親孝行の方法!何をしたらいいか分からないという方へ!

527294

「親孝行、したいけどなかなかできずにいるなぁ」という人って結構多いのではないでしょうか?

年齢を重ねるにつれて親のありがたみが分かるようになってくるので、親孝行について考える機会も増えるのですが、何をしたらいいのか分からず躊躇ってしまうんですよね。

親孝行というと、堅苦しかったり、お金がかかったり、照れくさかったりと、時間やお金や心の準備が必要だと思っていませんか?

あれこれ考えているうちに親が他界してしまい親孝行もできなくなってしまった…という後悔だけはしたくありませんよね。

実は親孝行ってもっと気楽にできるんですよ。

今回は、親孝行のおすすめの方法、年代別の親孝行の方法についてご紹介します!

Sponsored Link

親孝行の方法、おすすめの方法は?

まず、母親と父親のどちらにも共通してできる方法を紹介します。

歳を重ねると人と関わる時間を求めるようになるそうです。

家族との心の繋がりですね。

なので、あなたと一緒に時間を過ごすのが1番の親孝行になります。

例えば、一緒に旅行に行ったり、食事をしたり、孫の顔を頻繁に見せたり…など。

離れて暮らしている人は、実家に帰るだけでも親孝行になります。

できるなら手料理をふるまったり、安くていいので外食でご馳走するのもいいですね。

実家に帰るのが難しい場合は、両親の結婚記念日などに花束や旅行券を贈るのもステキだと思います。

他にもそこまでお金をかけなくても手紙やポストカードなどでも喜ばれると思いますよ。

要は「いつもありがとう。自分は元気にしているよ。」という思いが伝わればOKです。

次に母親と父親それぞれへの親孝行のおすすめ方法をご紹介しますね。

Sponsored Link

母親編

母親は子どもが自分のために何かしてくれるのであれば、何をされても嬉しいものです。

親孝行をしようとしてくれる気持ちだけでも喜ばれると思いますが、その気持ちがしっかり伝わる方法で親孝行したいですよね。

母親にプレゼントを贈るなら、値段は安くていいので頻繁に贈るのがおすすめです。

高価なものを贈ってもかえって気を遣わせることになるので、普段からまめにプチギフトを渡すのがいいと思います。

例えば、

 

・紅茶

・オリーブオイル

・機能的な靴下

・手作りのお菓子

 

・・・etc

ちなみにこれは我が家の場合だけかもしれませんが、ハンカチはよほどストライクゾーンに入らない限り、あまり喜ばれた経験はありません。

母親の年代になると頂き物の綺麗なハンカチが増えていくようで、私の母の場合は使用しきれずむしろ困っていたのです。

なので、できればプレゼントを選ぶ前に母親の物の所有状況を確認してみるのがいいかと思います。

ティーカップなどの食器をたくさん持っているケースもありますよ。

逆に私の母が今までの中で最も喜んだのは、夏に贈ったユニ○ロの通気性のいい肌着です(笑)「よくCMでやってるやつね!快適やわ!」と驚いていました。

プチプラで流行に乗ったものが贈りやすいかなと思います。

頻繁にちょっとした物を贈るだけでなく、たまにはしっかりとした物を贈りたいですよね。

 

また、女性はイベントを大事にするので、誕生日や母の日を利用しない手はありません。

新社会人なら初任給をもらった時でもいいでしょう。

この時はいつもよりちょっと高価なプレゼントを。

でも、無理して頑張る必要はなく、あなたの予算内で買える価格の物で構いません。

財布やバッグ、アクセサリー、洋服、花束、観劇のチケットなどはいかがでしょうか。

イニシャル入りにしたり、フラワーアレンジメント教室でオリジナルの花束を作ったりするとさらに特別感が増します。

他にも、自分の誕生日に「産んでくれてありがとう」という気持ちを込めてプレゼントするのもおすすめです。

これはちょっと照れくさいかもしれませんが、母親にとっては大変嬉しいものです。

父親編

父親へは母親とは逆で高価なものを贈るのがいいでしょう。

男の人はプライドが高いので、質のいい高級な物を好む傾向があります。

高価なので頻度は誕生日と父の日など年に1、2回でいいと思います。

プレゼントの例

 

・財布

・帽子

・腕時計

・洋服の仕立て券

・お酒

・職人技が光る品

・・・etc

などはどうでしょうか。

父親の趣味に合わせて電化製品やスポーツ用品、ブックカバーなんかもいいと思います。

 

また、お酒を飲むのが好きな父親なら一緒に飲みに行くととても喜ばれますよ。

「子どもと飲みに行くのが昔からの夢だった」というお父さんも多いようです。

 

母親、父親別におすすめの方法を紹介してきましたが、基本的にはそんなにお金をかける必要はありません。

両親に元気な顔を見せて一緒に穏やかに過ごすだけで充分なのです。

親と同居している場合は手料理や家事などの行動で孝行できますよ。

離れて暮らしていてなかなか実家に帰れないという人は、手紙や写真を送って元気にしていることを伝えるのでもいいと思います。

メールでもいいのですが、手紙やプリントアウトした写真は特別の温かみがありますよ。

Sponsored Link

年代別にご紹介!

あなた自身の年代によってできる親孝行は変わってきます。

「自分自身の年代に相応しい親孝行って何?」「同年代のみんなはどうしてるの?」という風に考えることもありますよね。

親孝行の方法を年代別にご紹介していきます!

中高生

人生の中で最も多感な時期で、親と意見の食い違いや反抗などで衝突することも多いと思います。

だからこそ親との関係性についてよく考える年代でもあります。

親の誕生日や母の日、父の日などにふと親孝行について考えたりもしますが、実際に行動に移せる人は少数です。

実際は照れくさかったりしてぶっきらぼうになってしまいがちです。

また、お金もありませんし、高価なプレゼントも難しいと思います。

親からしてみても、子どもがお小遣いやアルバイト代を使って物を買ってくれるのは嬉しさもありますが、やはり気が引けてしまいます。

ですので、日常的に家の手伝いをするのが双方にとって1番いい親孝行だと思います。

例えば、

 

・料理

・洗濯

・買い物

・掃除

・庭仕事

・体力に自信があるなら家具の移動などの力仕事

 

・・・etc

親からしても助かりますし心理的負担もありません。

子どもにとってもお金がかからず、自分自身の家事のスキルアップにも繋がります。

中高生はお金をかけず行動で親孝行するのがいいでしょう。

20代

親孝行するのに最適な年代といってもいいと思います。

成人して社会に出て一人前に働く、このことだけでも親にとっては大変嬉しいのです。

初任給でプレゼントもできますし、自分も親も年齢的に若いので一緒に旅行に行ったりもできます。

親孝行の選択肢がとても多い年代です。

また、結婚して子どもを授かることも両親にとっては非常に喜ばしいことです。

自分の人生を肯定してもらえたような大きな安心感をもてるそうですよ。

30代

仕事が軌道に乗って金銭的にお金のゆとりが出てくる年代です。

未婚の人や既婚でも子どもがいない人は、ちょっと値が張るような特別感のあるプレゼントを贈るのがいいかと思います。

ロボット掃除機や食洗機などの便利な家電製品、旅行、親の結婚記念日や還暦のお祝いには、世界に一つだけの特別な物を贈るのがおすすめです。

子どもがいる人は、孫の顔を見せに行くのが1番の親孝行です。

子育てでお金がかかる時期なので、豪華なプレゼントをする必要はありませんし、親もそれを望んでいません。

逆に孫へのプレゼントを受け取ることが多くなると思います。

その場合は遠慮せずに受け取り、子どものために使うのも親孝行の一つになりますよ。

40代以降

親孝行をしたい時には両親はすでに他界していたという話を一般的によく聞きますが、40代以上になるとそういう話題も身近に感じることが増えると思います。

これまでの人生を思い返してみると、やはり親の存在は大きいものではなかったでしょうか。

そんなときにできるのは心から「ありがとう」と改めて言葉にして感謝を伝えるのが最高の親孝行です。

「結局最後までありがとうと言えなかった」とならないように。

親孝行をちゃんとできる自分になるというのも、人としての成長です。

また、同居するのも親孝行になります。

親も歳を重ねると、思うように身体を動かせなくなってきて、生活がしにくくなってきます。同居して、親の必要なことを行うことも大きな親孝行だといえます。

「孝行のしたい時分に時分に親はなし」ということわざがあるように、昔から親孝行できずに後悔する人は多いのです。

肩肘はらずに感謝の気持ちを伝える方法はたくさんあります。できるうちに親孝行しておきたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.