お腹を痛くする方法

neta-life【ネターライフ】

お腹を痛くする方法?わざと痛くなる必要なんてない!

読了までの目安時間:約 11分

 

お腹を痛くする方法なんて、わざわざ考える人いるの?と思いますよね。

 

でも実はひどい便秘の人などは、いっそのことお腹が痛くなって下してくれた方が…なんて思ってしまうものなのです。

 

でもお腹を痛くしてしまうのは、便秘の不快感とはまた違った痛みがあるもの。

 

そのためわざと痛くなる必要はなく、正しい知識があれば自然なお通じがくるのです。

 

そこで今回はお腹を痛くする方法なんてあるの?と疑問に思っている人に向けて、わざと痛くなる必要のない正しいお通じ改善方法をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

お腹を痛くする方法を考えてしまう時とは?

 

お腹を痛くする方法を考える人なんているの?と思ってしまいますが、ついそんな邪なことを考えてしまう時があるのです。

 

では具体的に、どのようなときにお腹を痛くする方法を考えてしまうのでしょうか?

 

それは主に2種類あってどちらも体調に左右されますので、順番にみていきましょう。

 

便秘がひどくて何日もお通じがないとき

 

便秘は女性が特になりやすく、何日も全く出ていなくて苦しんでいる人が多い疾患です。

 

放っておくとお腹がパンパンに張ってしまって、吐き気や食欲不振が起こることもあります。

 

そんな何日も便秘に悩んでいる人は、トイレに行くたびに「いっそのことお腹が痛くなってくれればなぁ…」と切実に思うものなのです。

 

便秘がひどくなると便意をもよおすことすらなくなるので、お腹が痛くなること自体があまりなくなります。

 

そのため何日もお通じがない場合には、なんとかお腹を痛くする方法を調べてしまうものなんですね。

 

何かしらの体調不良で休みたいとき

 

明日はなんだか学校や会社に行く気が起きない…そんなときは何かしらの体調不良にでもなってくれれば、と切実に思うものです。

 

しかし発熱となるとおでこを触られたらバレてしまいますし、一番手っ取り早いのはお腹が痛くなる方法なんですね。

 

この場合は必ずしも本当にお腹を痛くする必要はなく、自己申告のみで信じてもらいやすいので微妙なところです。

 

しかしリアルでお腹が痛くなると表情から切羽詰まった感じが伝わってくるので、より周りを信じさせるのには効果的になります。

 

Sponsored Link

 

お腹をわざと痛くする必要はない!

 

どんな理由があるにしても、お腹をわざと痛くするととても苦しい思いをすることになります。

 

時には日常生活に支障が出て、学校や会社を休まなければならなくなることも…。

 

お腹をわざと痛くした場合、どんなことになってしまうのか2つのシチュエーションを見ていきましょう。

 

お腹の痛みが数日続いてしまう

 

お腹をわざわざ痛くするように図った場合には、その時だけではなくて数日痛みや不快感が続く場合があります。

 

一度お腹を壊してしまうと、ちょっとしたことで腸が過敏に反応しやすくなって下痢を引き起こしやすくなるのです。

 

そのためもう十分お腹を下してヘトヘトになっているのに、次の日にはご飯を食べるたびにトイレに駆け込むことになることもあります。

 

そうなると仕事や勉強どころではなくなってしまうので、やはり自然なお通じを期待するのが一番害のない方法なのですね。

 

絶対に後から後悔する

 

最初は「こんなに便秘で苦しいんだから少しくらいお腹が痛くなった方がいい!」「会社や学校に行くくらいなら、お腹が痛くなって休んだ方がいい!」と強く思うものですが…。

 

おそらくいざお腹が痛くなってくると、そのような考え方をしたことを深く後悔する人が多いのではないでしょうか?

 

それくらいお腹が痛くなるというのは不快感が強い症状であり、辛いものなのです。

 

後から後悔しないためにも、やはり便秘にならないように意識をしたり痛みの出にくい改善方法を実践していきたいですね。

 

Sponsored Link

 

お腹を痛くしなくてもお通じが改善する5つの方法

 

わざとお腹を痛くしなくても、お通じが改善する方法はあります。

 

たしかに便秘があまりにひどくなってしまうと、これならいっそのことお腹を痛くする方法を考えた方が…と頭に浮かんでしまうのですがそんな必要はないんですね。

 

では、お腹を痛くしなくてもお通じが改善する5つの方法をご紹介していきます。

 

お腹が痛くなりにくい便秘薬を飲む

 

便秘の時に飲む薬は、夜寝る前に飲んで翌朝ものすごくお腹が痛くなるというイメージがありますよね?

 

これでは学校や仕事のある日には薬を飲むという気にはなりませんし、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

しかしお腹が痛くなりにくい腸を直接刺激しないタイプの薬も、実は存在するのです。

 

酸化マグネシウムが配合された薬は腸内で弁の水分量を増やすことで、自然に近いお通じが期待できるものです。

 

腸を無理やり動かす薬ではないので、飲んでもお腹が痛くならずに済むという特徴があります。

 

わざわざお腹を痛くしなくても、薬でお通じは改善するんですね。

 

お腹を「の」の字にマッサージする

 

便秘は腸の動きが鈍くなっているため起こるので、お腹を外からマッサージしてみましょう。

 

効果的な方法は仰向けに寝て膝を立て、手のひらを当てて「の」の字に動かしていきます。

 

だんだんと腸が動いてきた感じがして、中にはお腹が痛くなってくる人もいます。

 

割と即効性があるので、ぜひリラックスしている時にやってみてくださいね。

 

食物繊維を多く摂取する

 

便秘を解消するには食物繊維を多く含む食品を摂取することが大切で、便のかさを増やしてお通じを改善していきます。

 

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、このふたつをバランスよくとることが大切です。

 

水溶性食物繊維は海藻や果物に多く含まれます。

 

不溶性食物繊維は豆類や芋類、野菜に多く含まれます。

 

どちらか一方だけ摂取すると、逆にお腹が痛くなることもあるので注意しましょう。

 

体を動かす

 

慢性的な運動不足も、腸の働きを低下させてしまって便秘の原因となります。

 

それには日頃から体を適度に動かすことが大切で、ただ歩くだけでもかなり腸にとっては良いことなのです。

 

他にも家でできるエクササイズとして、ヨガやストレッチなどもお腹をひねる動きなら腸に刺激がいきますので効果的です。

 

運動をする時は意外と汗をかいているので、しっかり水分補給をしながらおこないましょう。

 

決まった時間にトイレに行ってみる

 

便秘気味の人に多い特徴として、決まった時間にトイレに行く習慣がないことがあります。

 

例えば朝食後にトイレに5分こもる、ということを日課にするだけでお通じが改善することがあるのです。

 

これは条件反射を利用していて、同じ時間にトイレに行くことで自然と便意を催してお腹が痛くなってくるという反応が出てくるんですね。

 

便意を我慢してしまうとそこから便秘になってしまうので、すぐにトイレに行ける状況であれば我慢しないようにしましょう。

 

まとめ

お腹を痛くする方法なんてあるの?と疑問に思っている人に向けて、わざと痛くなる必要のない正しいお通じ改善方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

会社や学校をお休みしたかったり、便秘が重症になってくるとわざとお腹が痛くなるように考えてしまうものです。

 

しかしお腹が痛くなるのは本当に辛いので、わざと痛くする必要は全くないのですね。

 

むしろ痛みの少ない方法でお通じを改善していった方が、生活に支障も出ず快適なのです。

 

酸化マグネシウムという腸を刺激しない薬を飲んだりマッサージをしたり、食事に気をつけて運動をしたり、決まった時間にトイレに行くなどが効果的です。

 

出来る範囲で取り入れていって、お腹を痛くする方法などを模索しなくても良い状況にしていきたいですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: