ゴキブリ対策の方法!新築や寝室に出現した場合!

128466

家の中で視界の端をカサカサと何かが通り過ぎる音…

その正体はあの恐怖のゴキブリ!!

正直、ゴキブリとか想像するだけで恐ろしいですよね。

しかもこれから温かくなり食物がいたみやすくなってくると、ゴキブリを見る機会が急激に増えてきます。

今回はそんなゴキブリ対策について調べてみました。

見つけて大騒ぎする前に、ゴキブリが出ない家をつくることを目指してゴキブリを見かけない快適な生活を送りましょう!

Sponsored Link

ゴキブリの侵入経路は?

家でゴキブリを見た場合、ゴキブリが家の外から入ってきた場合とゴキブリが家の中で増えている場合の二通りのパターンがあります。

ゴキブリが侵入してきている場合は、その侵入経路を絶たない限りは永遠にゴキブリが入ってき続けます。

では、ゴキブリはどういうところから侵入してくるのでしょうか?

家の中にはたくさんの「穴」があり、閉じられているようで外界とつながっています。

玄関、窓、ベランダなどは当然ですが、他にも換気扇、通風口、エアコンのホース、排水管、お風呂の排水口などを伝ってゴキブリが入ってくることもよくあります。

また、排水管自体ではなく、排水管などのパイプを通すときに開けた穴からゴキブリが入ってくることもあります。

これらの穴の対策はずばり塞いでしまうことです。

玄関や窓の立て付けが悪い場合は修理をし、網戸などをきっちり閉めるようにします。

通風口、排水管などの塞ぐことができないものは細かい目のついたフィルターなど本来の機能を妨げないようなものがホームセンターに売っているので試してみましょう。

これらの対策を取るのが難しい場合や対策をとっても小さい隙間からゴキブリが出てくる場合などは、その隙間の前に毒エサをおいたり、ゴキブリの嫌がる匂いがする忌避剤をまくと効果的です。

玄関、窓、ベランダなど完璧な対策が難しいところもこの方法を使うといいでしょう。

また、一軒家の場合などはゴキブリのいやがるハーブなどを植えたりすると見た目にも美しいのでオススメです。

セロリ、キャラウェイ、クミン、メイス、ナツメグなどが効果があるようです。

逆にユーカリ、アニス、バニラビーンズなどの甘い香りがするハーブはゴキブリを引き寄せる効果があるので注意しましょう。

Sponsored Link

ゴキブリが家で繁殖している場合は?

ゴキブリは「水・エサを求めて」「メスを求めて」「温かさを求めて」家の中に入ってきます。

そして一旦家の中に入り、住み心地が良いと判断するとそのままそこにいつき「集合フェロモン」と呼ばれる物質や「オス・メスを呼び寄せる性ホルモン」を分泌して周囲のゴキブリを呼び寄せ巣を作ります。

ゴキブリを1匹見たら30匹いると思えと良く言われるのはこのためです。

なので対策は「水・エサ」の対策と「温度」の対策が必要になります。

水・エサの対策としては可能な限りそれを除去することにつきます。

ゴキブリは匂いでおびき寄せられるため特に匂いの強いものに気をつけないといけません。

一般家庭によくある「タマネギ」、特にタマネギの腐ったものはゴキブリの好物として良く知られています。

同様に「ネギ」もゴキブリを引き寄せるようです。

他にも様々なハーブ、特に「シード」「バニラビーンズ」などはゴキブリを引き寄せます。

その為、料理ハーブをお持ちの場合は保管場所を気をつけたり、一回買って使ったきり一度も使っていない場合などは思い切って捨てた方がいいでしょう。

また、料理用ではなく精油などのアロマとして楽しんでいる場合も同じようにゴキブリを引きつけているので気をつけましょう。

温度の面ではゴキブリは過ごしやすい適温のところに巣を作るので、そのような場所は定期的に掃除し、ゴキブリを繁殖させないように気をつけないといけません。

特に冷蔵庫の裏など、常に電源が入りっぱなしになっているところは常に温かいので気をつけましょう。

そのような場所に毒エサをおいたり、忌避剤をまいたりすると効果的です。

新築や引っ越したばかりの方などは始めが肝心なので真っ先に対策を講じましょう。

既にゴキブリがでて困っている場合は、家中に充満するタイプの殺虫剤をたき既に生まれているゴキブリを駆除し、3週間後に改めて殺虫剤をたくことで卵からかえったゴキブリ駆除することができます。

その後、上記の侵入対策に励みましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください