怖い夢を見ない方法!悪夢を見ないで寝るにはこれしかない!

皆さんは夢って見ますか?

私はしょっちゅう夢を見ています。

その中でも厄介なのが、怖い夢

せっかく気持ちよく寝てたらと思ったら、いつの間にかに怖い夢が始まって、そしてうなされ、怖い夢もクライマックスを迎えようとしたところで「はっ!」と起こされます。

「夢か…」と安堵すると同時に、夢の中で起こった怖い現象を引きずってその後が怖くなったり、眠れなくなったりしちゃうんですよね。

本当に心臓にもよくないですし、眠りを妨げたり、嫌な気分になる本当に余計な夢。

どうにか見ないようにする方法なんてないんでしょうか?

ということで、今回は怖い夢を見ないようにする方法方法について調べてみました!

お子さんが怖い夢を見て起きてしまうという場合にも参考になると思いますので是非ご覧ください。

Sponsored Link

怖い夢ってなぜ見るの?原因をメカニズムから解説!

怖い夢を見ないようにするためには、まず怖い夢を見る原因、メカニズムを理解することが大事です。

怖い夢を見るのかも分からないまま対策を練っても意味ないですからね。

それではなぜ怖い夢を見るのか見ていきましょう。

夢を見るメカニズム

実は夢を見る目的やメカニズムと言うのは現在でも明確なことが医学的にも証明されていません。

一説では「記憶の整理」によって夢を見るというのが有名ですが、これも定かではありません。

それだけ睡眠、夢というのは非常に謎が深いものなんですね。

ただ、怖い夢、いい夢に関わらず夢を見る身体の状態は同じです。

皆さんもレム睡眠、ノンレム睡眠と言う言葉を一回は聞いたことがあるかと思いますが、睡眠はこの二つの状態を繰り返しながら行っています。

もちろんどちらの状態でも夢は見るのですが、怖い夢や良い夢などを見るのは主に記憶に残りやすいレム睡眠で眠りが浅い状態で起こると言われています。

 

レム睡眠時に怖い夢を見るということはここが怖い夢対策の鍵になる事は間違いないですね。

怖い夢を見る理由とは?

なぜいい夢を見るときと悪い夢を見るときに分かれているのか気になりますよね。

正直毎回いい夢を見れるのであれば、毎日夢を見てもいいのにと思っちゃいます。

怖い夢を見る理由ついても先ほど解説したとおり、夢については詳しい仕組みは分かっておりません。

ただし、怖い夢を見る人にはある共通点があります。

・日常生活のストレス

 

・何かに不安や恐怖を抱いている時

 

・心的外傷後ストレス(恐怖体験や衝撃的なものを見た後のストレス)

 

・寝苦しい体制で寝ているとき

 

・生活習慣の乱れ(ホルモンバランスの乱れ)

 

・怖い話、怖いものを見た

 

・飲酒・暴飲暴食

ざっと挙げただけでもこれだけの説があり、どれも怖い夢を見るには十分な理由があります。

これらのどれも共通しているのが眠りの質を悪くするという事です。

眠りのリズムが悪くなり、レム睡眠の状態が長くなると夢を見やすくなります。

プラス、こういった心身的なストレスや身体の外的なストレスがかかる事で嫌な夢を見るということですね。

Sponsored Link

怖い夢を見ないようにする方法

皆さんは上記の怖い夢を見る理由で挙げた原因で当てはまるものはありましたか?

もしいくつか思い当たる原因があるのであれば、まずはそれをしっかりと解消する事が大切ですね。

その上で怖い夢を見ないようにする一番大切な方法は、やはり深い眠りにつくと言う事です。

そして夢を見やすいレム睡眠時間を短くし、ノンレム睡眠時間を伸ばす事が大事です。

その具体的な方法をいくつかご紹介します。

睡眠環境を見直す

自身の寝具は本当に体に合ってますか?

明かりや音などがうるさくないですか?

パトーナーの寝相やいびきなどで眠りを妨げられていませんか?

こういったことがあると質のいい睡眠をとることができません。

特に寝苦しい体制や寝づらい環境になっている場合は怖い夢を見やすい状況になります。

ですので、怖い夢を見ないようにするには暗く静かな環境でリラックスできる寝具でゆっくりと眠り快眠するの基本です。

まずはこれら睡眠環境を整えましょう。

今や寝具屋さんなどに行けば自身にあった布団や枕などを調べてくれますので、自分に合った寝具を探しましょう。

眠る前の飲食に気を使う

眠りと飲食には深く関わりがあります。

食事の時間や内容によって眠りの質を大きく下げます。

特に注意して欲しいのが、

・カフェイン

・アルコール

・刺激物(辛いもの)

・高脂肪の食事

・甘いもの

この5つの食事です。

これらを寝る前にとってしまうと、確実に睡眠の質を低下させます。

ですので、上記のものは夕飯時に摂取しないようにするのが原則です。

夕飯といっても各自時間が違うとは思いますが、遅くても寝る5時間以内に摂取するのはやめておきましょう。

あとこれらを摂取していなかったとしても、寝る直前の食事は睡眠の質を低下させます。

少なくても寝る3時間前には夕飯を終わらせておくといいですね。

アルコールの場合は多少であれば問題はありませんので、飲みすぎには注意しましょう。

軽い運動を行う

運動不足の方の場合も質のいい睡眠をすることができません。

身体に適度な疲労感を与える事でよりいい睡眠に導きます。

皆さんも一日体を動かして疲れたときなどはぐっすり眠れますよね。それと同じです。

ですので、定期的な運動習慣がない人はウォーキングなどの軽い運動でもいいので始めていきましょう。

できれば一日30分~1時間程度は有酸素運動ができればベストですね。

また、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動はストレス解消にも効果があります。

これは科学的にも有酸素運動は抗うつ効果やストレス解消効果があると立証されていますので、ストレスからくる怖い夢をみるというのにも効果的ですね。

生活習慣を整える

毎日夜更かししていたり、寝る時間、起きる時間がバラバラという人もいい睡眠をとることができません。

また、ストレスを感じやすい体を作ってしまう可能性もありますし、睡眠のリズムも狂うので余計に夢を見やすく怖い夢も見やすい状況を作っています。

極力、規則正しい生活を送り、睡眠リズムを整えていきましょう。

そうすることで深い良い睡眠をとることができ、夢を見る回数も減っていくでしょう。

Sponsored Link

子供が怖い夢を見ないようにするにはおまじないもあり?

実は大人に比べて子供の方が夢を見ることが多いのです。

それは大人に比べ、レム睡眠が長いため夢を見る機会が多くなるのです。

また、それに加えて子供の場合は刺激を受ける機会が多いのでそれも影響しています。

そんな夢を見やすい子供におすすめなのがおまじないです。

日本で有名なのが「バクに夢を食べてもらう」というおまじないです。

もしかしたら一度は聞いたことがあるかもしれませんが、バクという昔から夢を食べると言い伝えられている空想上の動物がいます。

そのバクに寝ているときに怖い夢を食べてもらうように子供一緒にお願いしましょう。

寝る前に「バクさん、バクさん。怖い夢をお食べください」とか。

 

怖い夢を見て起きてしまった時に「バク、バク、バク」と三回唱えたりとか。

バクに夢を食べてもらうようにお願いするおまじないがあります。

他にも朝起きたら怖い夢をすぐに誰かに話して忘れる。

怖い夢を見たときに枕を裏返して寝るなど、様々なおまじないがあるので子供だけでなく、大人の方も是非お試しください。

まとめ

怖い夢を見ないようにする方法について解説しました。

夢と言うのはまだ謎が深いところも多く、絶対見ないようにするというのは難しいかもしれません。

しかし、総合的に考えて今出来ることについてはとにかく質のいい睡眠をするというのが一番の対策になるのかなと思います。

気持ちよく眠る!これが夢を見ないようにする第一歩です!

質のいい睡眠をとるためにこの記事でご紹介した方法を是非試してみてください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.