猫 夏バテ 症状

neta-life【ネターライフ】

猫の夏バテの症状は?予防法や対策を紹介!

読了までの目安時間:約 5分

025-148706

暑い季節が近づいてきました。
夏は人間だけでなく猫も夏バテをするってご存知ですか?


猫は汗が出る汗腺が少ないため、人間のように汗をかいて体温調節をすることができないので、人間よりも夏バテしやすいと言えるかもしれません。

 

できるだけ涼しい場所を探して寝転がったり、口と鼻から水分を蒸発させたり、手や身体をなめたりして体温を調節していますが、日本のじめっとした湿度の高い夏は水分の蒸発もうまくいかず、より調節

が難しいため猫にとっては夏バテしやすいとも言えます。

 

猫の夏バテに慌てないためにもどんな症状がでるのか、症状が出た場合にはどんな対策をすればいいのかを確認しておきましょう!

 

もちろん猫の夏バテ防止のための予防策もきっちりしておきましょうね。

 

Sponsored Link

猫の夏バテの症状

猫の体温は基本的に38~39℃と言われていますが、急激に体温が上昇すると、汗腺が少ないことも影響して自分で体温を下げることができないため、命に影響が出てしまうこともあります。

 

夏バテの症状としては、体温上昇とそれに伴う身体の不調が考えられます。
ハアハアと舌を出して荒い息づかいで、いつもよりも体温が上がっていれば、夏バテ(熱中症)の可能性があります。

 

平熱がどのくらいかは常日頃から状態をチェックして、元気なときに測っておくといいですよ。

 

夏バテがひどくなると食欲も減り、水も飲めない状態になることも。
水分補給ができなければ悪化してしまうのでこまめに口元に水を持っていってあげるなどの対処をしてください。

 

泡を吹いていたりなど、重篤な症状がみられる場合には獣医さんにみてもらいましょう。

 

寝てばかりいるイメージのある猫は体力の消耗を防ぐためにじっとしていることもあるのです。
いつもと違う兆候がないか、夏バテになってないか、普段から気遣ってあげてくださいね。

 

Sponsored Link


猫の夏バテ予防・対策

 

夏場の密閉された空間は思っている以上に急激に温度が上昇するものです。

 

代表的なのが車ですが、日の良く当たる室内も同様です。
猫は狭い場所を好むので、例えば押し入れに入ってしまい飼い主がそれに気付かずに閉めてしまった場合には水分補給もできず危険な状態になることも。

 

まずは部屋の出入りをするときには猫の居場所を確認してください。
外出する際には気温が上がることを想定してエアコンをつけておく、クールマットを用意しておく、水分補給ができる場所までの移動ルートを確保しておくなど、あらかじめチェック項目を作っておいて毎回確認するようにするといいですね。

 

 

最後に外出するのが別の人でも分かるようになっているとより良いです。
しっかり対策していても夏バテになってしまうことも。

 

食欲がないなと思ったらドライフードをウェットタイプに変えてあげたり、水を口元にもっていったりなどしてみてください。

 

猫が夏バテかも?と思ったら、まずはとにかく身体を冷やしてあげてください。

0252-illustrain06-neko19

 

また、いざというときのために冷凍庫に保冷剤をいくつか常備しておくと便利です。

 

保冷剤をタオルでくるんで猫の身体にあててあげながら、かかりつけの動物病院へ連絡してください。
慌てずに症状を伝えて、獣医さんからの指示があれば適切に対処してください。

 

ただし、身体を冷やすというと水に濡らすと考えがちですが、血管の収縮につながり血圧が急激に上がる可能性があるので、緊急の場合以外は保冷剤を使うようにしてみてください。

 

人間にとっても猫にとっても、夏バテはやっかいなもの。

ご飯はちゃんと食べられているか、水分はとれているか、おしっこは出ているかなど大切な家族を守るためにも常日頃から平素の状態を把握して、いつもと違うところがないかチェックをしてあげることが
一番です。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: