海外旅行の持ち物で液体はどうする?化粧品は大丈夫?

193273

海外旅行に行くことになっても久々だし、実際どう準備したらいいかわからない!という人も案外多いのではないでしょうか?

特に手荷物検査では持ち込み制限があり、ジュースなどの飲み物はその場で飲むか捨てなければならなくなるなんてことも…

折角の海外旅行、ちゃんと準備して快適な時間を過ごしたいですよね。

そこでよくあるのが、同じ液体でもジュースや化粧水は持ち込み可能なのか、医薬品や赤ちゃん連れの場合はどうなのかという疑問。

海外旅行のような長時間のフライトでは飲み物がないと機内で喉が乾いてしまいまし、また機内は乾燥するため、ハンドクリームなどはあった方がいい場合もあります。

今回はそんな機内への液体の持ち込みについて、わかりにくい点を解説します!

Sponsored Link

海外旅行で液体はどうする?スーツケースで大丈夫?

国際線の飛行機に乗る場合、スーツケースなどに入れてカウンターで預ける方法と手荷物に入れて機内に持ち込む方法があります。

液体の持ち込み制限があるのは機内に持ち込む場合のみなんです。

スーツケースならお酒や化粧品を入れておくことができますよ。

100mlを越える飲み物などを手荷物として機内に持ち込む場合に持ち込み制限があります。

検査前に買った飲み物は中身が100ml以下でも、500mlのペットボトルに入っていた場合持ち込みできません。

ただし、事前に準備するかその場で100mlの容器を買い、そこに入れれば持ち込むことができます。

検査後に航空機に乗る前の免税店で購入したお酒・化粧品であれば持って行く事ことができます。

そのため飲み物が飲みたくなった場合には検査までに飲み干すか検査後に購入しましょう。

化粧品が必要な場合には事前に100mlの容器と透明なプラスチックの袋を用意し小分けして機内に持ち込めるようにしておくのがいいですね。

Sponsored Link

どうすれば機内持ち込みできる?

機内に持ち込む時の持ち込み制限についてご説明します。

液体物を持ち込む場合は次のようにしなければなりません。

(1)100ml以下の容器に入れる

 

(2)すべての容器を透明なジッパー付きプラスチック袋(容量1L以下、縦20cm以下×横20cm以下)に入れる

透明なプラスチック袋は持参するか、成田空港内でも販売しているのでそこで購入するようにしましょう。

飲み物や化粧品についてはこれでお分かりいただけたと思います。

次にどういったものが液体物に該当するのかご説明します。

どういったものが液体として該当する?

ジュースやお酒、化粧水などはわかりやすいですが、具体的に液体として該当するものにはどんなものがあるのでしょうか?

結論を言えば水分を含むものは大体液体物扱いになるようです。

いくつか主な例をご紹介します。

【美容品】

・シャンプー

・クリーム

・ヘアワックス

・ジェル

・ローション

・歯磨き粉

・マスカラ

 

…etc

【食料】

・プリン

・バター

・味噌

・漬物

・缶詰

・練りわさび

・こんにゃく

 

…etc

【文房具】

・修正液

・万年筆のインク

・水性絵の具

液体物と間違いやすいものとしてはウェットティッシュ・ボールペンなどがあげられます。

液体でも持ち込めるもの

液体が含むものは何も持ち込めないかと言うとそうではありません。

問題なく持ち込めるものとして、医薬品であれば液体薬・喘息のスプレー・コンタクトの保存液など。

幼児用食品では赤ちゃんにあげるミルク・離乳食などです。

ただし、その場合には検査の際に説明が必要で診断書や処方箋があるとスムーズだとか。

 

いかがだったでしょうか?

液体物の機内への持ち込みについて解説しました。

検査で液体はどうすればいいか、機内に持ち込む時の対応、液体に該当するのはどのようなものか、あらかじめ理解しておくとスムーズです。

海外旅行に行く際はしっかり準備しておきましょう。

機内でも快適に過ごしたいという人は参考にしてみてください!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください