ブルーライトカットメガネの効果は?本当は意味が無い?

209528

最近話題のメガネに、ブルーライトカットメガネというものがあることはご存じかと思います。

ブルーライトカットメガネは別名PCメガネとも呼ばれ、PCからくる光によって目がちかちかしてくるのを防ぐメガネです。

仕事で長時間PCで作業する場合に特に有効だと言われていて、使っている人も多く見かけます。

デザイン性に優れたものや度つきのものなど自分に合ったものを買うことができ、人気もありますよね。

研究結果に基づいているため実際に効果を感じる声も多々あります。

しかし、それと同時にブルーライトカット眼鏡の効果に疑問視する声も上がっているようです。

今回はそんなブルーライトカットメガネについての効果やブルーライト眼鏡を使った目の疲れを軽減させる方法をご紹介します!

Sponsored Link

ブルーライトの目への影響は何?

ブルーライトというのはPCやスマホなどのLEDディスプレイから発せられる青色光のこと。

光の種類である可視光線のなかで380~500ナノメートルのもののことを言います。

紫外線の次に強いエネルギーのある光で網膜にまで達することもあります。

省エネ化でLEDライトが普及し、日常生活でブルーライトに接する機会が増えているのです。

主な影響は3つです。

・目への影響

疲れ目やかすみ目、ドライアイの原因になります。

PCやスマホを長時間使うことで目が疲れるというのは、誰でも経験があるかと思います。

 

・生体リズムへの影響

睡眠の質が悪くなったり、体内時計を狂わせたりします。

 

・身体への影響

目の疲れが脳を通じ骨盤を緊張させ、肩こりや腰痛に影響する恐れもあります。

ブルーライトは実は目以外の身体の部分にも大きく関わってくるようです。

パソコンを長時間見るような仕事をしている方で上記のような身体の調子が悪いという場合は、ブルーライトを疑ってみるのもいいかもしれませんね。

Sponsored Link

ブルーライトカット眼鏡の効果は本当?

ブルーライトカットメガネは、上記で説明したブルーライトから目への影響を防ぐために、最近開発されたものです。

ブルーライトをカットする機能はもちろん、見え方やかけ心地にこだわったものや、眼科医が関わり研究されたものもあるぐらいです。

ブルーライトカットメガネをかけることで実際に「目が疲れにくくなった」と言う人も多くいます。

そういった一対の声を見てみましょう。

「ブルーライトカットメガネかけてPCで作業をして、外した後に液晶を見ると目がちかちかしてしまい、目が疲労するのがわかる」

 

「1週間かけてみて朝起きた時に目の疲れを感じなくなった」

 

「なんとなく液晶を見る時に柔らかい感じがするようになった」

こういった声がありました。

もちろん「本当は効果が無い」「気休めだ」と言う意見も実際には存在します。

しかし、同時にブルーライトカットメガネでPCのディスプレイからくる光を抑え、目の疲労を軽減していると実感している人も多く、効果はあると感じています。

ブルーライトカットメガネの欠点は?

191330

使ったことのある人の意見を聞くかぎり、ある程度ブルーライトはカットされ、確かにその効果は本当のようです。

しかし、ネガティブな意見もあります。

例えば、ブルーライトが問題だとする有力な証拠がないこと。

ブルーライトが目に悪いなら、紫外線を防止するために常にサングラスをかけていなくてはならないそう。

他には見え方にもいくつか意見があります。

PC眼鏡をつけていると紙媒体は見にくいというのもそのひとつ。

本を読みながらPCで仕事をする時など、紙の本や資料の細かい字は逆に目が疲れてしまうこともあるのだとか。

デザイン関係の色を重視する仕事をする時にも、ブルーライトカットメガネから見える視界ではやりにくいこともあります。

そういう場合はより効果の高いブラウンレンズではなくクリアタイプを使った方がいいのだとか。

このように欠点はいくつかあるようですが、それでも過度に目が疲れる場合には使用した方がいい場合が多いようです。

利点としては、ブルーライトカットの効果の他にも近場で購入できたり、種類も豊富でライフスタイルに合ったメガネを選べ、価格もそこまで高くないという点があげられます。

Sponsored Link

さらに目の疲労を軽減する方法

目が疲れるのであれば、PCで仕事をする時にはブルーライトカットメガネを使用し、長時間作業をしたら目を休めることも大事です。

液晶を見る環境が悪いことによって、目が疲れてしまうケースもあるようです。

PCのディスプレイやスマホからくるLEDのぎらついた感じを軽減する方法には、PCのディスプレイの設定を変えるという方法があります。

実はPCの液晶の細かい設定を調節することで、液晶からくる目への影響を抑えることができるのです。

具体的にはディスプレイの輝度を落とすことでまぶしさを減らします。

エコモードにすることなどによって、設定できます。

真っ白な背景や明るい色合いもブルーライトを多く発するので、背景色を変更するのが有効です。

背景を暗くして白い文字にしたり、薄いグレーの背景で文字を濃いめのグレーにするなど、目が楽に感じる設定にするといいでしょう。

もちろん、ブルーライトカットメガネと併用すれば、より目への影響を軽減することができますね。

ブルーライトカットメガネについて基本的なことを解説してきました。

今では使用している人も多く、レンズが透明なのもありデザインも良いため普段使いできますね。

ライフスタイルに合わせたものがあるため、買うかどうか迷っている人は、一度店頭に行きスタッフと相談してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください