靴下を履いて寝るのはよくない理由

neta-life【ネターライフ】

靴下を履いて寝るのはよくない?靴下睡眠のメリット、デメリット!

読了までの目安時間:約 11分

 

寒い季節…なかなか眠れない原因のひとつに、足が寒いということが挙げられるのではないでしょうか?

 

そんなときは寝ながら靴下を履きたい、そんな気持ちになってしまいます。

 

でも本来なら開放的に裸足で寝るのが良さそうなのはわかっているのですが、靴下睡眠に興味がある人も多いですよね?

 

そこで今回は靴下を履いて寝るのは良くないのか疑問に思っている人に向けて、靴下睡眠のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

靴下を履いて寝るのは良くない?デメリット3選

 

靴下を履いて寝ると、服を着ているように足が温まってよく眠れると思っている人は多いのです。

 

しかし実は、靴下を履いて寝るのは良くないことがわかっています。

 

これは私たちが眠るという行動をする際に働く体の機能が深く関わっているので、知ると納得がいくことばかりです。

 

では、靴下を履いて寝るのが良くない理由を3つ見ていきましょう。

 

①体温調節機能がうまく働かなくなる

 

靴下を履いて寝ると、なんだか温まった気持ちになってよく眠れるようになるイメージですよね?

 

しかしただでさえ布団をかけて寝ているので、その中で熱がこもっている状態になります。

 

私たちは睡眠の時に足に集中的に熱が行き渡るようになっており、そこで体温調節をして快適な眠りを維持しています。

 

ただそこで靴下を履いていると、本来足にこもった熱を逃がして体温を調節する機能がうまく働かなくなってしまいます。

 

体温調節機能がまだ未熟な赤ちゃんも、よく裸足でいた方が良いと言いますよね?

 

それは足から体温を放熱して、体全体の体温を調節しているからなのです。

 

そのため寝る時には靴下などは履かずに、裸足の状態で眠るのが一番だということですね。

 

②靴下を履くと毛細血管を圧迫する

 

眠る時に着用するパジャマや下着が窮屈だと、いつもより寝苦しく思ったことはありませんか?

 

実は私たちが睡眠に入る時の体の状態はとてもデリケートで、少しの圧迫感が体を締め付けて寝苦しくしてしまうのです。

 

眠る時には心臓の働きは最小限に抑えられ、心臓から一番遠い足先にはあまり血液がいかないようになっているので冷えを感じやすくなります。

 

特に靴下は足にピタッとくっつくような履き心地なので、余計に足への負担が大きいんですね。

 

足にはたくさんの毛細血管が張り巡らされており、靴下を履くことでこの毛細血管が締め付けられて血液がうまく通わなくなってしまいます。

 

血液がうまく通わないということは、冷えを招いて余計に寝付けなくなってしまうことに繋がるのです。

③靴下を履くと蒸れて汗をかいてしまう

 

よくお風呂あがりに体が熱いままの状態でパジャマを着ると、そこから汗をかいて湯冷めしてしまいますよね?

 

それと同じように、寝る時は足で体温調節をおこなうので汗をかいています。

 

そこで靴下を履いていると汗で蒸れてしまい、そこから冷えを招いてしまって寝つきが悪くなってしまうのです。

 

また足先に汗をかいても靴下を履いていると乾きにくく、不快感も強くなってしまいます。

 

Sponsored Link

 

靴下睡眠のメリット2つとは?

 

 

靴下睡眠はあまり良いイメージがないのですが、時と場合によっては睡眠にとって良い効果を感じることができる場合もあります。

 

では実際に靴下を履いて寝ることのメリットは、どのようなことなのでしょうか?

 

靴下睡眠のメリットを2つ見ていきましょう。

 

①どうしても寒い時には靴下を履くと暖かい

 

とにかくどうしようもなく寒くて足先が温まらない時には、靴下を履くことで足を温めて寝つきをよくする効果が期待できます。

 

このときに大切なのはマイクロファイバーなどの柔らかい素材でできた靴下を履いて、少しでも暖かくなったら手を使わなくてもさっと脱げるような靴下を選ぶことです。

 

そうすると布団の中で脱げるので、眠りを妨げることなく対処ができますね。

 

ポイントは足が温かくなりすぎないうちに靴下を脱ぐことで、冷えがおさまったら速やかに裸足になって布団に潜るようにしましょう。

 

②乾燥しやすいかかとを守ることができる

 

年齢とともに気になってくる足の乾燥…特にかかとの乾燥は切実な悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

クリームなどで保湿をしていても、裸足だと布団との摩擦などが生じてすぐにカサカサしてきてしまうんですよね。

 

そこでかかとを守れる靴下を履くことで、足の乾燥を防ぐことができます。

 

靴下の中にはかかとのみ守ることができて、他は裸足のような状態になるものがあります。

 

このような靴下を選べば足が蒸れて冷えることもありませんし、かかとだけは保湿を維持できます。

 

特に夏場はサンダルなどを履く機会が増えるので、足のケアは毎日しておきたいですよね?

 

そんなときには靴下睡眠がおすすめなので、自分にあった靴下を選んでいきましょう。

 

Sponsored Link

 

靴下睡眠をしなくても快適に眠るコツ3選

 

靴下睡眠はメリットもありますがデメリットもあり、本当に履いて寝ても良いのか疑問が残るところですよね?

 

いっそのこと、靴下睡眠をしなくても快適に眠れるならこれ以上良いことはありません。

 

では靴下睡眠をしなくても快適に眠るコツは、どんなものがあるのでしょうか?

 

それでは、3つの方法を順番に見ていきましょう。

 

①体を温める飲み物を飲んでから寝る

 

快適な睡眠をとるには体を温めて、それから少しずつ体温が低くなっていく過程を踏むことが大切です。

 

睡眠前にとる飲み物で一番体を温めることに優れているのがココアで、生姜よりも体を温める効果があると言われています。

 

精神を安定させる作用のある牛乳に無糖のピュアココアを入れて、マシュマロを浮かべて飲むとほんのり甘い香りが広がります。

 

ココアにはカフェインが含まれるので寝る前には飲みたくないという人もいますが、コーヒーや紅茶などのカフェインに比べると

 

微々たる量なので眠りを妨げることはほぼありません。

 

熱すぎず、体を適度に温めるくらいの温度で飲むのがポイントです。

 

調整ココアなどは砂糖が大量に入っているので、なるべくならピュアココアをおすすめします。

 

②お風呂上がりから寝るまで靴下を履く

 

布団に入りながら靴下を履くことに抵抗がある人は、お風呂上がりから寝るまでの間だけ靴下を履いてみてはいかがでしょうか?

 

お風呂上がりの温かい状態が靴下を履くことで維持でき、さらにお布団に入ったら適度に体温調節をしてくれるので裸足でも快適に眠ることができます。

 

あくまで布団に入った時点で足が冷たすぎることが寝つきが悪くなる原因なので、そのときに温かい状態であればオッケーなのです。

 

靴下は柔らかい素材で汗を吸収してくれるものが良いですね。

 

③軽くストレッチをしてから寝る

 

足先の毛細血管に血液が行き渡らないことで冷えを招き寝つきが悪くなるので、寝る前に軽くストレッチをするのがおすすめです。

 

ストレッチをすることで足先までポカポカしてきて、靴下を履かなくても冷えを感じずに眠りにつくことができます。

 

運動が苦手な人でもストレッチなら気軽におこなうことができますし、寝る前のほんの5分で良いので時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

体のめぐりもよくなって、冷え解消だけではなく寝つきもとてもよくなります。

 

まとめ

靴下を履いて寝るのは良くないのか疑問に思っている人に向けて、靴下睡眠のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

靴下を履いて寝ると一見暖かそうですが、実は群れたり体温調節がうまくできなくなって冷えやすいことがわかりました。

 

やはり裸足で寝るのが、一番安眠できるということなのですね。

 

ただあまりに冷えが気になる時などは、靴下を履くことで温かくなって寝つきが良くなることもあります。

 

靴下睡眠をなるべくしないようにするには体を温めるココアを寝る前に飲んだり、お風呂上がりから寝るまでだけ靴下を履いたりストレッチをするのが効果的です。

 

素材など自分が快適だと思うものを選んで、毎日の睡眠の質を上げていきたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: