卒業アルバムの写真を綺麗に写るコツを伝授します!!

087127

卒業式シーズンになると卒業と同時にもらった卒業アルバムを読み返したくなる人もいるのではないでしょうか。

そんな卒業写真と言えば…

どんなにかわいい子やカッコイイ子もものすごく微妙に写るともっぱらの話題で永遠の課題かもしれません。

私も例にも漏れず、ぎこちない笑顔なブサイクちゃん顔で写っており誠に遺憾でありますw

この記事を読んでらっしゃる方の中にはまだ卒業写真を撮る機会が残っているという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はそんな卒業アルバムの写真をいかにして綺麗に写り、私の仇を討っていただきたいと思い皆さんにご紹介させていただきます。

Sponsored Link

誰よりも綺麗に写るポイント

では早速、綺麗に写ってもらうためのポイントをご紹介していきたいと思います。

実は卒業写真で大事なポイントの1つとして挙げられるのは「姿勢」です。

上半身だけだからそんなに関係が無いのでは?と思いの方もいるかもしれませんが、だらけた姿勢では失敗するだけです。

背筋をしっかり伸ばして写ることで、猫背やなで肩によりなよなよした印象から一転して凛々しい恰好で写ることができます。

姿勢がクリアできたら次は「顔」です。

まさに一番大事な部分になってくると思いますので、しっかりとポイントを抑えてくださいね。

1.顎を引く

顔が小さくなる小顔効果と優しい印象になります。

ただし、引きすぎると二重あごに見える原因となりますので顔を傾けると自然に見えます。

ちなみに顎を引くというのも正しい顎の引き方というのが存在します。

こちらの画像にて詳しくご紹介していましたので、是非参考にしてみてください。

出典:pic.twitter.com/QBFF6GpAw1

2.目をしっかり開く

大きな目ってそれだけで魅力的ですよね。

鼻から大きく息を吸い込むことで、目を大きく開くことができます。

注意点として目を見開く事を意識し過ぎて眉毛を上にあげないことです。

これだとちょっと驚き顔になってしまうので、眉毛の位置を変えずに目だけを大きく開くってイメージで開けてみましょう。

写真の前に鏡で要練習ですね!

3.目線はカメラの少し上

カメラを直接見てしまいますと睨んでいるような印象になりがちです。

気持ちカメラのレンズの少し上を見ることで自然な感じを演出できます。

ただし、上すぎるとどこ見てるの?状態になってしまいますので気をつけましょう。

4.鏡を膝の上から顔に向かって反射させる

これは学校によってはNGかもしれませんが、自然光でシワやニキビなどを飛ばしてくれる美白とプリクラと原理は一緒です。

少し反則的かもしれませんが効果は絶大です。

5.笑顔で写ること

これが何より大切なものです。

少しも笑顔が無くいつもぶすっとしている美人よりいつもにこにこしているブサイクの方が印象はいいです。

昔から「男は度胸、女は愛嬌」と言われている通り、どんな時でも笑顔でい続ける人の方が人間って不思議ですけどかわいく見えちゃうのですよね。

今まで学校生活で楽しかったことを思い出しながらぜひ、笑顔で写りましょう!

Sponsored Link

ポイントが分かったら練習をすること

これらの写真で綺麗に写るポイントを理解したらあとはひたすら鏡で練習しましょう。

いくらやり方が分かったとしてもぶっつけ本番でいい写真写りは望めません。

顔の角度、笑顔の練習、反射の使い方など自分のベストの顔の作り方を身に着けておきましょう!

また、普段から笑顔や写真写りの練習をしておけば、急な卒業アルバムの写真撮影はもちろん、他の写真、彼氏、彼女とのデートなどなど、何にでも応用できますので、覚えておいて損はないです!

是非練習してみてください。

まとめ

楽しい学生生活を思い出す際にきっと欠かすことの出来ない卒業アルバム。

そんな卒業アルバムをより良いものにするために今回紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ぜひ、読んだことを活かして数年後読み返した時、あの時はコツを知ってて良かったな~と思っていただけたら幸いです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください