美容院での会話が苦手!美容師に話しかけられない方法!

何かと足を運ぶことの多い美容室。

中には人見知りで美容師さんとの会話が苦手と言う人もいるかと思います。

むしろ「髪の毛を綺麗にしたいだけなのに、どうして美容師と会話しないといけないの?」「雑談が億劫で美容室に行きたくない」という人も意外と多いものです。

今回はそんな美容院での会話が嫌、苦手と言う人のために美容師に話しかけられない方法や対策方法を紹介します。

Sponsored Link

美容師が話しかける理由

美容師に話しかけられるのが嫌だという人がいる一方で、美容師も全員が好き好んで会話をしている訳ではありません。

美容師にとって、「会話=相手の好みやライフスタイルなど有力な情報を得るためのツール」なのです。

行きつけの美容室であれば、あなたの好みをある程度把握し、会話を好まないということも気づいてくれているでしょう。

しかし、初めて行く美容室であれば話は別です。

美容師もあなたがどんな人でどんなスタイルが好みなのか、話すのが好きなのか嫌いなのかもわかりません。

そのため、最初は特に雑談が辛いと感じる人も多いでしょう。

美容師が話しかける理由は、あなたのことが知りたいからです。

雑談や会話が嫌い・苦手だという気持ちも十分わかりますが、最初のうちは少しでも美容師の会話に耳を傾けてみてくださいね。

美容師があなたの好みを知ってくれることで、より理想のヘアスタイルに仕上がるはずです。

Sponsored Link

会話が苦手!美容師に話しかけられない方法5選

ここでは、ヘアスタイルの好みや希望するデザインについて一通り話した後は会話をしたくないという人のために、美容師に話しかけられない方法を紹介します。

雑誌を読むこと

美容師に話しかけられない方法ひとつ目は、「雑誌を読むこと」です。

定番かもしれませんが、雑誌に目を向けていると話しかけられる回数が減ります。

中には雑誌を読んでいても話しかけてくる美容師がいますが、そんな時は「へー」「そうなんですね」など適当に返事をしましょう。

相手には申し訳ないですが、会話を続かせる努力をしないことで「話しかけられたくないんだ」と察してくれます。

ベターですが大抵の美容師は気を遣ってくれますので、会話が苦手な人はぜひ試してみてくださいね。

ただし、言い方によってはあなたの印象が悪くなる可能性があります。

悪い印象にならないよう、表情に気を付けると良いかもしれません。

寝たふりをする

美容師に話しかけられない方法ふたつ目は、「寝たふりをする」です。

眠たい素振りを見せると、美容師も「疲れているのかも」と察してくれます。

最初は「最近お疲れですか?」などと話しかけられるかもしれませんが、「浸かれているのでちょっと目をつぶっていてもいいですか?」などと返すと良いでしょう。

柔らかい表情で伝えると美容師も気を悪くしないでしょうから、次から通いにくくなるといった心配もありません。

本を持参すること

美容師に話しかけられない方法三つ目は、「本を持参すること」です。

文庫本であれば持ち運びもかさばりませんし、美容室の時間つぶしにもなります。

持参している本を読むということは、話の続きが気になるんだろうと美容師も必要以上に話しかけてこないでしょう。

また、あらかじめ「本を読んでもいいですか?」と美容師に一言声をかけるとなお良しです。

「ダメです」という美容師はいませんし、本を読むことに集中したいという気持ちが相手にも伝わります。

ビジネス本やちょっと難しめの本であれば、本の話を振られてもすぐに会話を終わらせやすいのでおすすめですよ。

中には本を持参するのが恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、本を持参している人は意外といます。

周りも大して気にしていませんので、どうどうと持って行きましょう。

素直に伝えること

美容師に話しかけられない方法四つ目は、「素直に伝えること」です。

そもそも、美容師の目的は会話をして仲良くなることではなく「お客様に満足していただくこと」です。

美容師の立場で考えると、気を遣って一生懸命話しても相手が不快な気持ちになれば言語道断です。

かと言って会話が億劫でない人に対しても黙っていては「つまらない」と思われてしまいます。

しかし、相手がどんな性格なのかは話してみなければわからないため、大抵の美容師は会話から始めるのです。

そこで、最初から美容師にはっきり伝えることで、会話をせずゆっくり過ごすことができます。

直接伝えづらいという人もいるかもしれませんが、

「美容室では静かに過ごしたくて」

 

「美容室では会話をするのが苦手なんです」

と伝えてみましょう。

はっきりと相手の性格が分かるため、気を悪くする美容師はいませんし、逆に気が楽になる美容師もいるでしょう

あなたが気にするほど、相手はあなたの言動を細かく気にしてはいません。

ヘアスタイルの要望を伝えるのと同じように、美容室での過ごし方を要望してみましょう。

きっと通いやすい美容室になること間違いなしです。

以前通っていた美容室の雰囲気を話すこと

美容師に話しかけられない方法五つ目は、「以前通っていた美容室の雰囲気を話すこと」です。

「?」と思う人もいるかもしれませんが、実は意外と効果的なんです。

「どうしてうちの美容室に来られたんですか?」と尋ねる美容師は少なくありませんが、まずは「気になるスタイルがあった」「口コミが良くて気になった」などと美容室を選んだ理由を話しましょう。

その後に、

「以前通っていた美容室は静かに過ごせる雰囲気が良かったんですけど・・・」

 

「前通っていた美容室はリラックスして過ごせるから気兼ねなく通っていたんですけど・・・」

とお店の雰囲気を伝えましょう。

「担当の人が落ち着いた雰囲気の人で静かに過ごせる雰囲気が好きだった」など好みの美容師の特徴を伝えるのも良いかもしれません。

そうすると、美容師は「こういう雰囲気が好みなんだ」とあなたの性格を理解し始めます。

だんだんと口数を減らしてくれることが多いので、ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

事前に対策!会話が苦手な人におすすめの対策方法

美容師と会話するのがどうしても苦手・初めから極力話しかけないでほしいという人におすすめな、事前に対策できる方法があります。

それが、「ネット予約の備考欄・接客のご要望欄を活用すること」です。

美容室の予約をネットで取る人におすすめの方法です。

ここでは、ホットペッパービューティーを参考に説明します。

まず、ネット予約の際にはメニューやクーポン、日時やお客様情報を入力しますよね。

そのときに、ホットペッパービューティーでは下の方に薄い文字で「詳細要望を入力する(任意)」というボタンが出ています。

ボタンをクリックすると、「接客へのご要望」という欄があります。

接客のご要望の欄では、

●なるべく楽しく話したい

 

●なるべく静かに過ごしたい

 

●特にこだわらない

という3つの項目から希望する接客を選択することができます。

あらかじめ「なるべく静かに過ごしたい」を選択しておくことで、事前に美容室に要望が伝わります。

もしホットペッパービューティーのサイト以外で予約をし、「詳細要望を入力する(任意)」というボタンがない場合には、「備考欄」に自分で入力しましょう。

「静かに過ごしたいです」「極力会話はしたくありません」など単刀直入に伝えて構いません。

面と向かって伝えるのは気が引ける人も、文字にして伝えるのであれば比較的要望を伝えやすいはずです。

事前に伝えておくことで美容室で直接伝えるわずらわしさを省くことができますのでおすすめですよ。

美容院での会話を上手くかわしましょう!

美容師に話しかけられない方法をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?

美容師が話しかける理由を理解したうえで、話しかけられたくないときには素直に伝えてみるのも一つの手です。

ネット予約を活用しながら、次回も通いたくなる美容室を見つけてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください