厄年 過ごし方

neta-life【ネターライフ】

厄年の過ごし方は男性、女性で違う?

読了までの目安時間:約 8分

248788

 

日本には古来より人生の節目として「厄年」として忌慎む習わしがあります。

 

男性も女性もある年齢になると、これまでの経験によって注意を要する厄年としています。

 

「厄を取り除いて、健康に暮らしたい」という願いがあり、現代になっても神社やお寺で厄払いが行われていますね。

 

そんな厄年の過ごし方はどうやって過ごせばいいのか...

 

今回は厄年の正しい過ごし方を詳しく説明しようと思います。

 

Sponsored Link

 

そもそも厄年って何?

厄年とは文字の通り、災厄に遭いやすい年齢のことをいいます。

 

厄年の風習については平安時代の陰陽道に起源があるといわれています。

 

 

男性と女性では厄年の年齢も違ってきて、

 

●男性=4歳・13歳・25歳・42歳・61歳

●女性=4歳・13歳・19歳・33歳・37歳・61歳

 

が厄年とされていることが多いです。

 

一般的に今の厄年と判断される年齢は地位や役割の移り変わりの時期といった考え方があるようです。

 

例えば男性では男性の厄年として25歳といえば「働き盛り」の時期でもあって、女性の厄年19歳は「結婚や出産」をする時期とも重なっています。

 

男性の42歳や女性の33歳は大厄とも言われ、その前後の歳にも災厄が及ぶとされています。

 

大厄の前年の41歳や32歳を前厄、大厄の当年は本厄年、大厄の翌年の43歳や34歳を後厄といいます。

 

本厄の前後1年ずつの前厄年、後厄と合わせて3年間は災難に遭いやすい時期としています。

 

大厄はもっとも大きな災厄を呼びやすい年齢だと言われ、42歳は「死に」33歳は「散々」というように語呂合わせでもそのように言われているとされています。

 

これらの厄年はすべての神社仏閣で共通して厄年とされる年齢というものはなく、中には数え年ではなく満年齢にもとづくケースもあります。

 

男女それぞれの年齢にもとづいて災厄に遭いやすい年齢になると厄除けなどが行われます。

 

神社仏閣では男性が大厄の場合、女性は小厄、女性が大厄の場合には男性は小厄年として男性も女性も同じ年齢を厄年とする場合もあります。

 

科学的な根拠がないままに信じられているのは、これらの年齢では男女ともに人生に転機を迎えやすい時期であるからと思われます。

 

Sponsored Link

 

厄年の年に行うこと

 

厄年の年に行うことは「厄払い」というお祓いをしてもらうことのが一般的です。

 

厄年を気にしていない人であれば、特に何もする必要もありません。

 

厄年という年齢をどう受け止めるかはそれぞれによって違います。

 

厄年ということに対してどうしても不安があるのであれば、厄払いをすることで精神的に安心感が得られます。

 

厄払いは神社やお寺で5,000円から10,000円くらいでお祓いがしてもらえます。

 

厄払いをする場合、普通は近くにある神社で行うことが多いですが、人によっては有名な神社でお払いを行う方もおられます。

 

厄払いは有名な神社ほどそれだけ待ち時間や混雑、予約状況なども考慮に入れておいた方がよさそうです。

 

次に厄払いにはいつ行けばいいのか。

 

通常は本厄の歳だけ厄払いをするのが一般的です。

 

人によっては前厄・本厄・後厄の3年間毎年厄払いをされる人もいるようですが、決して前厄・本厄・後厄と3回必ずしもしなくてはいけないということはありません。

 

厄年として厄払いをしてもらう時期は基本的に元旦から大晦日までの一年間ならいつでも大丈夫です。

 

しかし、一般的には新年早々や年始から節分までの間などと言われているようです。

 

確かに新年早々に厄払いをやってもらえば、気持ちを新たに一年を気持ちよく過ごせそうですね。

 

ちなみに「厄払い」と「厄除け」は基本的には同じ意味です。

 

厄払いは神社、厄除けはお寺でご祈祷を受けます。

 

どちらを選ぶかは信仰や地域や家族の風習によって違ってきます。

 

また、子どもにも厄年があるようですが、子どもの場合、初宮参りや七五三などでお参りをすることで厄払いになります。

 

Sponsored Link

 

厄年の過ごし方、やってはいけない事など

 

059973

 

「厄年にしてはいけないこと」というのがあります。

 

悪い状況に陥らないためにもやってはいけないことを知っておいた方がいいでしょう。

 

そんな厄年にしてはいけないことをここではいくつかご紹介させて頂きます。

 

●新しい事を始めない

引っ越しや家を建てる、転職など今までと違ったことを始めるという意味ですね。

 

 

●働きすぎない

疲れやストレスが増えて体調がおかしくなってしまう。厄年の年齢にはとくにその傾向が大きいといわれます。

 

 

●後ろ向きにならないようにする

なるべく、前向きに過ごすようにすることで運気を持ち上げるようにします。

 

 

厄年には気の流れをよくしながら「運気が下がる」というよりも「運気をためる」といったように考えるように考えた方がいいようです。

 

また、物事は慎重に考えるようにすればいい年を過ごせることも多いようみたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: