ストッキングを伝線させない!予防や対処法!

301224

毎日のお出かけで欠かせないストッキング

でもついつい伝染して、買ったばかりなのにもうダメになっちゃった!なんてこと良くありませんか?

出先で伝染された時とか本当に厄介ですよね…

と言うことで今回はストッキングを伝染させないようにする予防法ともしも伝染してしまったときの対処法についてお話しします!

Sponsored Link

伝染を防ぐための予防方法

実はストッキングと言うのはちょっとの工夫で破れにくくすることも可能なんです。

ここでは特に大事な5つの方法とそれらのポイントについて詳しく紹介していきますね。

穿く前の予防法

・酢水につける

お料理時に使うと素材をやわらかくする効果のある「お酢」。

酢水にストッキングを浸すことによって繊維の弾力性をUPさせ破れにくくしてくれる効果があります。

・冷凍庫に入れる

買ったばかりで空ける前のストッキングを袋のまま冷凍庫に入れ、一晩寝かせます。

冷蔵庫で冷やす事により繊維が固くなり、伝染に強いストッキングが出来上がります。

また、冷凍庫に入れる前に一度袋から取り出し柔軟剤で軽く洗い、よく乾燥させてから入れるとより効果が増すそうです。

爪、肌をすべすべにしておく

足の爪が長いとすぐに穴をあけてしまいます。

またネイルの装飾にストーンのような尖ったものをつけていると伝染の原因となることが多いです。

なるべく引っかかりのないデザインにすること、また爪は伸ばさず小まめに切りそろえることが大事です。

また、爪だけでなくざらざらな手のひら、かかとに擦れることによって伝染しやすくなってしまいます。

寝る前に保湿クリームなどでマッサージをするなどし、常に手足をつるつるの肌状態を保つようにしましょう。

また、比較的乾燥が落ち着く春、夏シーズンでもに油断しないように。

洗い方に気を付ける

実はストッキングは手洗いすることで伸縮性が保たれ破れにくくなります。

洗剤でていねいに手洗いし、よくすすぎ、タオルなどで水気を取ってから干すようにしましょう。

また、洗うときはお湯ではなく水を使うことで繊維の締まりが保たれます。

洗濯機で洗う場合は必ずネットに入れて洗うようにしましょう。

ほかの衣類と一緒にそのまま洗濯機に入れてしまうと、突起のあるものにこすれて穴が開いてしまうことがあります。

爪を立てずに穿くようにする

穿くときに急いでいて焦って、つい爪の先で破いちゃった・・・なんてことよくありますよね。

どんなに急いでいても穿くときはあわてず、指の腹をつかって一か所を持って引っ張るのではなく、少ない面積分を足先から徐々に上に持ち上げてくるような感じで装着していきましょう。

また、髪の毛がストッキングの中に入ってる!なんて気づいた時も、決して爪先で取ろうとしないように。

そんな時はガムテープを使用して、ストッキングの上から抑えることで簡単に髪の毛が取れます。試してみてくださいね。

最初から破れにくいストッキングを選ぶ

そもそも最初から破れにくいストッキングを選んで買うというのも重要です。

ブランドですと、グンゼや福助、ATSUGIなどが破れにくいと評判のようです。

一度デパートなどで破れにくいブランドについて聞いてみるのもいいかもしれませんね。

Sponsored Link

もしも破れてしまったときの対処法

どれだけ気を付けていても、やっぱり破れちゃった・・・そういうことってありますよね。

ここでは、外出先でストッキングが伝染した際の応急処置方法についてお伝えします。

トップコートを塗る

ネイルのトップコート、実は伝染時の応急処置に効果的なんです。

伝染したポイントの上から塗ることで、そこから破れ目が広がることを防いでくれます。

液体のりを塗る

液体のりを伝染ポイント部分に塗るのも効果的です。

しかし、マニキュアほどの速乾性はないので、乾くまで時間がかかります。

ヘアスプレーを使う

伝染した部分にヘアスプレーをかけることも、伝染の広がりを抑えるのに効果的です。

また、外出時にストッキング全体にヘアスプレーを吹きかけることで、予防にもつながるので、試してみてください。

 

いかがでしたでしょうか。

大切なデートやアポイントの前にストッキング破れちゃったと慌てることがないよう、日ごろから伝染予防をしつつ、また、もし伝染してしまった際には冷静に対処できるようにしておきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください