初潮 お祝い

neta-life【ネターライフ】

初潮のお祝いはなぜするの?したほうがいいのか?

読了までの目安時間:約 6分

291401

 

娘の成長の証として非常に大切な初潮。

昔はよくお祝いしたと言いますが、現在ではどうなんでしょう。

 

 

思春期を迎え、非常に難しい時期でもありますし、ヘタなことをしたら逆効果です。

ですので、正しい初潮方法を知っておくというのは非常に大切ですね。

 

 

ということで、今回は初潮のお祝いに関すること、由来からお祝い方法、父親の立場など正しい初潮祝いを詳しくご紹介します

 

Sponsored Link

 

初潮のお祝いはなぜするの?する理由や由来

今では知っている人も少なくなってきているかもしれませんが、一昔前は女子が初潮を迎えると「赤飯を炊く」といった風習がありました。

 

 

現在でも普通に行なっているところもあるかもしれませんが、なぜ初潮の時は赤飯を食べるのか気になりませんか?

 

 

赤飯と言うのは特に初潮に限らず様々なお祝い時に用いられる食べ物です。

 

 

古代より自然信仰としてお祈りのときやお祝いをするときに蒸した赤い米をお供えしていました。

その後にその赤い米を自分たちで食べていたのが今の赤飯のはじめりではないかと言われています。

 

 

このように吉行事に赤飯を食べる習慣が今の白い米やもち米に小豆で色をつけたもので代行するようになったの現在の赤飯です。

 

 

また、中国医学的にみてももち米で身体を温め、元気をつけ、母乳を出やすくし、小豆で水分代謝をよくするといった効果もあり、栄養価としても初潮を迎えた成長期の女性にはとてもぴったりな食品であったといえます。

 

 

宗教的な風習よりばかりではないということが伺い知れるということです。

 

Sponsored Link

初潮祝いの仕方や方法

 

最近の初潮祝いは家庭によってはケーキやお寿司などでお祝いすることも多いみたいです。

中には「赤ちゃんを産める体になった」とおめでたいことを家族みんなでお祝いするという家庭もあるようです。

 

 

しかし、基本的に初潮を迎えた女の子の気持ちとしてはあまり父親や男の兄弟には知られたくないというのが本音です。

ですので、こういったお祝いも女だけでお祝いする家庭が多いです。

 

 

また、純粋に初潮のお祝いを嫌がる子もいます。
本人が嫌がっている場合には、無理に祝ってあげる必要もありません。

 

 

初潮は子どもの体が成長した証ですし、できれば何らかのお祝いをしてあげたいところですが「おめでとう」の一言だけでも本人としては嬉しいものです。

 

初潮祝いは父親はNG?

122198

初潮について父親にはあまり話してほしくない子供が多い中で、父親としてはしっかりと赤ちゃんのころから育ててきた訳ですから、お祝いしたい気持ちもあると思います。

 

 

しかし、軽い気持ちで「初潮、おめでとう!」みたいなことを娘に言ったら、劇的に嫌われたという話があります。

最悪、そんな父親の一言でお父さんに伝えてしまったお母さんの裏切り行為も発覚し、母親にまで被害が及ぶ場合があります。
初潮を迎える時期には子どもの心の変化も伴うので、非常にナイーブです。

ですので、基本的には触れないということが大切になってくるのかなと思います。

 

 

娘の成長に「大人になっておめでとう」という気持ちを伝えたいというのも分かりますけどね。
実際、父親を異性としてとらえるようになるのもこの頃のことで、男の人にそういった性を感じさせるものばれるのが嫌と思う頃です。

 

 

同時にこの時期になってくると娘に対しては恋愛話などもNGです。

お父さんのことは好きなのだけれども「ずっと自分のお父さんでいてほしい」という気持ちが強く、彼氏の話をしても後ろめたさを感じるところは多いようです。

 

 

初潮を迎える頃で女の子が子どもから大人へと成長する大切な過程のステップです。

様々な体の変化から先に訪れてしまうことでどうにも焦りを感じてしまうところは多いです。

 

 

そのため気持ちが不安定になってしまうことも多く、小さなことにイライラとしてしまう時期でもあります。

 

 

中々、父親としてはそういった女の子の気持ちは分かりづらいところかもしれませんが、難しい時期なんだということは理解してあげましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: