一人寂しい夜の対処法!寂しさを紛らわすためにやるべきこと!

夜一人で過ごしているときや布団に入ったときなど、ふと寂しさを感じることはありませんか?

世界中で自分だけが独りぼっちになっているような孤独感に苛(さいな)まれ、自然と涙が溢れてくることもあるかもしれません。

辛いことや悲しいことがあった訳でもないのになんだか気分が落ち込んでしまう・・・。

気を紛らわすにも、どうしたらいいのか分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は一人寂しい夜の対処法や気を紛らすおすすめの方法をご紹介します。

Sponsored Link

一人の夜が寂しく感じるのはどうして?

夜だから寂しいのではなく、一人で過ごす時間の中で「孤独だ」と感じる心が、寂しさの大きな要因の一つではないでしょうか。

賑やかに過ごしていた場所から一人で暮らす家に帰り、シーンとした室内にいることで「あぁ、私(僕)って独りなんだな・・・」と孤独を感じることで寂しさが生まれるのです。

また、夜に寂しさを感じる理由の多くは、情緒不安定はもちろんですが、一時的なものが多いとも考えられます。

例えば、仕事や友人関係で上手くいかなかったり、上司に叱られるなどです。

今まで蓄積されてきた不安や悲しみがひとつの出来事で沸点に到達し、「私(僕)はどうせ何をやってもダメなんだ」とネガティブになってしまうのです。

どんどんマイナス思考になり、自分は一人なんだと孤独を感じて余計に寂しさが募ってしまいます。

 

一人でも有意義な時間を過ごすことができる人は、一人の夜を寂しいと感じることはありません。

一人の時間を楽しみ、有効に活用することで明日の活力になっているという人もたくさんいます。

つまり、一人の時間を上手に使うことで、寂しさを楽しさや活力に変化させることができるのです。

一人になるとネガティブなことばかり考えてしまうという人は、まずは一人の時間に慣れることが大切です。

始めのうちはなるべく一人にならないように工夫し、気持ちの在り方を変えて行きましょう。

Sponsored Link

環境の変化も寂しさと関係しているって本当?

気持ちの問題だけでなく、身の回りの環境の変化により寂しさを感じることがあります。

例えば、住み慣れたアパートから引っ越したり、実家を離れて暮らすことになったり、同棲を解消したり・・・。

転勤で知り合いのいない他県に引っ越したりなど、周りの環境が変化する機会は少なくありません。

身の回りの環境が変わると、その変化に慣れるまで一定期間不安な気持ちが続いたという経験はありませんか?

不安な気持ちが募り、「実家に帰りたい」「あの頃に戻りたい」「何かあったらどうしよう」といった気持ちが生まれることで、寂しさを感じてしまうのです。

環境の変化に慣れてくると、徐々に不安や寂しさは軽減されます。

しかし、環境の変化により心身に過度のストレスが加わると、うつ病などの精神疾患を患う可能性があります。

慣れるまでの間は友人や家族と電話をしたり会って話をする機会を増やし、不安な気持ちが軽減されるよう工夫して過ごすことが大切です。

一人寂しい夜の対処法4選

一人寂しい夜の対処法にもいくつかありますが、その中でも比較的誰でも取り組みやすい方法を厳選してご紹介します。

すぐに実践できるものばかりですので、是非試してみてくださいね。

友人と遊ぶ

なんだか気持ちが晴れないというときや、寂しさや孤独を感じたときには気心知れた友人と会って気を紛らすのが一番です。

身近な家族でも構いません。

一人暮らしをしている人は思い切って実家に泊まりに行くのもおすすめですよ。

友人や家族にあってたわいのない話をしたり、気晴らしにカラオケに行ったりすることで心身共にリフレッシュすることができます。

仲の良い相手であれば愚痴を聞いてもらっても良いでしょう。

「ふと寂しくなるんだよね・・・。」と本音を話すことで気持ちが軽くなりますし、もしかしたら相手も「私もそうなんだ!」と共感してくれるかもしれません。

きっと寂しいと感じていたことさえ忘れてしまうほど、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

笑う

「寂しいときに笑えない」という声が聞こえてきそうですが、笑いたくなくてもまずは笑顔を作ってみてください。そして声を出して「あはははっ」と笑ってみましょう。

無理やり作った笑顔でも、笑うことで脳からエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

エンドルフィンは幸福感を与えてくれるホルモンで、別名脳内麻薬とも呼ばれています。

さらに、エンドルフィンに加えてドーパミンと呼ばれるホルモンも分泌されます。

ドーパミンは精神疾患に効果が期待できるホルモンで、楽しい気持ちややる気、プラス思考を与えてくれます。

声に出して笑うことで「何で寂しいなんて感じていたんだろう」と気持ちが晴れやすくなります。

寂しいと感じている気持ちを受け入れる

寂しい気持ちを拒み、無理やりポジティブに考えようと努力している人は多いでしょう。

中には「寂しいって感じるのは私の〇〇な性格がいけないんだ」「私が〇〇だからこんなに悲しくなるんだ」など自分を責める人もいますが、これはどちらもNGな考え方です。

逆に、一度寂しいと感じている自分の気持ちを受け入れることで、ぐっと心を軽くすることができます。

「寂しいと感じているのは私だけじゃない」「こんな日だってある」「大丈夫」「たまには落ち込んだって良いじゃん」と自分の気持ちを受け入れて言葉をかけてあげましょう。

寂しいと感じている原因を追究するのではなく、「そうだよね」「こんな日もあるよね」「今日はゆっくり休もう」と思えるような言葉をかけることが大切です。

そうすることで、寂しいという気持ちに過剰に反応することがなくなり、上手に気持ちと向き合うことができるようになります。

ペットを飼う

寂しいと感じる頻度が多い人は、動物が好きであればペットを飼うことをおすすめします。

ハムスターやうさぎなどの小動物はもちろん、猫や小型犬も良いでしょう。

一人暮らしで仕事が忙しいという人は、比較的手のかからないハムスターや猫がおすすめです。

特に猫はなついてくれると一緒にお布団で寝たり自分から歩み寄ってきてくれます。

家に帰っても愛するペットがいることで、寂しさを感じにくくなるはずです。

ただし、ペットは家族の一員です。

飼うからには最後まで責任を持って大切に育て、お世話をしてくださいね。

寂しいからと言って、生半可な気持ちで飼うことようなことはしないでください。

Sponsored Link

寂しくて眠れないときの過ごし方

寂しい気持ちが拭えず、布団に入ってもなかなか寝付けないことはありませんか?

そんなときは、自分の気持ちをノートや紙に書き出しましょう。

気持ちを押し殺すのではなく、今の気持ちや考えを書き出すことで頭の中を整理することができます。

どうして寂しいと感じているのかや、こんなことがあった、あんなことを言われてやり切れない気持ちになったなどなんでも構いません。

泣きながら書いたって良いんです。

綺麗な文字で書く必要も言葉を選んで書く必要もありません。

誰かに見せる訳ではありませんので、思うままに書いてみましょう。

寂しいと感じる理由を書くことで、自分の本音と向き合うことができます。

一人寂しい夜の対処法でご紹介した「寂しい気持ちを受け入れる」方法と似ていますが、頭の中で考えるよりも紙に書き出すほうが頭の中が整理しやすくなります。

30分~1時間書き続けていると、だんだん気持ちが落ち着いてくるのが実感できますよ。

あとは書いた紙を思いっきりビリビリ破って捨てましょう。

これだけで寂しさやマイナスな感情が緩和され、気持ちがぐっと楽になるはずです。

頭の中がすっきりすることで、寝る前に余計なことを考えず眠りにつくことができます。

一人の時間を有意義に過ごしましょう!

一人寂しい夜はついマイナスなことを考えてしまいがちです。

一人が寂しいと感じるということは、言い換えてみればそれだけ一人で過ごす時間が確保できるということ。

自分の気持ちを受け入れ、寂しいという感情と向き合うことで精神的にも強くなれるはずです。

せっかくの貴重な一人の時間ですから、趣味や好きなことに没頭できるようになると良いですね。

寂しさを紛らわせる方法や対処法をいくつかご紹介しましたので、まずはひとつ実践してみてください。

きっと心が軽くなるはずです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA