ホットカーペットのカバーのおすすめ品!おしゃれで可愛いものを厳選!

oht96_aozoratomuhyou_tp_v

部屋の中でも大部分を占める床に敷くホットカーペットのカバーは、やはり選び方ひとつで部屋の印象をガラリと変えてしまいます。

カラーや柄など部屋のインテリアにあったものを選ぶことで統一感が出ますし、逆にアクセントカラーを選ぶことで部屋が個性的で明るくなります。

そこで今回は、ホットカーペットのカバーの選び方やオススメの可愛くてオシャレなホットカーペットをご紹介します。

Sponsored Link

ホットカーペットは必要なもの?

冬場に体の中で一番冷えを感じやすい部分は足元。

そこでルームシューズを履いたり靴下を履いたりすることが多いのですが、床から底冷えをしていると防寒対策をしていてもスースーしてしまいます。

ソファなどに座っていても、足から冷えてしまうことなどが多いんですよね。

そんなときに床暖房がとても良いのですが、あいにく賃貸マンションなどではそう簡単に床暖房という選択はできません。

そこで便利になってくるのが床を温めてくれるホットカーペットなのです。

床から温かさがあると足元がいつもポカポカして、快適に暮らすことができるのです。

床がフローリングでいつも底冷えを感じている人は、思い切ってホットカーペットを購入して床から温めていった方が良いのかもしれません。

床に直接座った時でも暖かいですし、暖かくなる位置を限定できるものもあるので省エネにもなります。

特に子どもがフローリングで遊ぶ際などは寒くないように温かいホットカーペットを敷いておくことで、部屋の中にいても寒さを感じずに遊ぶことができます。

賃貸マンションなどで床暖房を取り入れることができない場合や、テーブルやソファの下など一時的に温かい足元が欲しいときには、ホットカーペットが必要だと感じるでしょう。

Sponsored Link

ホットカーペットはどんなサイズを選ぶ?

ホットカーペットを選ぶときに最初に迷うのは、どのくらいのサイズにするべきかということだと思います。

リビングに敷けるような大きなサイズにするのか、2畳ほどの大きめサイズにするのか、それとも1畳ほどのコンパクトなサイズにするのか…。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

大きなサイズ

大きなサイズはやはり一度敷いてしまうと広い範囲を温めるので家族で座ったり大きなテーブルの下に敷いたりするのに向いています。

ただ、大きなサイズはなかなか洗うことが難しく、カバーも大きいので着脱が大変なのでどうしても洗濯するのが億劫になりがちです。

2畳サイズ

2畳サイズなら、リビングのフローリングで使うのにテーブルなどを置いている以外の空きスペースに敷くのに適しています。

こうすることで、子どもの遊びスペースや昼寝場所を温かく保つことができます。

1畳サイズ

コンパクトな1畳サイズは、どこへでも敷くことができるのでとても便利ですが、範囲が狭いので1人で楽しむ用なのかなといった感じです。

日常で足元を温めたいという理由で購入するなら、コンパクトな1畳と大きめの2畳サイズの真ん中である1畳半のサイズもありますので、こちらが人気です。

このくらいのサイズまでならカバーを洗うにしても取り外しが簡単なので、洗濯するにも苦になりづらいのではないでしょうか。

一人暮らしやソファの下だけなど、場所を限定して使うならコンパクトなサイズで十分だと思いますよ!

ホットカーペットカバーは洗えるものを選ぶ!

ただのフローリング床なら、何かをこぼしてしまったとしてもすぐに拭いて掃除することができるので特に問題ありません。

しかし、ホットカーペットを敷いていると汚れがこびりついてしまって掃除に一苦労…というケースも出てきてしまいます。

そんなときにホットカーペットにカバーをすることで、この食べ物や飲み物などの汚れが直接ホットカーペットにつくことが少なくなるので、衛生面でとても便利です。

カバーが汚れたら剥がして、すぐに丸洗いできるものであれば定期的に洗っていけばいつまでも綺麗な状態で使うことができます。

特に汚しやすい子どもの遊びスペースなどで使っている場合などは、しょっちゅう洗うことになるので…

・ある程度の防水加工がされている

 

・着脱がしやすく、洗いやすい

 

・洗濯機に入るサイズ

 

・洗濯をしてもすぐに乾く

このようなことがホットカーペットカバーに求められることなのではないでしょうか。

ホットカーペットというと、ダニの温床になってしまって不衛生になりがちだというイメージもあるのですが、カバーが洗うことができれば子どもにも安心して使うことができますよね。

またカバーを様々なデザインに交換することで、いつも同じものではなく部屋の変化を楽しむことができて生活にメリハリがでるので数種類を用意することでこういった楽しみ方をすることもできます。

ある日はフローリングの床と同系色のカバーを使ってシックにまとめたり、ある日は柄物で楽しい気分になるカバーを使って気持ちも明るくしていったりするなど、カバーひとつでいつもの生活にひとつ楽しみが加わってくるのです。

Sponsored Link

オススメのホットカーペットカバーを紹介!

それでは、可愛くてオシャレなホットカーペットのカバーをご紹介します。

お部屋のインテリアに合わせて使い分けて、寒い冬を吹き飛ばすように気持ちを明るくしていきましょう!

ホットカーペットカバー 厚手ふかふか極厚ラグ

ホットカーペットというと薄い敷き物といったイメージですが、それを覆すフカフカで厚手の布団のようなカバーが今大人気です。

その暑さはなんと5センチなので、まるで温かいマットレスの上にいるかのような癒しの空間が広がります。

サイズは1畳〜3畳まで選ぶことができますが、3畳用はビッグサイズなのでリビングの空きスペースに敷くにはピッタリです。

子どもとお昼寝をするにも、ゆっくり床に座ってくつろぐにも柔らかい弾力のあるカバーなので快適な時間を過ごせます。

カラーは柄物や単色など合わせて3種類があり、インテリアと合わせてシックに決めたいならブラウンの単色、可愛いイメージにしたいならベージュの羊柄やグレーのトナカイ柄がオススメです。

撥水加工がされているので、万が一飲み物などをこぼしてしまってもサッと拭き取るだけでキレイになります。

そして掃除機に毛足が巻き込まれることがないので、掃除も楽チン!

収納する際は布団サイズに畳むことができるので、場所も特段取らないところも嬉しいですね。

ホットカーペットカバー 防水木目調

お部屋のインテリアを邪魔することのない、清潔感あふれる木目調のホットカーペットカバーも人気が高いです。

安心感のある日本製で防カビ、防汚、防水、抗菌加工されているので、いつも清潔な状態で使うことができるのが嬉しいポイントです。

表面が塩化ビニル素材なので、飲み物をこぼしてもフローリングと同じようにキレイに拭き取ることができます。

小さな子どもがいる家庭には、とても重宝するホットカーペットカバーなのではないでしょうか。

自宅のフローリングと同系色を選ぶことで、傷つくのを防止することもできるのでホットカーペットカバー以外としても、夏にはカバーのみ敷いておけばオシャレなラグとしても大活躍します。

フローリング調のカラーは濃淡の2種類なので、最近賃貸マンションでも増えている明るいカラーのフローリングにもマッチして使いやすくなりました。

冬場だけではなく通年使えるデザインが売りの、ホットカーペットカバーです。

自宅のインテリアコンセプトと合わせながら、また自分の気持ちを明るくするためにもホットカーペットのカバーには少しこだわって選んでみると、冬の室内をより楽しく過ごせるので是非吟味してみてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください