高校中退 後悔

neta-life【ネターライフ】

高校中退は後悔する!高校をやめない方がいい理由!

読了までの目安時間:約 13分

392467

 

「高校って義務教育でもないから行く必要ないんじゃない?」

 

「こんなこと勉強して将来何の役に立つの?」

 

「高校って大学行くための通過点だよね?自分は大学行くつもりないし高校行く意味ないね。」

 

と、疑問に思っている高校生もいるかもしれません。

 

そもそも小中学校の義務教育というのは親に課せられた「子に教育を受けさせる義務」です。

 

子どもは教育を受ける「権利」を持っています。ということは、高校は親の義務でもないし、ますます通う意味がわからない!と思いますよね。

 

ここを読んでいるあなたは、高校を辞めることに少しでも関心がある方なのかなと思います。

 

では、高校を卒業せずに中退するとどうなるのか、なぜ周りは中退するなと言うのかその理由についてお話ししますね。

 

Sponsored Link

 

高校を中退しない方がいい理由!

最も大きな現実問題として『就職にかなり不利』ということが挙げられます。

 

高校生になってアルバイトをすると、結構な額のお給料をもらえたりするので「こんなに稼げるなら高校辞めて、勤務時間増やせば生活できるな」とか「バイト先の正社員も元々バイトでそこから入社したらしいし、このまま雇ってもらえたらいいな」と思うかもしれません。

 

実際にそういう理由で中退した人もいるようです。

 

しかし、よく考えてください。

 

生活するには結構お金かかりますよ。

 

実家を出るなら、家賃、食費、光熱費、衣服費、医療費などの生活費、年収によっては未成年でも住民税を支払わなくてはいけません。

 

また20歳以上になると国民年金も払いますし、親の扶養から外れるなら国民健康保険も自分で払わないといけません。

 

地域にもよりますが、贅沢をせず遊ばず節約して自炊をし質素に生活しても最低限15万円ほどは必要です。

 

さらに万一のための貯金もしておかなくてはなりませんし、たまにはお菓子を買ったり美容室に行ったり外で遊んだりしたくもなるでしょうから、プラス3万円くらいは要るでしょう。

 

アルバイトは福利厚生も無いので、正社員とは身の守られ方も違ってきます。

 

ケガや病気にかかると、たちまち収入は無くなります。

 

そしてまずリストラの対象になるにはアルバイトやフリーターですし、アルバイトは歳をとればとるほど雇ってくれるところは少なくなります。

 

アルバイトやフリーターで生活できるのは若く元気な時期だけです。

 

そもそも、そのアルバイトの雇い主がなぜあなたを採用したのかというと『高校生』だからです。

 

高校を中退すれば、もう高校生ではなく学歴は『中卒』であり肩書きは『無職』になります。

 

中卒はアルバイトの採用ですら不利になりますし、正社員の入社試験なら大変厳しくなります。

 

高卒や大卒ですら就職試験で落とされるご時世です。

 

学歴不問といって募集をかけている会社も、実質は高卒以上を採用していることが多く、高校中退者は就職の選択肢がとても少ないのが現状です。

 

学歴というのは「どれだけ根性があるか」「マジメに継続できるか」を示すものだと思います。

 

『高校中退』と履歴書にあれば「採用してもすぐに辞めそうだ」「社会人としての集団行動ができなさそうだ」という印象を与えてしまい、書類審査の段階で落とされてしまう可能性が高いです。

 

面接まで進んでも、間違いなく高校中退の理由を色々と聞かれます。

 

ここで嫌な思いをする高校中退経験者は多いようです。

 

採用する側の多くは「高校くらいは卒業しておいてよ」という目で見ていますから。

 

めでたく正社員になれたとしても、学歴はつきまといます。

 

中卒と高卒の収入差は10年で約1500万円ほどと言われています。

 

ネットなどを見れば、中卒でも成功して多くの収入を得ている人もいますが、それはほんの一握りです。

 

大半の人は険しい道を経験しています。

 

安定した収入を得ている人もいますが、それは高卒以上の人より大変な苦労を経て得た結果です。

 

良くも悪くも日本は学歴社会なんです。

 

Sponsored Link

 

歳を重ねるごとに後悔する

中退を考えている時や中退する時はきっと後悔なんてないと思います。

 

後悔というのは文字通り、後から悔やむものです。

 

高校中退者からよく耳にするのは

 

「辞める前によく考えればよかった」

「高校も卒業できなかった自分が嫌になる」

「親を悲しませてしまった」

「高校生に戻りたくても戻れない」

「高校中退が人生にこんなに影響するとは思わなかった」などです。

 

こんなネガティブな感情が長い年月つきまとうそうです。

 

精神的にもつらいですね。

 

そんな理由で?高校を中退しない方がいい人!

高校を中退する理由は人それぞれですが、中には「ちょっと待って!」と止めたくなる中退理由もあります。

 

・なんとなく、つまらない、めんどうくさい
・単位を落とした
・学校が合わない
・バイトが楽しい
・朝起きられない
・勉強が嫌い

 

などの理由は、目先の利益や快楽に惑わされています。

 

これから先の長い人生のことをよく考えてください。

 

高校生活は、長い人生のほんの3年間です。

 

粘ってみませんか?逃げグセは一度つくとなかなか治りません。

 

転入、留年など中退しなくてもいい選択肢もありますよ。

 

編入制度を利用する場合は、その年の単位をとってからがいいです。

 

編入先の高校のカリキュラムによっては1年生から履修しないといけないかもしれません。

 

また、これはかつて女子高生だった私の経験から思うことなのですが、高校生はホルモンバランスの関係で多感になる時期でもあるので、こういった考えが生まれやすいのかなと思います。

 

感傷的になったり、他人を気にしたり、自信をなくしたり、逆に自信過剰になったり…。

 

でも、卒業間近の頃には「なんであんな風に考えていたんだろう」と不思議に思ったりします。

 

さらに数年経つと「小さいことで悩んでたなー」と笑い話になってたりするものです。

 

「中退したい」というのは一時的な感情かもしれませんよ。

 

経済的な理由や病気などで高校に通いたくても通えず、諦める人もいます。

 

自分は本当に高校を辞めなければならないのか、もう一度考えてみてください。

 

Sponsored Link

 

高校を中退する前にやるべきこと

551842

 

まず、先の将来を考えて『なりたい自分像』をもつこと、そして次にするのは『中退後すぐの進路』を考え決めることです。

 

『なりたい自分』は漠然とした夢ではなく、中退することでこの先の未来がどう変わるのかをよく調べ、考えて、現実的な自分像をもたなくてはいけません。

 

就職は?結婚は?親が亡くなった後は?老後は?などなど。

 

それが定まり、逆算しながら現在に遡っていくと『中退後のすぐの進路』はおのずと見えてくると思います。

 

高認を受ける、資格をとる、専門学校に入学して技術を身につける、ハローワークに行って見つかるまで仕事を探す、働きながら通信制高校に通う…など。

 

中退したらすぐにそれに取りかかれるようにしておくとラクです。

 

ただ、お金が必要なことが多いので、どうやって工面するのかも考えておきましょう。

 

そして必ずしなければいけないのは、あなたの保護者である親と相談することです。

 

どうしても辞めたいのなら説得しなくてはいけません。

 

親は高校や大学の費用としてあなたが幼い頃から貯金して準備をしてきたかもしれません。

 

実際に、私は子どもが生まれてすぐの頃から教育費を毎月貯め続けています(そうでないと間に合わないので)。

 

親のお金で高校に入った人がほとんどです。

 

なので、親御さんとは徹底的に話し合いましょう。

 

そして、できれば高校の先生に相談するのがいいと思います。

 

先生はこれまで中退しようとした人、実際に中退した人を見てきたと思うので、その経験からいいアドバイスをくれるかもしれません。

 

中退後の悩みとして多いのが「今後の進路の情報をどうやって収集すればいいのかわからない」ことです。

 

先生なら個人では分からなかったような情報を教えてくれる可能性があります。

 

中退してしまう前に、中退後の進路についても相談しておきましょう。

 

高校中退をしようとしている人へ

549022

 

高校を中退しても、目標をしっかり定めて勇気と根性を持ち立ち向かって行くことで道は開けてきます。

 

最も良くないのは、何の目標も持たず中退してしまうことです。

 

この先の計画を立てて中退することで、後悔する可能性を低くできます。

 

繰り返しになりますが、高校を中退するとこうなります。

 

学歴は中卒になる
就職に苦労する
就職できても実力で判断してもらえないかもしれない
高卒・大卒と比べて給料は低い

 

さらに加えて、
高校時代の青春を捨てることになる
高校の友達と縁が切れることが多い

 

今辞めるメリットはありますか?

 

今考えている進路は高校を卒業してからでもできることではないですか?

 

私は、高校以上に今すぐ学びたいことがあり強い意志を持っている人なら中退してもいいとは思います。

 

でもやっぱり最後は自己責任です。

 

自分の境遇を周りの人や環境のせいにしがちな人には高校中退は向かないと思います。

 

一度きりの大切な人生なので、よく考えて進んでいってくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: