古希祝いのプレゼントおすすめ

neta-life【ネターライフ】

古希祝いのプレゼントと金額の相場!メッセージ付でお祝いしよう!

読了までの目安時間:約 13分

 

生涯に一度だけ訪れる古希。

 

相手に喜んでもらえるものをプレゼントしたいですよね。

 

中には「古希って言葉を聞いたことはあるけれどどんなお祝い事なのか分からない」という人もいるでしょう。

 

今回は、古希の意味や古希祝いのプレゼントの金額の相場、定番のプレゼントやおすすめのメッセージカードなどを紹介します。

 

古希のお祝いを控えている人もそうでない人も、是非参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

古希とは?

 

古希とは祝い年のことです。

 

「還暦=60歳(数え年61歳)」はよく知られている祝い年ですが、古希は「70歳で数え年を迎える年」のことです。

 

数え年で70歳ですので、満年齢で言うと69歳の年になります。

 

古希の由来は、中国の有名な詩人に「社甫」という人物の詩が関係しており、社甫の書いた「曲江」という詩の中の一文である

 

「人生七十古来稀」が由来だと言われています。

 

昔の人は長生きをしても50歳くらいで生涯を終えると考えられていました。

 

還暦を迎える人もなかなかおらず、70歳を迎える人は稀でしたので、70歳を迎えたお祝いを「古稀(こき)」と呼び、お祝いをするようになったと言われています。

 

昔は「古稀」と書き、「稀」という漢字が使用されていましたが、現在は「古希」と書くことがほとんどです。

 

Sponsored Link

 

古希祝いのプレゼントの定番は?

 

「古希祝い=長寿のお祝い」ではありますが、長寿のお祝いだからと言って年配向けのアイテムを選ぶのも気が引けるという人もいるでしょう。

 

古希祝いであることを意識し過ぎず、本人の喜ぶものをプレゼントしてはいかがでしょうか?

 

なお、古希祝いでは昔から紫色のものを贈る風習がありますので、紫色のアイテムを贈ることをおすすめします。

 

プレゼントは物だけでなく、旅行や食事なども良いでしょう。

 

親族が集まる機会もなかなかありませんので、親族が集まってくれるのが何よりも嬉しいという人も多くいます。

 

皆からの「おめでとう!」「いつまでも元気で長生きしてね」などの言葉だけで十分だという人もたくさんいます。

 

「贈り物をしたいけれど何を贈ったら良いのか分からない」という人は、縁起の良いものを選ぶと良いでしょう。

 

例えば「フクロウ」は「不苦労」と書くこともできることから、縁起の良い動物として人気が高いと言われています。

 

フクロウをあしらった商品も数多くありますので、古希を迎える人の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

 

古希祝いのプレゼントの相場は?

 

古希のお祝いのプレゼントの相場ですが、古希を迎える人との血縁によっても異なります。

 

例えば、自分の両親であれば相場は30,000円前後となっており、祖父母であれば10,000円~30,000円、親戚であれば10,000円が妥当だと言えます。

 

また、プレゼントしたい商品が自分の予算を上回っているときには、家族や兄弟でお金を出し合ってプレゼントするのもおすすめです。

 

質の良い商品はどうしても高価になりますので、協力し合って喜んでもらえるものを贈るのも良いでしょう。

 

なお、旅行や食事をプレゼントにするときには、古希を迎える人はもちろん、周りの家族の予定もあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

旅行の予約をするときには、古希祝いであることや年配の人がいることを宿泊先に伝えておきましょう。

 

旅行は旅費や交通費などプレゼントよりも多くのお金が必要となることもありますので、周りの人と協力して計画すると良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

古希祝いに贈りたい!おすすめプレゼント3選

それでは実際に古希祝いにおすすめの品をいくつかご紹介したいと思います。

 

おじいちゃん、おばあちゃん共に喜ばれるものを厳選しましたので是非参考にしてみてください!

 

今治ジャガード織り3重ガーゼパジャマ

古希祝いにおすすめのプレゼントひとつ目は、今治ジャガード織り3重ガーゼパジャマです。

 

 

 

日本で製造されており、素材は綿100%で3重ガーゼを使用しています。

 

肌触りが非常に良く、前開きで着替えも簡単にできます。

 

春、秋、冬におすすめのパジャマです。

 

カラーは「プラムオリーブ」「マルーンメロン」の2色展開となっており、落ち着いた色味が人気を集めています。

 

サイズ展開も豊富なため、体型に合ったベストなサイズを選ぶことができます。

 

お母さんの古希祝いのプレゼントにおすすめですよ。

 

女性用だけでなく、同じシリーズの男性用もありますので、両親にお揃いでプレゼントしても良いでしょう。

 

 

 

オーダーメイドの名前ポエム

古希祝いにおすすめのプレゼントふたつ目は、オーダーメイドの名前ポエムです。

 

 

 

縁起の良い「フクロウ」の絵が描かれ、古希祝いの人の名前で詩を作成してもらうことができます。

 

フクロウの頭には、お祝いの色に合わせて頭巾が描かれており、とても可愛らしい仕上がりになっています。

 

なお、希望する写真を挿入してもらうことも可能です。

 

一人の名前を入れるときにはフルネームで、二人の名前を入れるときには下の名前で作成されます。

 

「おめでとう」「ありがとう」の気持ちを伝えることができますし、世界に一つだけの思い出に残るプレゼントになりますよ。

 

オーダーメイドで作成できるため、非常に人気を集めている商品です。

 

記念日新聞付きの名入れ酒

古希祝いにおすすめのプレゼント三つ目は、記念日新聞付きの名入れ酒です。

 

お酒を飲む方だったらいいでしょう。

 

また、お酒と一緒に70年前の新聞がセットになった大変珍しい商品もあります。

 

一升瓶は職人が薄紫色に染め上げた洗練されたデザインで、ラベルは手すき和紙にメッセージを記入してもらうことができます。

 

世界に1本だけのオリジナルのお酒が作れるのです。

 

なお、日本酒には金箔が入っているため、お祝いにも最適です。

 

さらに、新聞は日付を指定することができます。

 

古希を迎える人の誕生日にしたり、結婚記念日や初孫の生まれた日などを選ぶこともできますよ。

 

あらかじめ思い出に残っている日を聞いておき、その日の新聞を選べば喜ばれること間違いなしです!

 

これらのサービスは実用新案を取得しており、他店にはない独自のサービスとなっています。

 

お届けまでの日数は、最短で翌日~遅くても5日程度で到着しますので、急ぎの場合でも安心です。

 

これだけのサービスがついて2万円以下で購入できる商品はなかなかありません。

 

お酒の好きな人に是非おすすめしたい商品です。

 

メッセージカード付きのテディ古希ベア

 

古希祝いに気持ちを伝えるおすすめ商品は、メッセージカード付きのテディ古希ベアです。

 

 

 

可愛らしいくまのぬいぐるみが古希祝いのちゃんちゃんこを着用しています。

 

古希祝いでは古希を迎える人に紫色のちゃんちゃんこをプレゼントすることもありますが、年より扱いされることを嫌う人もいるのが現状です。

 

そこで、ちゃんちゃんこをプレゼントするのではなく、ちゃんちゃんこを着用したぬいぐるみをプレゼントしてはいかがでしょうか?

 

紫色のちゃんちゃんこを着用していることから古希のお祝いであることが伝わり、「これからも長生きしてね」という気持ちも伝えることができます。

 

なお、メッセージカードを無料で付けることができ、3種類から選ぶことができます。

 

見た目もかわいらしく大きさもちょうどいいので飾る場所を選ぶ必要もありません。

 

合わせて花束などを贈るのもおすすめですよ。

 

 

古希祝いに贈りたいプレゼントはありましたか?

 

古希祝いには紫色のプレゼントを贈る風習がありますが、色々な商品があります。

 

また、飾る物だけでなく、お酒や旅行などをプレゼントするのもおすすめです。

 

予算や定番のプレゼントを参考に、古希を迎える人に喜んでもらえるプレゼントを探してみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: