neta-life【ネターライフ】

一人カフェの過ごし方!カフェって何するところなの?

読了までの目安時間:約 11分

 

カフェは学生やサラリーマン、OL、年配者など老若男女問わず幅広い世代の人が利用する憩いの場です。

 

友達同士で会話に花を咲かせている人もいれば、ひとりでゆっくりと過ごしている人もいます。

 

「カフェ=コーヒー・軽食」をイメージする人も多いと思いますが、カフェでは食事だけでなく様々な過ごし方ができます。

 

そこで、今回はカフェは何をするところなのかや、ひとりカフェの過ごし方などをご紹介します。

 

Sponsored Link

 

カフェって何をするところなの?

 

カフェとは、実はコーヒーという意味なんです。

 

そして、コーヒーを提供している飲食店をカフェと言います。

 

似た言葉に「喫茶店」がありますが、喫茶店とカフェはどちらも同じ意味だと考えて間違いありません。

 

また、カフェでの過ごし方に正解不正解はありませんが、世界的に有名な建築家のクリストファー・アレグザンダーはカフェのあり方についてこのように述べています。

 

「人々が衆目のなかで合法的に腰を下ろし、移り行く世界をのんびり眺められる場所としての機能」(Wikipediaより)

 

なんとなく納得できませんか?

 

人々がカフェに腰を下ろして、外の景色をぼーっと眺めている姿が想像できます。

 

カフェは新聞や雑誌を読みながら、コーヒータイムを楽しむのが本来の過ごし方なのかもしれませんね。

 

しかし、ここ近年でカフェの利便性が向上したことにより、カフェでの過ごし方にも変化が出てきたように感じます。

 

コンセントプラグが設置してあったり、時間を気にせずゆっくり過ごせる空間が提供されていたり、Wi-Fiが利用できた

り・・・。

 

各々の過ごしやすい環境が整備されてきたことで、カフェでは様々な過ごし方ができるようになっています。

 

Sponsored Link

 

一人カフェの過ごし方5選!

 

あなたは一人でカフェに入ったことがありますか?

 

一人カフェが好きだという人がいる一方で、「何をしたらいいか分からない」と一人でカフェに入ることに気が引けるという人もいます。

 

ここでは、一人カフェの過ごし方をいくつかご紹介します。

 

本や雑誌を読むこと

 

カフェで読書をしている姿を見かけたことがある人は多いでしょう。

 

本や雑誌を読む過ごし方は、一人カフェでの代表的な過ごし方と言っても過言ではありません。

 

持参した本を片手に、温かいコーヒーを飲みながら過ごす時間は格別です。

 

自宅で本を読むと気が散るという人がカフェを利用しているようです。

 

また、最近では書店とカフェが併設している商業施設が多く存在しています。

 

カフェで飲み物や軽食を注文すると、書店に並んでいる本を席について読むことができる画期的なサービスです。

 

立ち読みならぬ座り読みですね。

 

気になる本を実際に読むことができますので、時間のあるときに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

さらに、書店が併設してるカフェは他のカフェに比べて一人で過ごしている人が多くいますので、周りを気にせずに過ごすことができますよ。

 

勉強

 

高校生や大学生などの学生に多い過ごし方です。

 

自宅で勉強をすると、ゲームや漫画・動画サイトなど気が散るものが辺り一面にありますよね。

 

勉強しようと思ってもなかなか身が入らず、30分もしないうちに勉強に飽きてしまうという人も多いでしょう。

 

そこで、カフェで勉強することで「ゲームをしたくてもできない」「マンガを読みたくても読めない」といった状況を作ることができます。

 

自宅で勉強すると「ちょっと一休み!」と言ってマンガやゲームに夢中になってしまうことがありますが、カフェではそれができないため、最初から最後まで集中して勉強することができます。

 

試験前になるとカフェは多くの学生で賑わいを見せています。

 

ただし、あまりにも長居をするとお店側に迷惑をかけてしまいます。

 

長くても2時間以内には退店するようにしましょう。

 

2時間も勉強すれば上出来です。

 

日記をつける

 

OLや主婦など女性に多い過ごし方のひとつです。

 

スマートフォンやパソコンで日々の出来事を記録する人もいますが、日記をつけることを毎日の楽しみにしている人もいるのです。

 

中には日記を書くためのグッズを収納したマイバッグをカフェに持参し、マスキングテープやシールで彩ったり、カラフルなペンでイラストを描いている人もいます。

 

さらに、子どもの成長やその日にあった出来事を写真に収めてプリントアウトし、日記帳に貼り付けて記録している人もいます。

 

カフェで日記を書きながら、ゆっくりと過ごすのもいいかもしれませんね。

 

仕事をする

 

営業や外回りなど、会社の外にいることが多い職種の人は、カフェで仕事をしていることがあります。

 

多くのカフェにWi-Fiが普及し、コンセントプラグが設置してあるため、ノートパソコンを使っての仕事がスムーズに行えるのです。

 

取引先とのメールのやりとりをしたり、パワーポイントやマイクロソフトを使って会社の資料を作ったり・・・。

 

仕事内容は様々です。

 

また、休憩の合間にスケジュール管理を行っている人もいます。

 

冷暖房完備でWi-Fiも利用でき、過ごしやすい環境が整っていることから、サラリーマンやOLが一人でカフェを利用することも珍しくありません。

 

ゆっくり過ごす

 

カフェ=何かをしながら過ごさなければならないという訳ではありません。

 

一人になりたかったり、何も考えたくない時もあるでしょう。

 

そんなときはカフェに入って腰を下ろし、物思いにふけるのもカフェの過ごし方のひとつです。

 

外の景色や街行く人をぼーっと眺めて過ごす。

 

そんな何も考えない時間も大切なのです。

 

周りの声に耳を傾けてみたり、自分と向き合って気持ちを見つめ直してみたり・・・。

 

そんな場のひとつとしてもカフェは最適なのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

一人カフェのメリット2つ

 

一人でカフェで過ごしている人を見て、「友達がいなさそう」「暇そう」「仕事に没頭している」というマイナスなイメージを抱いていませんか?

 

実は一人カフェで過ごすメリットってたくさんあるんですよ。

 

ここでは、厳選した2つのメリットをご紹介します。

 

時間を潰せる

 

待ち合わせまでの空き時間や次の予定までの待ち時間など、ちょっとした時間でも気軽に立ち寄ることができます。

 

10分20分の待ち時間であっても、外で待つには夏は暑く冬は寒いですよね。

 

中には雨が降っていたり風が強い日もあります。

 

そんな中外に出て立って待っているのは辛いものです。

 

その反面、カフェであれば冷暖房が入っていますし、相手から急に連絡が入ってもカップであればそのまま退店できます。

 

一人で過ごす時間が確保できる

 

結婚して家庭を持っている人や実家で暮らしている人は、一人で過ごしたくてもなかなか出来ないものです。

 

家には常に誰かがいて、一人の時間を過ごせずにストレスを抱えているという人も珍しくありません。

 

そんなときは、一人でカフェで過ごし自分の時間を確保すると気持ちに余裕が生まれます。

 

人間は独り(ひとり)では生きていけないと言われていますが、逆に一人で過ごす時間がないと辛いという人もいます。

 

ファミレスや飲食店は一人だと入りづらいですが、カフェは一人で過ごしている人が多く、気兼ねなく来店できます。

 

ちょっとした時間を一人でゆっくりと過ごすことができるのも一人カフェのメリットだと言えます。

 

 

以上になります!一人カフェの過ごし方はいかがでしたか?

 

一人カフェの過ごし方は参考になりましたか?

 

カフェの過ごし方は個人の自由であり、正解不正解はありません。

 

お店や店員さんに迷惑を掛けない範囲であれば、勉強をしたり日記を書いたり読書をしたりと、様々な過ごし方ができます。

 

一人カフェに苦手意識を持っていたという人も、これを機にお気に入りのカフェを探してみてはいかがでしょうか?

 

きっと素敵なカフェに巡り会えるはずです。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: