細い人の食生活

neta-life【ネターライフ】

細い人の食生活!痩せてる人はどんな食事をしているの?

読了までの目安時間:約 11分

 

体のラインが隠れる厚着の服が増える秋冬。

 

つい油断して体重が増えてしまい、いつも夏場が近くなってから焦っている、毎年そんな経験をしている人も少なくないのではないでしょうか?

 

が、しかし!あなたの周りにいませんか?

 

一年中、常に痩せている人!

 

一体どんな食生活をしているのか気になりますよね。

 

今回はそんな細い人の食生活を細かく調べてみました。

 

Sponsored Link

 

細い人には大きく分けて3タイプの「痩せている人」がいる

細い人の食生活気になりますよね...

 

でも痩せていると言っても、皆が皆、ただ痩せているわけではなく、痩せている理由というのも人それぞれです。

 

細い人には大きく分けて3つのタイプの人がいますので、まずはそちらを解説していきます。

 

もともと小食で、無理せずに痩せている人

 

「食べてないのに太っちゃうのよね~」という年輩女性の声をよくききますが、その食生活を見てみると「いや、あなた結構食べてますやん!」という事が結構あります。

 

年齢を重ねると代謝が落ちるので、確かに太りやすくはなりますが、やはり食べた量と体重はある程度比例します。

 

痩せている人の大半は、もともと小食の人が多いんです。

 

意識して食生活に気をつけている人

 

女性に多いタイプで、健康志向の人や、ダイエットをしている人に多いですね。

 

食生活に気をつけている、食べたいけど、無理して食べない。

 

このタイプの人の食生活は、極端に食事制限をしたり、特定のカロリーの低い食品を意識して食べている場合が多いです。

 

人よりも食べるのに痩せている人

 

よく言う「痩せの大食い」という人です。

 

テレビに出ている大食いタレントの人達はこのタイプですね。

 

彼らは、胃の大きさや形が普通の人とは違っていて、食べ物を消化吸収するスピードが格段に違います。

 

一説には腸内細菌が強いために、消化するのが早いとも言われています。

 

どちらにしろ、稀なタイプの人です

 

Sponsored Link

 

もともと小食で無理せず痩せている人の食生活は?

 

今の日本では、一日3食食べるのが当たり前になっていますよね。

 

「特にお腹は空いていないけど、朝、昼、夕はしっかり食べておかなきゃ!」という常識にとらわれて、何となく3食きっちり食べている人も多いと思います。

 

ところが、小食で痩せている人は生まれつき食べ物にあまりこだわりのない人が多く、「お腹が空いたら食べればいい」という感じの人が多いので、「今、あまりお腹は空いていないから」という理由で食事を残したり、一食抜いたりする事もあります。

 

中には好き嫌いや偏食の多い人もいて、出された料理が食べれずに小食になってしまっている人もいます。

 

子供の頃、毎回、給食を残して泣きながら食べている子供におデブちゃんはいなかったはずです。

 

子供の頃の食生活は、大人になってからも継続する場合が多いので、子供の頃にきちんとした食生活をしていなかった人は、大人になってからも偏食が多い傾向にあります。

 

普段から食事の量が少ないと、胃が小さくなるので、普通の人よりも少ない量で満足できるようになるんです。

 

また、「痩せているから揚げ物食べないんじゃない?」「甘いもの食べないんじゃない?」と思いがちですが、意外に揚げ物大好き、甘いお菓子も毎日食べている、という人も結構います。

 

ただ、一日2食とか、3食食べるけど量は少ない、という人が多いようです。

 

一例を上げると、朝は食べない、昼は菓子パン2個、夜はから揚げ定食、のような感じの食生活の人もいます。

 

意識して食生活に気をつけている人の食生活は?

 

意識して食生活に気をつけているという人は、自分の体型を維持するのにストイックな人が多いです。

 

そんな人は流行にも敏感なので、モデルやタレントの食生活を参考にした食生活をしている人も多いです。

 

どんな食生活をしている人が多いのでしょうか?

 

スーパーフードを積極的に食べている

 

少し前からキヌアチアシードなど、スーパーフードと言われる栄養価の高い食材が流行っていますが、これらの食材を意識して食べる事を続けている人も結構います。

 

チアシードはいろんな食材と一緒に食べやすい乾燥タイプのものも販売されているので、手軽に摂取する事ができます。

 

美容や体作りに必要なサプリも摂っている

 

食材からだけでは不足しやすい栄養素はサプリで補っている人も多いです。

 

健康な体に欠かせないビタミン、葉酸、ミネラル類などや、美容に必要なコラーゲンやヒアルロン酸などのサプリを数種類飲んでいたりします。

 

炭水化物を食べない

 

今流行りの糖質制限ダイエットなど、極力糖質をとらずに生活している人も多い。

 

飲料水は糖質0のものを買ったり、米類、パン、麺類などの炭水化物はなるべく食べないようにしています。

 

腸に良い食材も食べている

 

腸内細菌によって「痩せにくい体質」「痩せやすい体質」というのがあるという事も、最近の研究でわかってきています。

 

痩せにくい体とは悪玉菌が多く腸内環境が悪い状態の人の事を言い、痩せやすい体とは善玉菌が多く、腸内環境が良い状態の人の事を言います。

 

善玉菌を増やす乳酸菌やビフィズス菌は、発酵食品などの食材から摂取する事ができるので、納豆やヨーグルト、ぬか漬けなどを積極的に食べている人も多いです。

 

食べ物だけでなく、食べ方にも気をつけている

 

太らないためには、食べ物だけでなく食べ方も重要です。

 

よく太っている人は早食いの人が多いですが、食べるスピードが早いと満腹中枢が刺激される前に食べ終わってしまうので、つい食べ過ぎてしまうんです。

 

満腹中枢はよく噛む事で刺激されます。

 

1口30回程度よく噛んで食べる事で食べすぎを予防して、消化吸収も良くしてくれます。

 

一日の食事の例を見てみると、

 

●朝食:フルーツグラノーラにチアシード、ヨーグルト

●昼:サラダ、ササミ、

●夜:サラダ、お肉、魚

 

といった内容の献立が多いようです。

 

Sponsored Link

 

人よりも食べるのに痩せている人

 

 

「どれだけ食べても太らないなんてうらやましい・・」と世の女性からうらやましがられる「痩せの大食いの人」。

 

フードファイターのような人は喉を鍛えたり、大食い大会が近づくと無理してたくさん食べて胃を大きくしたりと、きついトレーニングをしている人もいますが、普通の生活している大食いの人はだいたいの人が自分の好きな時に好きなだけ無理せず食べているという人が多いようです。

 

とは言え、いくら太らない体質とは言っても特定のものばかり食べていたりすると栄養が偏ってしまうので、適度に栄養バランスは考えながら食べています。

 

食べる量が多いと毎月の食費もバカにならないので、大食いの人がよく利用するのは業務スーパーでのまとめ買いなどを利用します。

 

食べる事が好きな人は料理好きな人が多いので自炊している人が多いです。

 

食事の献立は、普通の人と変わりませんが、朝からヘビーな揚げ物を食べても平気で夕食のような朝食を食べている人も多いのが特徴です。

 

細い人の中には痩せている事がコンプレックスな人もいる

 

すべての細い人が、自分の体型に満足している訳ではありません。

 

痩せている人の中には健康的なムッチリ体型に憧れている人もいるのです。

 

小食の人の中には太りたくても太れない人もいるので、そんな人は自分の細い体にコンプレックスを持っている事もあります。

 

隣の芝生は青く見えるもので、自分に持ってないものを持っている人って良く見えちゃうんですよね~。

 

まとめ

もし、あなたが細い体型に憧れているなら、食生活を参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ただし、無理はしない事!

 

極端な食事制限は、返ってリバウンドで太ってしまったり、体調を崩してしまうこともあるので、自分の無理のない範囲で実行するようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: