パネルヒーターのおすすめ!赤外線や省エネタイプの人気品!

tsu96_takibigirl_tp_v

エアコンだと確かに暖かくはなるけれど、空気が乾燥して喉は痛いし肌はカピカピ…だからエアコンはどうしても苦手!という人も結構多いはず。

そんなときに、穏やかな遠赤外線による暖房機能で喉や肌にも優しいパネルヒーターが大活躍します。

そこまで強力な効果でなくていいから、とにかく体に優しい暖房を使いたいという人のために、今回はパネルヒーターと他の暖房器具との違い、そしてオススメのパネルヒーターについてご紹介します。

Sponsored Link

他の暖房器具とどこが違うの?

パネルヒーターとは四角い面を持つ暖房器具なのですが、オイルヒーターなどと違って火を使いません

代わりに火などのエネルギーを使って発熱するものではなく、電磁波を使って熱を起こす輻射熱(ふくしゃねつ)により熱を発します。

面積はある程度ありますが、何より薄型なので意外と場所を取らないこともメリットなのです。

近頃ではお年寄りの一人暮らしも増えてきている関係で、火を使わないより安全な暖房器具を求める人がこのパネルヒーターを購入していきます。

また、石油ストーブやエアコン、電気ストーブなどは空気が乾燥したりニオイがこもったりする関係で空気の入れ替えを定期的におこなわなければならないのですが、パネルヒーターは空気がクリーンなままですので換気が必要ありません。

そして熱を起こすための構造が単純なものなので、機械自体が故障を起こしづらいというのもメリットとして挙げられます。

最近の家電は様々な機能が多数ついて複雑化しているために、それだけ故障しやすかったり寿命が短かったりするのです。

エアコンのようにメンテナンスなどを定期的におこなう必要がないので、お年寄りや子どものいる家庭でも重宝されています。

石油ストーブなどは、子どもが誤って触ってしまうと火傷をしてしまうなど注意が必要ですが、パネルヒーターでは火傷の心配はありません。

それに遠赤外線機能のおかげで体の芯まで温まることができるので、違う部屋に入った途端寒い…ということがあまりありません。

気になる稼動音も静かですし、今の時代パネルヒーターはかなり需要の高い暖房器具だと言えそうです。

Sponsored Link

パネルヒーターを選ぶ際のポイント

では次に、パネルヒーターを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

ここを確認しておくことで、パネルヒーターを有効活用することができるので要チェックですよ!

電気代を考える

パネルヒーターは電気式や遠赤外線、温水式などがありますが、電気式の場合は割と電気代がかかるということを頭に入れておかなくてはなりません。

1000Wのパネルヒーターの場合、1時間使用で約30円の電気代がかかります。

つまり1日8時間使用した場合には240円、1ヶ月で7000円を超えてしまいます!

電気代がどんどん上がっている今、これはかなりの大打撃になることは言うまでもありませんよね。

そのため、パネルヒーターはメインで使う暖房器具としては電気代がかかり過ぎるので向いていないと言う結論になります。

サブの暖房器具として使う

先ほど申し上げた通りパネルヒーターは電気式がかなり高いので、メインは省エネ効果バツグンのエアコンをつけて、冷えやすい箇所だけパネルヒーターを使うようにすると良いでしょう。

例えば、寝る1時間前にパネルヒーターを足元でつけて局所的に温めてからスイッチをオフにするという方法です。

これなら、夜中のエアコンで喉がやられてしまうということもありませんし、一番冷える足元を温かくすることで眠りにもつきやすくなります。

こういった「今だけ」の使い方をすることで、パネルヒーターを賢く使うことができるようになるのです。

使う部屋を考える

パネルヒーターはリビングのような広い部屋を温めるにはかなり時間がかかり、また電力も相当消費してしまいます。

そのため、せいぜい6畳までの広さまでなら一部屋を温かくすることはできると思います。

寝室などはよほど広くない限り、だいたいこのくらいの広さだと思いますから、パネルヒーターによる暖房で温めるのが向いているのです。

空気を汚さずに、乾燥もさせないので冬場の寝室での暖房器具としては最適です。

加湿器とセットで使えば、風邪予防にもなりますね。

パネルヒーターのメリットとデメリット

それでは、パネルヒーターのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

メリット

軽くて部屋から部屋への移動が楽なので、今は勉強のために書斎で使うけれど、寝るときは寝室に持っていくということが簡単にできます。

遠赤外線タイプは体の芯まで温めてくれるので、冷え性の人にはピッタリです。

そして電気ストーブのように風が出るということがないので、部屋のホコリを舞ってしまったり乾燥することがないことも良い点ですね。

何よりも一番は、やはり火を使わないので安全性が高いという点です。

暖房器具は便利ながら一抹の不安を抱えている人が多い中、パネルヒーターに関しては危険性で言うところの不安要素があまり見当たりません。

デメリット

では反対にデメリットは先ほどお話しした電気代の件と、広い部屋全体を温める力は弱いということです。

安全性が高くて空気も汚さないという非の打ち所がない感じではありますが、メインの暖房器具としては活躍することが難しいというのがパネルヒーターの最大のデメリットですね。

Sponsored Link

オススメのパネルヒーター

それでは、オススメのパネルヒーターを重視するポイントに分けてご紹介します!

省エネ効果を重視

省エネ効果を重視したいけれど、やはりパネルヒーターは電気式がかかるもの…と諦めていませんか?

確かに、高い出力を使えばそれだけ電気式はかかります。

でもマイルドに効果を発揮してくれるパネルヒーターならどうでしょうか。

オススメな商品、見つかりましたよ!

トヨトミ「遠赤外線 電気パネルヒーター」

 

パネルが2枚重なっていてその形状ごとに温めのタイプが3パターンあり、広範囲に温めるのと足元だけなどスポットタイプ、そしてこじんまりした部屋全体を温めるタイプがあります。

消費電力も300〜1200Wと幅広く、弱めの設定にすれば電気代もそこまで気にはなりません。

遠赤外線タイプだから、火を使うヒーターのように肌がチリチリと痛むことはありません。

まるで木漏れ日を浴びているような穏やかな暖かさで、さらに体の芯から温まることができるので使っていて心地良いんです!

さらに、冬はただでさえ空気が乾燥している中エアコンなどで部屋を温めるので、非常に部屋の中が乾燥して風邪をひきやすくなってしまいます。

このパネルヒーターなら空気の乾燥もきにすることがないので、風邪を引けない人も安心して暖をとることができるのです。

無音、無風で静かなので寝室での使用や、勉強などで集中したいときの使用にピッタリですよ!

オシャレ感を重視

プラスマイナスゼロ「遠赤外線パネルヒーター」

 

パネルヒーターを部屋に置きたいのだけれど、移動のためのキャスターが丸見えでなんだか格好が悪い…そんなこと、思ったことないですか?

パネルヒーターにオシャレさを求める人にぴったりなのが、このプラスマイナスゼロの薄型遠赤外線パネルヒーターです。

キャスターは付いているのですが、外からは見えないデザインになっていてとてもスマート。

横幅はわずか38センチなので押入れにも楽々そのまま収納ができ、面倒な手間が一切ありません。

おもて面全面がヒーター部分となっているので、無駄なところがないスタイリッシュなデザインです。

ナチュラル系からシック系、様々なインテリアにも合うのではないかなと思います。

1時間パネルヒーターをつけるだけで、下がっていた体温が23度の快適温度に上昇!

さらに電源を切っても温度が冷めにくいから、寝る前の使用にぴったりなのです。

壁に立てかけても大丈夫、パネル部分を触っても熱くない!ということで小さな子どもがいても安全に温めることができるので、とても便利ですよ!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください