけでなく、中身をしっかりと見るようにしましょう。

 

オフ会を開催するときのポイント

 

オフ会は、ただ参加するだけでなくオフ会を開催する立場になることもあるかもしれません。

 

オフ会を開催するときには、守っておきたいポイントが3つあります。

 

無理やり誘わない・参加させないこと

 

例えば、ネット上で仲良くなった人を誘ってオフ会を開催しようと試みたとします。

 

そこでグループの人に声をかけたところ、数人は参加、数人は不参加の返事が来ました。

 

ここで不参加の人に「どうして参加しないのか」「せっかくだから来ませんか?」など執拗に参加を迫ってはいけません。

 

性格は人それぞれ異なりますので、誰しもが参加したいというわけではありません。

 

中にはオフ会が苦手だという人もいます。

 

オフ会に無理やり誘うのではなく、参加したいと返事が来た人を集めて開催するようにしましょう。

 

オフ会の趣旨を明確にすること

 

オフ会は同じ趣味を持つ人の集まりですが、その内容は開催する人がある程度決めるのが一般的です。

 

例えばアニメが好きな人の集まりだとしても、「アニメの観賞会を行う」「カラオケでアニメソングを歌う」「居酒屋や食事処でアニメ作品について語り合う」など様々な内容があります。

 

ただ単に共通の趣味があるからとオフ会を開催しても、目的が明確でなければ当日集まってもグダグダしてしまい、進行が上手くいきません。

 

事前に内容や集まる場所、人数などを明確にした上で開催するようにしましょう。

 

参加する人を事前にチェックしておくこと

 

インターネット上でほとんど交流のない人は難しいかもしれませんが、ある程度交流のある人であれば、その人がどんな人かあらかじめ確認しましょう。

 

コミュニティを荒らしているようなマナーのない人は、参加希望の連絡が来ても断るのが正解です。

 

他に参加する人が楽しめるように配慮するのも、オフ会を開催する幹事のやるべきことです。

 

 

オフ会はマナーを守って楽しみましょう

 

「オフ会=危険・怪しい」というイメージを抱いている人がいますが、オフ会の趣旨や参加する人が明確であれば、トラブルに遭遇することはありません。

 

初めて参加するときはお酒は控え、友達を誘うようにしましょう。

 

共通の趣味を持つ友人を増やして、楽しいひと時を過ごしてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: