ピル タバコ

neta-life【ネターライフ】

ピルとタバコの相性は最悪!喫煙者のピル服用の影響!

読了までの目安時間:約 8分

488704

 

皆さんピルという薬をご存知ですよね。

 

特に女性の方にとっては馴染みのある名前だと思います。

 

ピルも薬というだけに副作用がありますし、飲み合わせが良くないものも存在します。

 

特にタバコとの相性については最悪なのは知っていますか?

 

実はピルを服用している人で煙草を吸っていたら生死のかかった問題と言っても言い過ぎではないくらいなのです。

 

今回はそんなピルとたばこの相性をはじめ、使い方によっては女性にとって魅力的なピルの効能や気を付けなければいけない副作用などを詳しくご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

喫煙者はピルを飲んではいけない理由

ピルの重大な副作用である血栓症がタバコと関係しています。

 

実はピルというのは35歳以上で1日15本以上吸う人はタバコをやめないと服用できないようになっています。

 

なぜならタバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があり、ピルは血液を固まらせる作用があるからです。

 

それらを併せることによって血栓のリスクが高まってしまいます。

 

35歳という年齢はそこへ高齢により血流が悪くなっていたら尚更危険が増しますため、制限がかけられています。

 

血栓症になると血管内に血の固まりが詰まってしまい、血の流れを止めてしまうことにより、その先にある細胞組織が壊死してしまいます。

 

血栓がはがれたとしても血管の中を移動し毛細血管の多い脳や心臓にいき、脳梗塞や心筋梗塞、または肺塞栓症などを引き起こしてしまうのです。

 

10万人の女性が1年間に死亡するリスクを調べた結果、ピルを服用しているがタバコを吸っていない女性を1とした場合、喫煙者は167という衝撃的な結果が出ています。

 

それだけでなく、高血圧症の方でピルを服用している非喫煙者は高血圧症がない女性と比べると3倍程の死亡するリスクがあり、喫煙者になると10倍にも上昇してしまいます。

 

しかも、脳出血も3倍くらい増えるといいます。

 

こんな理由からタバコを吸うならピルを飲むのは控えた方がいいと言われているのです。

 

Sponsored Link

 

受動喫煙もピル服用者に良くない?

自分自身ではタバコは吸わないけれど、職場での副流煙や家族が喫煙者だった場合も心配になりますよね。

 

今のところ受動喫煙のために血栓ができやすくなるという研究結果はありません。

 

しかし、近年の受動喫煙の人体へおよぼす影響を考えると十分危険だということは分かります。

 

他にも親族に血栓症の人がいたり、自分自身に肥満や他の疾患があったりすると、血栓症のリスクが二重三重になるので注意することが必要です。

 

ピルを飲みたいけど喫煙者の場合はどうするか?

欧米人に比べれば、もともと日本人は血栓症にかかるリスクは非常に少ないようですが、それでも喫煙者・肥満・高年齢の人はリスクが高まる危険性があります。

 

「35歳」「1日15本以上」という数字はありますが、あくまで目安です。

 

この数字に当てはまらなくても、他のリスク要因と重なってたら、やはりリスク率は上昇します。

 

ピルもタバコも毎日の習慣なので、2つを組み合わせないためにもピルを飲むならやはりタバコを止めることをお勧めします。

 

命にはかえられませんからね。

 

Sponsored Link

 

ちなみにピルの効果と副作用は知っている?

基本 CMYK

 

ピルというと日本では「避妊薬」というイメージで広く知られていると思います。

 

しかし、実は全世界では一億人くらいの人に飲まれている程服用率の高いポピュラーな薬なんです。

 

ピルの副効果は避妊薬以外にも実は沢山あるんですが、ピルの認可が遅かったせいもあるのか、世界と比べると日本の服用率は低く1~2%です。

 

世界ではそれ程服用者が多いピルにはどんな効果があるのか気になりますよね。

 

いくつかご紹介しましょう。

 

避妊効果

 

これは代表的なピルの効果ですが、なぜ避妊効果が生まれるのか知らない人も多い思います。

 

ピルには妊娠したようなホルモン環境をつくるために卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンが含まれています。

 

毎日1回ピルを飲むことがとても高い避妊効果をもたらします。

 

妊娠している状態に近くなるため、排卵や着床を抑制する避妊効果がうまれるのです。

 

様々な女性特有の病気の予防、改善

避妊以外のメリットはその時々の症状を緩和してくれるものから長期間の服用によって女性特有の病気のいくつかの発症頻度を下げるものまで多岐にわたるものです。

 

・ニキビ、肌荒れの解消。

 

・ホルモンバランスが整うことによる月経不順の改善。

 

・月経痛も軽くなり、月経量が少なる事による貧血の改善。

 

・排卵を抑えることによる子宮外妊娠の減少。

 

・卵巣への負担が減るので卵巣がんや卵巣嚢腫のリスクが減少。

 

・黄体ホルモンによる子宮内膜を保護により、子宮内膜症の予防や進行を防ぎ、子宮体がんのリスクが減少。

 

・乳房良性疾患のリスクが減少。

 

・不妊の原因になる卵管炎や骨盤内感染症などの病気のリスクが減少。

 

このようにピルには避妊以外にも女性にとって非常に良い効果が期待できるのです。

 

ピルの副作用

こうやって見ると良いことばかりに聞こえるピルですが、もちろんピルにも副作用があります。

 

ただ低用量ピルを使用するようになってから副作用は大幅に軽減されました。

 

それでも全くないわけではないですし、副作用については覚えておいたほうがいいでしょう。

 

症状としては吐き気や頭痛、動悸、胸の張り、不正出血などこれらは1~2か月でおさまります。

 

それよりも重大な、血栓症・子宮頸がん・乳がんのなどの命に関わる病気のリスクが高くなるという副作用があることは覚えておきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: