一人飲みの楽しみ方!充実させるためにどこで何をするべき?

あなたは「お酒=ワイワイと楽しみながら飲むもの」だと考えていませんか?

気心知れた人とお酒を交わしながら、仕事や恋愛の話、プライベートの話などに花を咲かせるのはとっても楽しいですよね。

 

しかし、最近では複数人で飲むのではなく、一人でお酒を楽しんでいる人も珍しくありません。

一人飲みの概念がない人からしてみれば、「一人で飲んで何が楽しいの?」と疑問に感じることでしょう。

そこで、今回は一人飲みの楽しみ方や充実させる場所、一人飲みのメリットなどについてご紹介します。

Sponsored Link

一人飲みの楽しみ方5つ

一人飲みと聞くと「暗い」「寂しい」「友達がいない」などマイナスなイメージを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、最近ではビジネスパーソンを中心に、年齢や性別を問わず一人飲みを楽しんでいる人がたくさんいます。

決して一人飲みは寂しいものではありません。純粋にお酒を楽しむことができる素敵な時間なのです。

ここでは一人飲みの楽しみ方をいくつかご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

自分のペース・好みでメニューを頼む

一人飲みの醍醐味とも言えるのが、周りを気にすることなく食べたい料理や飲みたいお酒を自分のペースで注文できることです。

誰かと飲みに行くと、相手のペースや好みに合わせて注文をしたり、何かと気を遣わなければいけませんよね。

自分の好きな料理を注文しても、取り分けるのが基本ですから自分一人で完食するのも気が引けてしまいます。

さらに、大人数の飲み会であれば強制的に食べ飲み放題プランにされ、特に好きだという訳でもない料理やお酒を注文しなければならなくなることが多々あります。

一方で、一人飲みは自分だけですから、自分のペースで好きなものを好きなだけ食べる、飲むことができます。

グラスを空けろと催促されることもありませんし、食べたい料理が食べられなかったと後悔することもありません。

食べ飲み放題で適当に注文するのではなく、その時の気分で質の良いものを少量味わう楽しみ方もできます。

カウンター席で食事や店主との会話を楽しむ

一人飲みの場合、カウンター席に通されることが多いです。

カウンター席では、店主自ら話しかけてくれることもありますし、自分から話しかければフレンドリーに会話をしてくれます。

また、お店の雰囲気が気になるという人は、大学生のような若い世代が少なく、一人でお酒を楽しんでいる人が多い古民家風の居酒屋を選ぶのがおすすめです。

落ち着いた雰囲気でリラックスして過ごすことができますし、会話が苦手だという人はカウンター席で料理出来上がっていく光景を見ながらお酒を楽しむのも良いでしょう。

地域に根付いている老舗の居酒屋であれば、店主の人もお客さんが話したがっているかそうでないかきちんと空気を読んでくれます。

ただし、店主も一人の人間ですから、話し上手な人がいれば口下手で料理を作ることに集中している人もいます。

自分が過ごしやすい居酒屋を見つけるには、カウンター席のある色々な居酒屋に足を運んでみることです。

気になったお店には積極的に入ってみて、お店の雰囲気はもちろん店主の人柄や料理、お酒のおいしさなど、自分の好みにぴったり合った居酒屋を見つけてくださいね。

一人飲みがぐっと楽しくなるはずです。

Sponsored Link

一期一会を楽しむ

居酒屋やバーなどに足を運ぶと、カウンター席には同じように一人飲みを楽しんでいる人がいます。

そんな人達との出会いはまさに一期一会です。

一人で飲むことを楽しんでいる人もいれば、常連さん同士で意気投合している人もいます。

ただ一人飲みを楽しむだけでなく、周りの人との出会いを楽しんでいる人がいるのです。

「いつもここに来ているんですか?」「一人ですか?」など、話の発端は人それぞれ。

お酒を飲んでいることによって、初対面でも会話が弾みやすくなります。

同性で年代が近いようであれば、すぐに打ち解けることができるかもしれません。

一人飲みを楽しんでいる人の中には、カウンターで隣の席になった同性の人と意気投合し、連絡先を交換してちょこちょこ出かけているという人もいます。

「ここまで仲良くなれると思わなかった」という声が挙がるくらいですから、さぞかし打ち解けることができたのでしょう。

学生や若い世代であれば自然と新しい出会いがありますが、社会人になると友達を作りたくても同世代との出会いはあまりありませんよね。

一期一会の出会いを楽しむのも、一人飲みの楽しみ方の一つだと言えます。

お酒の飲み比べをする

自分の好きなお酒の種類を飲み比べするのも、一人飲みの楽しみ方の一つです。

誰かと飲みに行くと多少なりとも相手に合わせなければなりませんよね。

好きなお酒ばかりではなく、相手の好みに合わせてお酒を飲むことも多いでしょう。

一方で、一人飲みであれば自分の好きなお酒を心ゆくまで楽しむことができます。

例えばワインが好きであれば、お店に置いてあるワインを飲み比べするのも良いでしょう。

普段は頼まない銘柄や飲んだことのない銘柄を頼んで、味の違いを楽しむのもおすすめです。

日本酒が好みであれば、色々な銘柄の日本酒を1杯ずつ楽しんでも良いかもしれません。

自宅で同じお酒ばかり飲むという人も、一人飲みのときに色々な銘柄を試してみて、お気に入りのお酒を探してみてはいかがでしょうか?

お酒とおつまみを買って自宅で楽しむ

一人でお店に入る勇気がないという人は、お酒とおつまみを買って自宅で一人飲みを楽しむのもおすすめです。

好きな音楽や映画を観ながら好きなお酒を飲んでまったりと過ごしたり、バラエティ番組を観ながら日ごろのストレスを解消するのも良いでしょう。

いつも飲んでいるお酒よりも、ちょっと高めのお酒を買って贅沢に過ごすと非日常を味わうことができますよ。

自宅であれば気兼ねなくゆっくり過ごすことができますし、やりたいことをしながらお酒を飲むことができます。

自宅で一人飲みの楽しさを実感することができたら、思い切って近くの居酒屋に足を運んでみてくださいね。

常連客との出会いや、美味しいお酒、過ごしやすいお店など新しい発見があるかもしれませんよ。

Sponsored Link

一人飲みに挑戦したい!お店選びのポイントや注意点

いざ一人飲みをしようと思っても、どんなお店を選んだら良いか迷ってしまいますよね。

初めて一人飲みをするときには、立ち飲み居酒屋か地元に根付いている老舗の居酒屋を選ぶのがポイントです。

どちらにしても規模が小さめのこじんまりとしたお店を選びましょう。

チェーン店や規模の大きいお店では、大人数での飲み会が行われていることが多く、周りがとても賑やかで居心地が悪く感じてしまいます。

規模が小さいお店であれば大人数での飲み会が行われるようなことはなく、落ち着いた雰囲気で一人飲みを楽しむことができます。

また、お店を選ぶときには交通機関の利便性も要チェックです。

当たり前ですが飲酒運転は犯罪です。

お酒を飲んだ後、周りにバスや電車などの交通機関がないとなると、帰宅するのが一苦労になってしまいます。

特に女性の場合、夜の一人歩きは大変危険です。

すぐそばに交通機関がある居酒屋を選ぶか、タクシーが常駐している場所が近くにある居酒屋を選ぶようにしましょう。

まとめ

一人飲みは決して寂しいものではありません。

周りを気にすることなくお酒や料理を好きなだけ自分のペースで楽しむことができます。

一期一会の出会いがあって、その出会いが交友関係の長い付き合いになることもあります。

一人飲みは自分の世界が広がるきっかけだと言っても過言ではありません。

一人飲みにマイナスなイメージを抱いていた人も、是非一人飲みを楽しんでみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.