サシ飲みとは?意味と異性が誘う心理!

524001

1対1で飲むことを「サシ飲み」と言いますよね。

大勢の飲み会と異なり、サシ飲みでは二人きりなので、シラフでは無理でも何か込み入った話をしたい時、親密な関係になりたい時によく使う手口だと思います。

ところで、このサシ飲みの「サシ」って一体どんな意味なのでしょうか。

また、会社の上司や同性の友だちならばともかく、特に関係性があるわけでもない異性からサシ飲みに誘われた時の誘った側の心理、気になりませんか?

もしかして自分に気があるのかも・・・なんて思ってしまいますよね。

ここでは、サシ飲みの意味や、異性で誘ってくる人の心理について、お話ししていきますね。

Sponsored Link

サシ飲みの「サシ」ってどういう意味?

サシ飲みの「サシ」とは、「差し向かい」という言葉が省略された言葉になります。

ですので、意味合いとしては「1対1で向き合って」ということになります。

「サシで話したいんだけど」などと言われたりしたら、つまりは「1対1で向き合って、何か話したいことがあるんだな~」という意味だと思ってもらえたら大丈夫です。

必ず、「二人で」という意味だけではなく「向き合って」というニュアンスがつくので、ただ単に二人だけで何かをするなんて時には使えないので注意です。

異性からサシ飲みに誘われた時・・・どういう意味?

さて、異性からサシ飲みに誘われた時、ちょっとドキドキしますよね。

特に異性だからこそ「この人、どういう意図で誘ってきているのだろう・・・」といろいろと勘繰ったりしてしまいがちですよね。

サシ飲みに誘う心理とは男女でもわかれるので、それぞれの場合ごとに考えられる心理を説明していきますね。

Sponsored Link

女性から誘われた場合

それではまずは女性からサシ飲みを誘われた場合の心理と理由について見て行きましょう。

女性ならではの考え方もあるので男性は参考にしてください。

男女の垣根を越えてよい友人になれそう、または友人だと思っているから

男子にはこれが理解できない!という方が多いような気もしますが、こういう女子、結構多いです。

やはり女性からしたら男友達には、女友達にはないものの考え方や包容力などを感じる事があります。

その為、特別な恋愛感情なしに「この人、なんとなく気が合うなぁ」と思ったりすると「サシで飲もうよ」ということになります。

ただ、女子もそういう行為が相手によっては思わせぶりととらえられてしまうことは分かっていますよ?

ですので、基本的には仕事の同僚だったり、大学のサークル友達だったりと、何かしら共通の話題があり、クリーンに会える関係性ではないと、誘いにくいと感じる人が多いです。

この手のお誘いであるかどうかの見分け方としては、

・会っている間に恋愛沙汰の話にならない

 

・恋愛トークだとしても、自分とまったくタイプの違う男性の話をしてくる

 

・自分のことは良い友達と言ってくる

・・・など、多くのサインが女性側から発されていると思うので、うまく見抜いてください。

特に真剣に考えてはいないが、寂しいので誘う

特に相手の男子に対し、強い恋愛感情を抱いているわけではないものの、なんとなく寂しいので呼ぶ、という女子も中にはいます

女子の多くは寂しがり屋なもの。

付き合っている男子がいなかったりすると、時々男子の包容力が恋しいなぁと思ってしまうことも多いです。

こういう子を好きになってしまった場合、恋愛にまで持っていく確率は5分5分かなぁと思います。

寂しがり屋なので、優しくしてあげると好きになってもらえる可能性もありますが、小悪魔的に突き放す可能性もありますので注意。

相手のことが好きだから

相手のことが好きで、もっと仲良くなりたい!付き合いたい!と思っている女性は、自分から男子をサシ飲みに誘う場合がありますよ。

自分から誘うなんて男前な心意気を持ってはいるものの、表には出さないだけで、実は誘うまでにものすごく悩んでいたり、ものすごく乙女だったりすることもあります。

よく相手の女子を観察してみてください。

また、万一誘ってくれる女子のことをあなたも好きだという場合、意外にもその女子はあなたからの誘いを待っている場合も多いので、恋愛に持ち込みたいのであれば、今度はあなたから誘ってみるなどの作戦に出てみましょう。

Sponsored Link

男性から誘われた場合

続いて男性から誘われた場合の心理と理由を見ていきましょう。

男子の場合も同じような理由で誘うこともありますが、多少理由が違ったりします。

見ていきましょう。

下心なし!純粋な女友達を求めているから

女性に比べ、「男女の垣根を越えた友人を求める」といったマインドを持った男子は少ないですが、男子の中にもこういうタイプの人はもちろんいます。

ただ、こういう態度は同僚や学生時代の同級生などにしかしないという男子がほとんどです。

普段何のつながりもないけど、「俺たちいい友だちになれると思うから、サシ飲みしようぜー」みたいな男子は極めて少ないと思ってよいと思います。

というより、ほとんどいないかな?

というのも、男子は女子に比べて、相手との間に一定の距離感を保ちたい傾向が強いので、特にわけもなく、相手と親密になろうとはしないのです。

色が欲しい!ただ女性と飲みたい

なんとなくいつも周りに女子がいる状態にしたい!モテたい!みたいに考えている男子に多いような気がします。

ただ単純に女性がいればいいと言う考えの人ですね。

世の中には男性が女性とお酒を飲める場としてキャバクラがあるように、男性はお酒の席では女性と喋りたいと言う気持ちはが強いです。

こういうタイプの男子は女性と話すのに慣れている為、非常に話しやすいですし面白いです。

ですが基本的に遊び人気質である事は間違いないので、好きになると厄介なので、極力深入りしないようにしましょう。

体目当て

男子の場合、このケースで近寄ってくる人は結構な確率でいますので注意。

見分け方としては、最初から異常に甘い言葉をかけてくる方や、妙に優しい態度をしてくるタイプに多いです。

また、この手の男子は、初めてサシで会ったその日に、家に連れて行ったり、ホテルに連れ込んだりしてくることが多いので注意!

のこのこついていかないようにしてくださいね。

相手のことが好きだから

身体目的の人は結構いると書きましたが、相手が誠実そうなタイプであれば、男子の場合、ほとんどがこのパターンに当てはまると思います。

男子は、どうでもいい相手に時間を使ったりするのを非常に嫌います。

ですので、真面目そうな男子がサシ飲みに誘ってきた場合は、相手の女子に対して、もっと親密になりたい、付き合いたいと思っていることがほとんどです。

また、相手に対して本気であれば、お金を出させない、早いうちに家に帰すなど、多くの気配りを男子は見せてくれると思います。

もし、相手の男子を気になっている場合、一度気軽にお誘いに乗ってみると良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

サシ飲みに誘う心理、男女で微妙に異なってはいますが、相手がどういう意図で誘ってきているかは、その人次第。

しっかり見極めてお誘いに乗るかどうかかんがえてみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA