中学生の打ち上げのおすすめの場所と時間帯!心配にされないようにしよう!

中学生でも学校や部活などで様々なイベントがあるため、終わった後にみんなで打ち上げをすることがありますよね。

無事にイベントが終わってみんなが笑顔になれる打ち上げですが、どうしてもテンションが上がりすぎて羽目を外してしまいがちに…。

そうなると親にも心配をかけてしまいますし、最悪な時は学校に報告が行くこともあるのです。

中学生の打ち上げにはおすすめの場所や時間帯があるので、それらを参考に安全で楽しい集まりにしたいですね。

そこで今回は中学生の打ち上げにおすすめの場所や時間帯が知りたい人に向けて、周りに心配されないようにする方法を詳しくご紹介します。

Sponsored Link

中学生が打ち上げをする機会はどんなとき?

中学生が打ち上げをする機会は、主に大きなイベントの後になります。

文化祭や部活の大会が終わった後など、みんなで何かを成し遂げたことをねぎらう目的でおこなわれることが多いです。

ただ学校の方で打ち上げ等の集まりを禁止していたり、家庭の方針で参加を断る生徒ももちろんいるので全員参加は難しいのが現状です。

中学生にかかわらず打ち上げというのは基本的に任意の参加なので、強制的に参加させたりすることはやめましょう。

最近は学校や家庭で問題になって、今後の打ち上げ等の集まりが全面的に禁止になるケースが増えてきています。

イベントの後は神経が興奮していて、それでなくても自制心をうまく抑えきれない中学生ですから羽目を外してしまいがちに…。

打ち上げをする機会は少ないですが、集まりを企画する段階で必ず大人に伝える必要がありますね。

Sponsored Link

中学生の打ち上げでおすすめの場所3選

打ち上げというと一般的に居酒屋が思い浮かびますが、まさか中学生が居酒屋で打ち上げをするわけにもいきません。

そのため中学生でも安全に行くことのできる場所を厳選する必要があるので、おすすめの場所を3箇所見ていきましょう。

ファミレス

ファミレスは今とてもリーズナブルな価格で食事ができる場所が多く、中学生でもお小遣いの範囲内で支払いができる場所が増えています。

ガストやサイゼリヤなどがその代表格で、ランチならばワンコインで食べられるくらい安くて中学生にはありがたい値段設定です。

そのため中学生の打ち上げというと、真っ先にファミレスが浮かぶという人も多いのではないでしょうか?

ただファミレスで注意しなければならないのは、制服姿では入らないことです。

誰がどこで見ているかもわかりませんし、目撃した人が学校に連絡を入れることも十分考えられます。

中学生では多くの場合、登下校中の買い食いを禁止しているのでファミレスに立ち寄るのは立派な校則違反になる恐れがあるのです。

打ち上げをする場合は一度帰宅して、私服に着替えてきてから集まるのが最善でしょう。

カラオケ

カラオケもみんなで盛り上がるには最適な場所で、なによりも大勢で行けて大声を出しても文句を言われないという部分が最大のメリットです。

しかしファミレスなどに比べると多少値段が高くなりますし、食事などを頼むと割と高額になります。

また中学生のみでの入室を断っているお店も多いので、引率の先生や保護者などの大人がいないと少し厳しいかもしれませんね。

ただ大勢集まると賑やかになってしまうのが中学生なので、他のお客さんのことを考えたらカラオケはとても打ち上げに適している場所なのではないでしょうか?

大人数の場合はファミレスと違って、先に大きな部屋を予約しておかないと入れないということがあるので気をつけなければなりません。

もちろんカラオケも制服のまま行くのではなく、私服に着替えてから行くようにしましょう。

誰かの家

保護者もいる中で安全に打ち上げをおこないたい場合には、誰かの家を拠点にするのも選択肢のひとつです。

しかしいくつかハードルがあって保護者がみんなの監督役で家に居られるかどうか、そして許可をくれるかどうかがポイントになります。

その他にも騒ぎ過ぎると周辺の住宅からクレームが来ることも考えられますし、汚し過ぎてもその家の方に迷惑がかかってしまいます。

多くの保護者が「気にしないでね」と言うと思いますが、やはり羽目を外し過ぎると常識のない子たちと受け取られる可能性があります。

家で行う時は全員が誰かの家のスペースを借りているという自覚を持って、常識的な範囲内で打ち上げを楽しみたいですね。

そして各自、自分の親には「〇〇さんの家にお邪魔する」ということを必ず伝えてください。

中学生の打ち上げはどの時間帯が良い?

中学生の打ち上げの時間帯ですが、ごく稀に夜の10時くらいまで盛り上がってしまうことがあるようです。

しかし中学生としてこれはルール違反で、家庭によっては大目玉を喰らうこともあるのです。

またメンバーに女子がいることもあるので、その場合は10時に解散してから自宅に帰るまで夜道を歩かせることになりますよね?

大変危険なので、打ち上げは学校が終わって全員集合できる夕方4時から遅くても夕飯の時間までには解散にしましょう。

時間でいうと7時くらいまでなら、3時間は楽しむことができます。

中学生はお酒も入らないですし、各家庭で食事の準備などもあるのでそれくらいの時間で十分なのです。

また季節によりますが、暗くなる時間帯になってしまったら女子を1人で帰さないなどの気遣いは欲しいですよね。

健全で安全な打ち上げをするためにも、時間帯は守って早めに解散するようにしましょう。

Sponsored Link

中学生が打ち上げをする際注意すること

中学生が打ち上げをする際に注意することは、実はたくさんあります。

中学生は親の監督のもとで大勢で集まることが前提となっているので、常識的なルールをきちんと守ることが必要なのですね。

この注意を意識して行動しないと、次から打ち上げで集まることを禁止されてしまうかもしれません。

そこで中学生が打ち上げをする際に注意することを3つご紹介します。

親と約束した時間と場所を守る

中学生が打ち上げをする場合には事前に何日の何時から何時まで、どこで誰と集まるのかを明確に伝えておきましょう。

親としてはいつもと違う時間帯に子供が外出しているときに、行き先がわからないと不安になるものです。

親に心配をかけないためにも打ち上げの詳しい内容をきちんと伝えて、了承を得ましょう。

お金を使いすぎない

中学生は自分でお金を稼ぐことはできないので、親のくれたお小遣いの中から予算を組む形になります。

そのため身の丈に合わない高額な費用のかかるお店には行かないように、事前に打ち上げに必要な予算などを親に相談してみましょう。

親の許しがあれば、その予算を均等に参加人数分で割った金額を渡してくれる可能性が高いです。

予算は多くても1人1,000円程度に抑えて、誰かが負担に感じないように配慮してくださいね。

騒ぎ過ぎない

これはカラオケ以外のどの場所でも言えることなのですが、打ち上げが楽しいとどうしても周りのことを気にせず大騒ぎしてしまいがちです。

しかしお店では周りのお客さんの迷惑になりますし、誰かの家にお邪魔していたとしたらその家の人や周辺住民にも迷惑になってしまいます。

楽しい気分で盛り上がりたいのはわかりますが、中学生なので節度を持って常識の範囲内で楽しむようにしましょう。

まとめ

中学生の打ち上げにおすすめの場所や時間帯が知りたい人に向けて、周りに心配されないようにする方法を詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

中学生の打ち上げはカラオケやファミレス、そして誰かの家というのが最適です。

しかし時間帯を夕飯までに決めるなど、常識を考えてルールをきちんと守る必要があります。

親には打ち上げの詳細をきちんと伝えたり予算を無理なく組む、そして騒ぎ過ぎることのないように周りの人に心配をかけずに安全に打ち上げを楽しむようにしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.