宝くじを当てる方法

neta-life【ネターライフ】

宝くじの当たる確立が高い買い方とコツ!当てる秘訣はコレだ!

読了までの目安時間:約 11分

 

毎年、年末になると、「年末ジャンボ~♪宝くじ~♪」とい聞き覚えのあるフレーズのCMを頻繁に目にしますよね。

 

毎年宝くじを買っているという人もいれば、昔、一回くらいは買った事あるけど、今はもう買ってないという人もいると思います。

 

すべて運で決まるように思える宝くじですが、実は宝くじが当たる確率を高くする買い方やコツがあるんです!

 

何もやらないよりは効果があるかも・・ですよ。

 

今から宝くじを買おうと思っている人は、ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

Sponsored Link

 

バラと連番どっちで買った方がいいの?

 

宝くじを10枚以上購入する時に、「バラで買おうか?」「連番で買おうか?」と悩んだ事がある人もいると思います。

 

バラと連番にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

連番で購入すると、一等賞以外の「前後賞」が当たる確立が高くなるので、金額は一等に比べると安くなるものの、宝くじに当たる可能性は高くなります。

 

ただ、連番の場合、当たりの確認をする時にすぐにハズレだとわかってしまうので、宝くじの醍醐味でもあるワクワク感があまり楽しめません。

 

一瞬で終わってしまいます。

 

その点、バラで買った場合は、買った枚数分だけ当たりの可能性があるので、当たりを確認する最後までワクワク感を楽しむ事ができます。

 

ただ、前後賞が当たる確立は連番よりも低くなってしまいます。

 

「一等ではなく前後賞でもいい」という人は連番、「一等を狙いたい」という人はバラで購入する事をおすすめします。

 

Sponsored Link

 

「縦バラ」という買い方もある

宝くじでバラを買う時には「縦バラ」という買い方もあります。

 

この縦バラはバラでも前後賞が狙えるというもので、組数と番号が連番になるようにバラで宝くじを買うやり方です。

 

こういう買い方をすると、宝くじの番号がバラバラでもきちんと連番になるんです。

 

この買い方を知っている人はそれほど多くありません。

 

理由は、売り場によっては対応できない店舗もあるからです。

 

小さな売り場よりも大きな売り場の方が、売っている宝くじの枚数も多いので、対応してくれる可能性が高いです。

 

一度お店に確認してみましょう。

 

当たりが出やすいお店で購入すると、確率が上がる?

 

宝くじの当たりが出やすいお店って全国各地にありますよね。

 

「たまたま偶然なんじゃない?」という気もしますが、よく当たると評判のお店では「今年も連続で一億円が出ました!」なんて宣伝している店舗もありますよね。

 

人気店の中には、宝くじ売り場に「大黒」や「恵比寿」などの縁起の良い名前の店員さんが居るので、ゲンを担いでそのお店で買う、という人もいます。

 

実際のところはどうなんでしょうか?当たり易いお店は実在するんでしょうかね?

 

実は答えは単純で、この当たりが多く出るお店というのは、他の店舗よりも購入者が多いので、その分当選する確率が高くなっているだけなんです。

 

宝くじには1,000枚に一つは当たりが必ず入っています。

 

なので、一日に100枚しか売れないお店と、一日に1.000枚売れるお店なら、1.000枚売れるお店の方が当然当たりが出る可能性も高くなるという訳なんですね。

 

ただ、その分ハズレの数も多いので「当選の確率が高くなる」という訳でもないんです。

 

ただ、小さい店舗の場合、仕入れの段階で1,000枚以下の場合もあります。

 

つまり最初から店舗に当たりの宝くじが置いてない可能性もあるんです。

 

その場合はどんなに祈っても、買い方を工夫しても、たくさん買っても当たりは出ない事になってしまうので、「1,000枚以上置いてあって、当たりの宝くじがある人気の店舗」で購入した方が人気のない店舗で買うよりも当選の確率は高くなります。

 

Sponsored Link

 

当たり易い枚数ってあるの?

 

たまにテレビの宝くじ売り場の取材で「100枚くらいまとめて買ったよ!はっはっは」なんて言っているリッチなおじさまを見かけたりしますが、やっぱり枚数を多く買えば買うほど当選の確率は上がるのでしょうか?

 

実際、宝くじが当たった人はどのくらいの枚数を買っているのでしょうか?

 

実は意外にもそんなに爆買いをしている人はほんの一握りで、ほとんどの当選者は庶民的な枚数しか購入していないんです。

 

多くても30枚、少なくて10枚、こんな感じです。

 

つ・ま・り・・当たるか当たらないかは「運」が大きいって事ですな!やっぱり。

 

当選者の多くは継続して宝くじを買い続けている

 

「買わなきゃ当たらない宝くじ」わかっていても、ハズレばっかりが続くと「やっぱ宝くじなんて当たるわけない」とあきらめてしまう人がほとんどです。

 

宝くじに使うお金があるなら、他の事にお金を使った方が賢い!という考え方になってしまうんですよね。

 

でも、当選者の多くはハズレが続いても、あきらめずに長年買い続けているんです。

 

なんと当選者の7割が10年以上もの間ずっと買い続けているんだとか。

 

この結果を見ると、あきらめずに続けていると良い事があるかも・・とちょっと期待したくなっちゃいますよね。

 

当たる確立が高い宝くじとは?

 

「一億円ほしいとは言わない。100万でも10万でも5万でもいいから当選したい・・」そう願っている人も多いですよね。

 

確かに、金額が大きくても可能性の低いものより、金額は小さくてもより当たる可能性の高いものの方が現実味があって、当たりそうな予感がしますよね。

 

ちまたではいろんな種類の宝くじが売られていますが、当たり易い宝くじというのはあるんでしょうか?

 

スクラッチ

手軽に買ってその場でスクラッチを削ったら、すぐに当たりがわかるスクラッチ。

 

1枚200円と値段も手ごろで購入しやすいですよね。

 

スクラッチの当選確率は、その時の当選金額や本数などによっても違いますが、だいたい一等1,000万円の場合は100万分の1程度で、一等が数十万円程度の場合は15万分の1程度です。

 

年末ジャンボなどが2000万分の一の確率なので、それと比べると、当選確率はグンと高くなりますね。

 

ナンバーズ4

毎日購入できるという宝くじ好きにはうれしいくじ。

 

4桁の数字と申し込みタイプを選んで購入します。

 

4桁の数字がと並びの順序は一致した場合は、当選金額が90万円で、当選確率は1万分の一。

 

そして4桁の数字のみが一致した場合は3,7500円の当選金額で一万分の24の確率になります。

 

TOTO

サッカーが好きな人は特に興味があるかもしれません。

 

Jリーグの試合を予想し、チームの勝ち負けによって当選順位が決まります。

 

一口100円から購入でき、一等は2億円で当選確率は160万分の1です。

 

他の宝くじに比べて、TOTOはJリーグのチームの戦力を研究する事で当選確率を上げる事ができます。

 

サッカーが好きで詳しい人なら、楽しみながら当選確率を上げる事ができるのでおすすめです。

 

ロトやTOTOなどの宝くじには、さらに当選金額が少なくて当選確率の高いミニタイプのものもあります。

 

金額にこだわらず、「一度でいいから宝くじに当たってみたい」という人や、より当選確率を上げたい人はミニタイプもおすすめですよ。

 

まとめ

「この宝くじに自分の人生をかけるんだ!」と意気込んで買うのはおすすめしません。

 

ハズレた時のショックが大きいし、その分継続して買い続ける気力もなくなってしまうからです。

 

「夢を買ってるんだ」と思って、「当たってたらいいな~」くらいの気持ちで、気長に買い続ける事が、当選への一番の近道かもしれません。

 

今年の宝くじはどうしますか?

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: