当日消印有効とは?何時までに出せばいい?

1061
応募書類、応募はがきを出す場合には締切日必着のものと当日消印有効のものの二つがあります。

消印有効の意味を間違えて覚えてしまっていたりしませんか?

もしかして今までの出し方が間違っていたために提出が認められていなかったなんてこともあるかもしれません。

もう一度確認し、当日消印有効を便利に使いましょう。

Sponsored Link

当日消印有効の意味は?

消印とは、郵便切手やはがきが使用済みであることを示し、無効化して再使用できないようにするためのものです。

効力を消すから「消印」と呼ばれます。

また、「この日の何時にどこの郵便局で消印を押しました」という情報も消印には含まれます。

そのため当日消印有効とは、「締切として設定したその日までに消印を押されれればOK」、つまり「その日までに郵便局で事務処理されればOK」となります。

ポストに出すだけではダメ?

1062

この「事務処理されれば」ということがポイントになります。

締切の日に書類をポストに出したとしても、すでに集荷が終わっている場合、出した書類は次の集荷の日までポストの中にいることになるため事務処理されません。

なので、こういうときには締切日に出したとしても消印が押されるのが次の日以降になり、「間に合わなかった」ということになります。

全国全てのポストは平日であればその日の朝8時以降に集荷を行うことになっています。

ですので、朝8時までにポストにハガキ・書類を出せば確実にその日の消印が押されます。

都内や、大きな街では合わせて3-4回ほど集荷を行うことになっているポストも多いです。

ポストのどこかに集荷の目安の時間が書いてあるので、朝8時以降に出す場合にはいつ集荷が行われるか確認しましょう。

ただ、厳密にその時間に回収に来れるわけでは無いので、30分ほど早まることは充分にありうる話ですので余裕を持ってポストに投函しましょう。

もし集荷予定時間の5分前などの投函になってしまったら、投函せずにポストの目の前で郵便局員さんが集荷に来るのを待つのもいいでしょう。

Sponsored Link

郵便局に直接持っていく場合は?

郵便局に直接持って行ってもその日の消印を押してくれます。

町の小さな郵便局は5時に閉まってしまうことが多いですが、中央郵便局は24時間やっているところが多いですし、他の大きな郵便局でも夜8時くらいまで窓口が開いている場合が多いです。

近くの郵便局の営業時間を確認してみましょう。

中央郵便局の場合、23:50に持っていったとしてもその日の消印を押してもらえるので安心です。

十分な余裕を持って書類・ハガキを出したいですが、やはりギリギリにならないと出すのを忘れてしまったりしますよね。

消印有効の書類を出すときはこれらの点をことを押さえて便利につかいましょう。

Sponsored Link

2 Comments

きの

ありがとうございます!
小説の応募の際に「当日消印有効」と書かれてあり、何の事か分からず頭を抱えましたが、これで安心です!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA