ヒールやパンプスでつま先が痛い!対策と防止法!

445315

ある程度ヒールのある靴やパンプスを長時間履いていると、とにかくつま先が痛くなりますよね。

長く履いていると、つま先がうっ血したようになってしまったり、外反母趾の原因になることもあります。

そうなると病院へ通わなくてはならないのでかなり大変なことになってしまいます。

そこで今回は、パンプスやヒールの高い靴を履いていてつま先が痛くなってしまったときの対処法や痛みを和らげる便利グッズをご紹介します。

Sponsored Link

パンプスやヒールででつま先が痛くなってしまう場合の対処法

パンプスやヒールはおしゃれだから女性としてはその痛みを我慢しなくては!なんて思っていませんか?

決してそんなことはありません!

しっかり対策を考えて、痛くなったときの対処法を実践していきましょう。

そこでまず、パンプスやヒールでつま先が痛くなってしまう原因と対処法を説明していきます。

つま先の形が足の形に合っていないため

パンプスやヒールでつま先が痛くなってしまうのは、やはりそのつま先の形が足に合っていないといったことが考えられます。

そのため、歩いたときに強い力が加わった際つま先が圧迫されて痛みが出てきてしまうんですね。

ですので、自身の足にあったパンプスやヒールを選ぶということが、痛くならないための一番の対策です。

ちなみにどんなつま先のタイプがあるかと説明しますが、主にこの3つです。

・ラウンドトゥ

 

・アーモンドトゥ

 

・ポインテッドトゥ

それぞれの特徴としては、

一番つま先の圧迫が少ないものはパンプスのつま先が丸く緩やかになっている「ラウンドトゥ」というタイプのものとなります。

ただ仕事着に合わせるようなパンプスであればラウンドトゥは少しイメージが違いますので、そんなときは少しつま先が尖った「アーモンドトゥ」タイプのパンプスを選びましょう。

一番見た目にもスッキリしていてカッコいいのが「ポインテッドトゥ」タイプのつま先が尖ったパンプスです。

こちらは海外の名だたるセレブ達も愛用しているくらい格好がつくタイプとなっていますが、やはり慣れないとつま先がかなり痛くなります。

滑って重心が前のめりになっている

パンプスのヒールがあまりにも高かったり、ヒール自体が不安定だったりするとどうしても歩いているうちに足がどんどんパンプスの中で滑っていってつま先に圧迫感が出るようになります。

パンプスを履いた最初は痛くなかったのに、だんだん痛み出したという人はこの原因でつま先が痛み出している可能性が高いです。

そんなときにはパンプスの中敷きをしっかりと敷いて滑り止め対策をしましょう。

中敷きは靴屋さんや、100均などで手軽に購入することができます。

滑り止めがあるおかげで歩いていても前のめりになることなく、綺麗な足のポジショニングで歩き続けることができるのです。

パンプスの横幅が狭い

パンプスを選ぶときに、足のサイズばかりを気にしてしまい、横幅のサイズまでは気が回らないという人が多いのではないでしょうか。

横幅のサイズが狭いと、それだけ圧迫感があるためつま先部分にも負担が大きくなります。

またパンプスの生地も伸縮性がある本革に比べて合皮素材だとなかなか足にフィットしてくれません。

そして何より生地が硬いので、つま先が痛くなってしまうんですね。

パンプスを購入するときに試着をするわけですが、そのときには必ず横幅も足のサイズに合っているかどうかを確認するようにしましょう。

そしてできればお値段は全然違いますが、足に負担がかからず長持ちする本革のパンプスを選ぶようにするとつま先への負担は相当減ると思いますよ!

Sponsored Link

つま先が痛くなってしまった時の応急処置は?

ヒールやパンプスを履いていると長時間の立ち仕事や歩き仕事などで、急につま先が痛くなってしまうことはよくあることだと思います。

どうしようもなく痛い時はあれって本当に地獄ですよね…

仕事先で靴を脱ぐ事は出来ませんし、かといって何か対策をといってもどうしたらいいかわからないですし。

結局つらい思いをして無理しながらも仕事をするしかないというか。

そんなつらい急なつま先の痛みに瞬時に対応する応急処置を紹介します。

基本はつま先部にクッションの役割を果たすものを詰めてあげましょう。

柔らかいものもので靴に入るのであれば、何でも良いです。

持っているものだったらハンカチやティッシュ、ハンドタオルなどを下に引くなど詰めるなどして調整してみてください。

靴ずれや爪が痛くなっている場合はそこに絆創膏を張りましょう。

爪先に二重、三重と絆創膏を張ってあげる事でつま先の痛み対策になるので

といっても、あくまでも応急処置ですので、基本は靴を見直してみたり、インソールを入れたりして対策してくださいね。

Sponsored Link

痛くならない方法はある?グッズなどをご紹介!

巷では、つま先が痛くならないために便利なグッズが多く販売されています。

今回はその中でも特におすすめというものを厳選してお送りしたいと思います。

外反母趾を防ぐ絆創膏

ヒールやパンプスで一番負担がかかって痛みが出てしまう場所といえば、つま先の中でもダントツで小指の部分なのではないでしょうか。

最悪、小指が内側に曲がってしまう外反母趾の症状が出てしまい、痛みがひどくなってしまうこともあります。

そんなときに役立つのが、外反母趾専用のパンプスの当たりを柔らかくする絆創膏です。

小指側に貼り付けることで、圧迫されたときの摩擦を最小限に抑えて水ぶくれなどの症状を緩和します。

急に痛くなる応急処置としても活躍しますので、バッグの中に常備しておくといざというときに安心ですよね。

つま先に敷く中敷きジェル

ヒールのパンプスを履いて歩いたときに一番体重がかかりやすいつま先の部分にジェル状の柔らかいポイント中敷きをセットすることで、つま先がクッションとなり痛みが軽減されていきます。

わたしは仕事で毎日ヒールの高いパンプスを履いていましたが、この中敷きジェルは必需品でしたね!

何度も何度も買いました。

これがなかったらマトモに仕事ができなかったといっても過言ではないでしょう。

痛さを悟られないように涼しげにヒールのあるパンプスを履きこなすには、多少の我慢とつま先を保護する様々なグッズに助けられて履くということが大切です。

今はほとんどの足の悩みグッズが100均で手に入るので安く効果が高いものを使うことができますので、ぜひ探してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.