枕の向きには意味がある!風水的にどっち向きがいいの?

普段、何気に使っている枕。

だいたいベットや布団の位置によって枕の方向も決まっていますが、みなさんはこの枕の向きを気にした事はありますか?

実は、枕の向きによっていろんな意味があるんですよ。

一般的に良くないと言われている向きや、風水的に良いと言われている向きなどを詳しく調べてみました。

Sponsored Link

北枕は縁起が悪いって本当?

よく昔から「北枕は縁起が悪い」と言われていますよね。

おじいちゃんやおばあちゃんから「北枕で寝るな!」と言われて育った人もいると思います。

祖父母や親に言われた事がなくても、なんとなく「北枕は縁起が悪い」という事は一般的に知られていますよね。

でも、詳しい理由までに知っている人って意外に多くないんです。

そもそも何で縁起が悪いんでしょうか?

お釈迦様が亡くなった時が「北枕」だったから

遠い遠い昔の話ですが、お釈迦様が亡くなった時に頭が北を向いていたそうです。

そのため、その後は、亡くなった人を「仏になって極楽浄土へ行けるように」という意味で、遺体を北枕で寝かせるようになりました。

つまり「北枕→死んだ人と同じ方向」という事になるので、不吉だ、縁起が悪いと言われているんです。

ただ、「お釈迦様が亡くなった時にたまたま北を向いていただけ」と考えると、北枕がそこまで縁起の悪い方角ではないような気もしてきますね。

北枕が縁起が悪いのは日本だけ?

北枕が縁起が悪いというのは日本だけに伝わる迷信のようです。

海外では枕の位置は特に気にしない、という国が多いですし、北枕が逆に縁起が良いとされている国もあるので、一概に北枕が悪いという訳ではなさそうです。

あくまでも日本で言い伝えられてきただけってことですね。

Sponsored Link

風水とは?

風水に興味がある人は、枕の方角などを気にした経験もあると思います。

ただ、「風水?方角で運勢を良くするヤツでしょ?」と何となく知っていても、興味のない人は風水の意味をよく理解していない人もいるのではないでしょうか?

風水とは、元々中国から伝わったもので、気の流れを物の位置で制御したり円滑に流れるようにして、吉や凶を決める考え方の事を言います。

つまり、風水で大事なのは「気の流れ」なのです。

風水は一時期日本でもブームになった事がありますよね。

今ではそれほど注目されてはいませんが、その歴史は古く、日本に伝わったのは飛鳥時代と言われています。

その頃は「風水」という名前ではありませんでしたが、「気の流れ」を意識した考え方は同じです。

風水の考え方は、日本だけでなく世界中の人に知られています。

「風水なんて思い込みでしょ」と信じない人もいますが、国によっては、建物の建設なども風水の考えを参考にして作られている場所もあるくらいなので、単純に「思い込み」だけの風習ではないと言えるでしょう。

「最近、なんか元気が出ない・・」「悪い事ばかりでついてない・・」という人は、一度風水を参考にして運気がアップする方法を試してみてはいかがでしょうか?

実は風水では北枕が良いとされている

風水では北から南に「気」が流れるので北枕の方がいいと言われています。

北枕で寝る事で、寝ている間に「気」を体の中に取り入れる事ができ、エネルギーを新しく入れ替える事ができると言われているのです。

「気」を体内に取り入れる事ができると、よく眠る事ができて目覚めも良くなるので疲労回復にも繋がるそうです。

また、金運や人間関係が良くなる方角とも言われているので、健康面だけでなく、生活する面でもいろんなうれしい事が期待できる方角なんです。

風水で悪いとされている枕の方角はあるの?

北枕が風水的には良いと言うのはわかりましたが、では、逆に悪い方角はあるのでしょうか?

風水では「枕のこの方角が悪い」というのは特にありませんが、方向によって意味が違ってきます。

西

西の方角は、冷静や心の落ち着きを得られる方角と言われています。

なので、より熟睡しやすい方角とも言われています。

しっかり睡眠をとりたい人は西がおすすめです。

東の方角は、発展や情報、若さい満ちたパワーがあり、東を向いて寝る事で、さらに気持ちが上向きになって考え方もポジティブになると言われています。

最近、元気が出ない、という人は東向きがおすすめです。

南の方角は知識や美しさのパワーをもたらしてくれます。

ひらめきがほしい、柔軟性のある考え方をしたい、という場合は南枕がいいでしょう。

Sponsored Link

枕の方角より大事なのは「寝室の方角やインテリア」

風水では枕よりも寝室の方角の方が重要だと考えられています。

朝起きた時に窓から太陽の光がサンサンと降り注ぐと、目覚めも良いし気持ちがいいですよね。

これは気持ちの問題だけではなく、「気の流れ」も関係していると考えられています。

夫婦だけや一人暮らしの場合は、朝、起きた時に窓を開けるようにするだけで、新鮮な空気とともに新しい「気」を呼び込む事ができます。

ただ、親子で住んでいる場合は、この太陽の方角にも気をつけた方がいいと言われています。

太陽の光が差し込む東や南は、子供や若い夫婦で、西や北は太陽が沈んでいく方角なので、親や年輩の人が使った方がいいのです。

これが逆になってしまったりすると、家族関係がギクシャクしたり、子供が自立できなくなったりすると言われています。

寝室の運気をアップさせるには?

寝室の場所を変えたりするのは大変ですよね。

家の作りの関係で難しい場合もあると思います。そんな時は、寝室のインテリアを少し変えてみるだけでも運気アップに繋がります。

運気がアップするもの

金運をあげたい人は、ベットカバーをイエロー系のものにする

さらに緑をプラスすると、健康の運気も上げる事ができます。

カーテンを2重のものにする

運気を外に逃がさないために、カーテンは一重よりも二重の方がいいと言われています。

レースとカーテンの組み合わせがおすすめです。

運気が下がるもの

寝室に鏡がむき出しの状態で置かれていると、寝ている間に鏡に運気を吸いとられてしまいます。

鏡を寝ている姿が映らない場所に移動させるか、鏡が隠れるようにカバーをかけておきましょう。

ぬいぐるみや人形が置いてある

ベットにぬいぐるみなどを置いている人も多いと思いますが、人や動物の形をしたぬいぐるみや人形は寝ている間に「気」を吸い取ってしまいます。

枕元に置くのは最もNG。

「風水」と「昔からの迷信」どちらを信じたらいいの?

今までずっと北枕を避けていた人が風水を始めた時に「どっちを信じたらいいの?」と迷ってしまう事があると思います。

どちらも目には見えない事なので、どれが正しいのか確認しようがありませんよね。

どちらを信じるかはあなたしだい・・という事になってしまいますが、現在では「北枕は縁起が悪い」という考え方を気にしない人も増えてきています。

家の作りの関係でベットや布団の方角が北側になってしまう場合もありますし、人によって考え方は違い、どれが正解というものもありません。

試しに北枕で寝てみて、自分の気持ちや体調に変化があるかどうかやってみてもいいかもしれませんね。

生活のすべてを風水通りにやろうとするとキリがないですし、それがストレスになってしまう事もあるので大変ですが、枕の向きを変えるだけなら気軽に試す事ができますよね。

運気が気になったら、まずは簡単に始める事ができる「枕の向き」を変えてみる事をおすすめします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください