インフルエンザになる方法?わざとかかることで生じる問題!

2017年のインフルエンザは例年に比べて早い時期から流行が始まっているみたいですが、皆さんは予防接種などを予定していますか?

そんな世の中の多くの人が「かかりたくない」と思うインフルエンザですが、実はわざとかかるように目論んでいる人もいるのです。

インフルエンザにかかると周囲の人に感染させてしまうので、1週間ほど学校や会社を休む必要があります。

それを利用して、インフルエンザになる方法を模索している人がいるのです。

なんだか信じられませんが実はこれ、とっても危険な行為なんです!

そこで今回はインフルエンザになる方法はあるのか?わざとかかることについての危険性をご紹介していきます。

Sponsored Link

インフルエンザの流行時期とは?

インフルエンザの流行時期はどのくらいなのかというと、だいたい12月に入ったあたりからジワジワ患者が増え始めて3月くらいまでになります。

つまり、私たちが外に出て寒さを感じる季節にはインフルエンザの危険が潜んでいるということなんですね。

この流行時期の中でも特に患者数がピークになるのが1月半ばから2月半ばの1ヶ月間です。

この時期には学校ではインフルエンザによる学級閉鎖が起きるなど、日本全国で猛威をふるいます。

インフルエンザがこのように寒い時期に増える原因は、寒さと空気の乾燥によってインフルエンザウイルスの活動が活発になるためなのです。

また寒さから普通の風邪をひいている人も多く、他の季節に比べて抵抗力が下がっている人も多いためにインフルエンザにかかりやすくなっていることも考えられます。

そのため冬から春のはじめにかけては、感染予防のマスクや消毒などが欠かせないのですね。

Sponsored Link

インフルエンザになる方法ってあるの?

インフルエンザになる方法を探しているというと、多くの人に「え?何言ってるの?」といったような顔をされてしまいます。

でも事情は人それぞれで、中にはインフルエンザにかかってまでも学校や会社を休みたいと考える人もいるのですね。

では、具体的にインフルエンザになる方法とはどんなことがあげられるのでしょうか?

人よりも感染する確率が上がる行為を3種類見ていきましょう。

人混みに積極的に出る

インフルエンザウイルスは咳などを介して飛沫感染するので、人混みに出れば出るほど感染の確率が上がります。

特に満員電車や人が多く空気がこもりがちなショッピングモールは、インフルエンザにかかりやすい場所として知られています。

人混みにマスクもせずに出かけて口呼吸をしていると乾燥した喉にインフルエンザウイルスが付着し、そこから増殖して発症をする可能性が高まります。

インフルエンザにかかりたい場合には、人混みに積極的に出るようにしましょう。

風邪をひいて抵抗力を下げる

風邪をひいていたり睡眠不足やストレスで体が疲れていたりすると、自分で思ったよりも抵抗力が下がってきます。

抵抗力が下がると体内に入ってきたインフルエンザウイルスを退治できなくなって、そのまま発症してしまう可能性が高くなります。

しかし抵抗力が弱まっているとそれだけ回復する力も弱くなるので、インフルエンザにかかったときに重症化する恐れがあります。

インフルエンザが重くなるととても辛いので、覚悟はしておかないといけないですね。

予防接種を受けない

インフルエンザが流行する1ヶ月前くらいから各病院では予防接種が始まります。

インフルエンザの予防接種は効果が出るまで1ヶ月くらいかかるので、早めに打っておくことが推奨されるのですね。

予防接種を受けた場合には60〜70%の人がウイルス感染を防ぐことができると言われており、必ずしも100%の効果ではないのです。

ただし予防接種を受けていてインフルエンザにかかった場合には、症状が通常時よりも軽くなる傾向にあります。

インフルエンザにかかりたい人は予防接種を受けないという選択肢もありますが、症状が重症化するリスクも負わなくてはならないということですね。

Sponsored Link

インフルエンザにわざとかかるのが危険な理由4選

インフルエンザでお休みをするためにわざとかかりたいと考えている人もいるかと思いますが、それは実はとっても危険なことなのです。

インフルエンザは立派な病気なので、少なからず体にリスクを背負うことになるからです。

また安易に休むことを考えると、その後のしっぺ返しがくることも…。

そこでインフルエンザにわざとかかるのが危険な理由を4つご紹介していきます。

インフルエンザの症状がとても辛いから

わざとインフルエンザにかかるなんてとんでもないと言われるのは、やはり何よりもインフルエンザの症状がとても辛いからです。

普通の風邪の場合は、喉が痛いとか頭痛がするとか体のどこか一部分が体調不良になる場合が多いですよね?

しかしインフルエンザの場合は急激な全身症状が起こるので、頭痛と激しい咳と吐き気と筋肉痛と高熱が一気にやってきます。

それは経験者にしかわからない辛さがあり、一度かかった人は二度とかかりたくないと口を揃えて言います。

そんな大変な症状に自らなりたいというのは、理解しがたいことなのですね。

重い合併症状になる可能性があるから

インフルエンザは高熱が出て全身症状が出るというイメージが強いですが、実はそれだけにとどまらないのが厄介な病気なのです。

インフルエンザには重い合併症状が起こる場合があり、時には命に関わる事態に陥ることもあります。

特に抵抗力が落ちている人や小さい子ども、高齢者などはインフルエンザで重い合併症状が起こる確率が高まります。

主な重い合併症状は肺炎や脳症で、どちらも命に関わる重大な症状です。

肺炎は高齢者を中心に幅広い年代に見られ、脳症は6歳以下の小さな子どもに多く見られます。

インフルエンザを軽く見ていると、確実に痛い目をみるのでわざとかかりたいなんて考えるのはやめましょう。

休んだあとに復帰がしづらくなるから

インフルエンザで自身が苦しむのは、自分が望んだのですから100歩譲って良いとしましょう。

しかし安易に1週間休むということがどういうことなのかを、一度冷静に考えた方が良さそうです。

学校を1週間休むということはそれだけ授業に遅れが生じて、後から付いていくのが大変になります。

また会社を1週間休むには、会社によりますが医師の診断書が必要なところもあります。

診断書を書いてもらうにも数千円のお金がかかりますし、何よりブランクを埋めるために他方に謝罪をしなければなりません。

これは1週間休めたとしてもそれが意味のないことになるくらい、精神的ストレスがかかることです。

また長く休むとそれだけ復帰するのが嫌になってしまうものなので、休む前よりも学校や会社に行きたくないという気持ちが強くなる恐れがあるのです。

周りに迷惑をかけることになるから

インフルエンザで1週間ほど休むことになると、確実に周りの人間に迷惑をかけることになります。

学校では休んでいる間にノートを取ってくれた友達だけでなく、心配してくれた生徒や先生みんなに迷惑がかかります。

会社では休んでいた人の代わりに残業をして埋め合わせしてくれた仲間や、取引先に謝罪をしてくれた上司など様々な方面に迷惑がかかります。

もちろん気をつけていたのにインフルエンザになった場合は仕方ありませんが、わざとかかって周りに迷惑をかけたなら許せることではありませんよね?

普段周りにお世話になっているという感覚を少しでも持ち合わせていたら、おそらくわざとインフルエンザにかかるという考えは浮かばないでしょう。

まとめ

インフルエンザの流行時期は12月から3月で、寒くて湿度が低い時期にウイルスが活性化することで流行します。

インフルエンザにわざとかかるには人混みに出る、あるいは体を弱らせて抵抗力を低くしたり予防接種を受けないなどの方法があります。

しかしインフルエンザは症状が重く、時には命に関わる重大な事態に陥ることがあるのです。

また周りの人間関係にも悪影響を与えることがあるので、わざとインフルエンザにかかりたいと考えるのはやめましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA