コンビニのATMの引き出し限度額はいくらまで?

1051
コンビニにATMが設置されるようになってから、平日の昼休みに銀行で列を作って長時間待つ必要が無くなり大変便利になりました。

今はお盆、正月やシステムメンテナンスなどの特殊な時を除けばいつでもお金を下ろすことができるようになりました。

しかし、急に大金が必要になったときなどは、コンビニATMには限度額が設定されているため注意しないといけません。

この記事ではコンビニATMの限度額などについてまとめましたので、急に大金を下ろさないと行けないときの参考にしてください。

Sponsored Link

一回限度額と一日限度額は?

ATMはどこでも一日あたりのものと、一回あたりの引出限度額が設定されています。

コンビニに関係なく銀行によって限度額が決まっていますが、大体50から100万円で初期設定されていことが多いようです。

一回の限度額は最近は防犯上の理由により20万円が限度である場合が多いようです。

また特殊なケースでは、空港に設置されているATMなどでは一回限度額が異なる場合があります。

国際線ターミナルのATMですと一回限度額は3万円に設定されているところも多いです。

一回の引出限度額が低く設定されていると手間がかかるのももちろんですが、ATM使用手数料もその都度ひかれてしまうため注意が必要です。

前もって準備できるのであれば、あらかじめ準備しておくことに越したことはないでしょう。

Sponsored Link

メガバンク別銀行ATMガイド

一般的なメガバンクでの銀行別に引き出し額をご紹介します。

みずほ銀行

一回あたりの引出限度額は20万円で、ICキャッシュカードの場合は初期設定だと100万円が一日あたりの限度額でIC非対応だと50万円です。

手続きにより、ICキャッシュカードでも非対応カードでも0〜200万円まで限度額を変更できます。

また、生体認証情報登録済みICカードというものの場合には最大500万円まで一日引き出すことができます。

三井住友銀行

IC キャッシュカード、非対応カードともに一回の引出限度額が20万円、一日の引出限度額が50万円までですが、どちらとも手続きにより300万円まで変えることができます。

生体認証ICキャッシュカードですと1000万円まで引き出すことができます。

三菱東京UFJ銀行

一回あたりの引出限度額が20万円までで、一日あたりの利用限度額がICキャッシュカードで50万円まで、非対応カードで50万円まで、生体認証ICキャッシュカードで100万円が限度です。

りそな銀行

一回あたりの引出限度額が20万円までで、一日あたりの引き出し限度額がIC キャッシュカードで50万円まで、非対応カードで50万円までで、生体認証ICキャッシュカードで500万円までです。

また、一ヶ月あたりの限度額も設定されており、IC キャッシュカード・非対応カードで500万円まで、生体認証IC キャッシュカードで1000万円までです。

 

賢く使えば万一カードが盗まれたときの被害を最小限にすることもできますし、とっさのときにお金がたくさん下ろせるしと自分自身のライフスタイルにあった設定ができるようです。

これを機会に利用限度額を見直してみるといいかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.