大食いや早食いのコツ!たくさんの量を食べる秘訣はコレだ!

大食いや早食いを仕事にしている人をテレビで見たことはありませんか?

同じ人間なのにどうしてこうも食べる量が違うのか疑問ですよね。

そして「バイキングや食べ放題のお店ではあっという間に元が取れるんだろうな・・・。」と一度は羨ましく思った経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回は大食い・早食いのコツやたくさんの量を食べるための秘訣について解説します。

Sponsored Link

大食いのメカニズム!なぜ太らないの?

たった一食で成人男性の1日の平均摂取カロリーを大幅に超えるような食事をしたり、重さが数キロあるデカ盛りをぺろりと完食したり・・・。

見ているだけでお腹いっぱいになるような食べっぷりですよね。

また、大食いの人はやせ型の人が多く、たくさん食べるからと言ってお相撲さんのような大きな体型の人はめったにいません。

むしろテレビや動画サイトで見る大食いの人は、やせ型の人が多いように感じます。

大食いの人が一度に大量の食事を食べることができるのも、食べても太らないのも、「消化器官の働きの違い」が関係していると言われています。

通常であれば、人間は食べると血糖値が上昇し、食べたものを体内に吸収してエネルギーに変えます。

一方で、大食いの人は食前と食後の血糖値を比べてもほとんど変わらないことが分かっています。

つまり、食べ物が体内に吸収されにくいことから、いくら食べても太らないと考えられます。

 

さらに、大食いの人は胃の「ぜん動」の働きが活発で、胃に入ったものをすぐに腸に送り出します。

腸には善玉菌の一種であるビフィズス菌がいますが、大食いの人はビフィズス菌の量が健常者のおよそ2~4倍いるとも言われています。

ビフィズス菌が多いことで排便がスムーズに行われ、胃や腸に食べ物が残る時間が少ないのです。

なお、大食いの人のメカニズムには諸説ありますが、これらはあくまでも”体質”であり、病気ではありません。

全く同じ量を食べたとしても、太らない人がいれば食べた分だけ体重が増える人もいます。

大食いでない人が「大食いになりたい!」と思っても体質を変えることは不可能ですので、無理に食べるのは禁物ですよ。

大食いの人には大食いのメカニズムが、健常者には健常者のメカニズムが存在しているのです。

Sponsored Link

たくさん食べたい!大食いのコツ・秘訣3つ

バイキングや食べ放題といった所に場合、どうせならいっぱい食べたいですよね。

大食いでない人がたくさんの量を食べるには、ちょっとしたコツがあります。

ここではたくさん食べるための方法を3つご紹介します。

租借(そしゃく)回数を減らすこと

大食いの人が「カレーは飲み物」と言っているのを聞いたことはありませんか?

食べ物を食べ始めてから、脳内の満腹中枢が刺激されるまでにおよそ20分の時間がかかると言われています。

よく噛んでゆっくり食べることでダイエットにつながるというのは、満腹中枢を効率良く刺激するためなのです。

つまり、租借回数を減らしてできるだけ早く食べることで、満腹中枢が刺激される前に多くの量を食べることができます。

極力水分を摂らないこと

大食いの人が水やお茶で食べ物を流し込んでいる光景を目にしたことがある人もいるかもしれません。

しかし、水分で流し込むのは実はあまりおすすめできません。

というのも、水分を摂取すると胃が膨れてしまい、満腹感を感じやすくなってしまうからです。

たくさん食べたいときには、水分の摂取は極力控えるようにしましょう。

空腹の状態で食べないこと

「たくさん食べたいのに空腹の何がいけないの?」という声が聞こえてきそうですね。

では、あなたはこんな経験がありませんか?

「極限までお腹が空いていた状態でご飯を食べたら意外と入らなかった。」

「すぐにお腹がいっぱいになった。」

これは、長時間胃の中が空っぽだったことによって、胃が縮んでしまっているからです。

胃が縮んだ状態のときに食事をすると、食が細くなってすぐにお腹がいっぱいになったり、いつもより食事量が減りやすくなります。

ダイエット中には最適かもしれませんが、大食いをしたいときには前日に消化の良いものをたくさん食べて胃を広げておくことが大切です。

食べる順番に気を付けること

フードファイターの間では基本中の基本ともいわれているコツです。

たくさん食べたいときには、お肉や油ものではなくまずは野菜から食べるようにしましょう。

野菜が胃袋の中でクッションの役割を果たしてくれます。

そして、お肉を食べるときにはさっぱりとした味付け・部位から選んで食べるのがポイントです。

牛肉など脂身の多い部位から食べてしまうと、胃もたれの原因となってしまいます。

大食いをする数日前から食べる量を増やすこと

前の日に食事の量を減らすと胃が縮んで食べる量が減ってしまうと説明しましたが、逆もまた真なりです。

つまり、前日まで意識して食べる量を増やして胃を広げておくことで、いつもよりも多く食べることが出来るのです。

ただし、無理をして食べ過ぎると胃もたれになってしまいます。

消化の良いものを食べて、徐々に量を増やすようにしてくださいね。

1週間前から食べる量を調整し始めると無理なく食べる量を増やせるはずです。

大食いの途中で満腹になったら?

大食いの途中で満腹になったときには、頭の中で梅干しやお酢、レモンなどの酸っぱいものを想像してください。

酸味のある食べ物は唾液の分泌量を促す作用があります。

唾液が増えることで消化が良くなりますので、満腹になってもしばらくするとまた食べることができるようになります。

また、同じ食べ物を食べ続けて満腹を感じた場合には、好きな飲み物を飲むのもおすすめです。

飲み物で味に変化をつけ、口の中をリフレッシュすることで食欲がわいてくることがあります。

Sponsored Link

早く食べるコツってあるの?

早く食べるコツは、何といっても「水で流し込むこと」です。

たくさん食べるときにはタブーの方法ですが、早食いのように短時間で食べ終わらなければならない場合には有効な手段です。

水で流し込むことで口の中の食べ物を一気に流し込むことができます。

ただし、水で流し込む方法は「飲む」感覚で食べることになります。

租借回数が少ないまま飲み込むと窒息する危険性がありますので、少し噛んでから水を飲むようにしましょう。

また、早食いは体に悪影響を及ぼす危険性がありますし、フードファイターでも死に至る可能性がある危険な行為です。

早食いに挑戦するときには決して無理はしないでくださいね。

大食いや早食いの注意点!

大食いや早食いは体に良いものではありません。

まず大食いは体質のひとつですので、普通の人が大食いになろうと思っても不可能なのです。

無理をして食べ続けたことでキャパオーバーしてしまっては自分が辛いだけです。

最悪の場合、病院にお世話になってしまう可能性も考えられます。

大食いに挑戦するのは個人の自由ですが、お腹がいっぱいになったと感じたら無理に食べないようにしましょう。

そして、早食いは血糖値を急上昇させる要因となってしまいます。

さらに、租借回数を減らして食べることで消化するまでに時間がかかってしまいます。

租借回数を減らして食べるということは、それだけ消化器官に大きな負担を与えることになります。

また、胃もたれや胸焼け、腹痛が起こりやすくなりますので、大食いと同様に決して無理はしないようにしてくださいね。

まとめ

 

大食いはちょっとしたコツを実践するといつもより食べる量を増やすことができます。

バイキングや食べ放題のお店に行くとき、大食い大会に出場するときなどに是非試してみてくださいね。

そして、早食いは租借回数を減らして水分を摂りながら飲み込むことで食べるペースを速めることができます。

いきなり行うと非常に危険ですので、まずは柔らかい食べ物から練習することをおすすめします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.