ブヨに刺されない為の対策や対処法!

151823

夏。虫の季節がはじまりました。

男の子がいる家庭などは山に虫取りに出かけ、カブトムシやクワガタなどを捕まえることも多いでしょう。

しかし、夏に出てくる虫はカブトムシやクワガタのような男の子に大人気なかっこいい虫ばかりではありません。

人に迷惑をかけてくる虫の代表格、蚊などもが発生するのもこの時期です。

蚊に刺されると痒くて痒くてたまらないですよね。

でも、「蚊なんてまだまだ良い方だ!」なんて思えてしまうくらい、刺されてしまうとその後の症状が酷いやつらがいるんです!

その中でもキャンプ場などでの被害報告続出!

小さいけれど危険なアイツ“ブヨ”について、その症状と対処法をお教えします!

Sponsored Link

ブヨって何?

ブヨというのは関東圏の呼び方で正式名称はブユ、関西ではブトと呼ばれている、ハエ目に属する昆虫です。

大きさは約3~5㎜程度で黒く丸まったような体をしています。

多くは水辺に生息していて、渓流の近くや山中、キャンプ場などでよくみられるようです。

成虫は大体3月~9月にかけて活発に活動します。

朝夕の気温の低い時間に活動するのがほとんどなようですが、曇りや雨など湿度が高く、気温の低いときには時間に関係なく活動するので気をつけましょう。

ブヨは蚊の様に針を刺して血を吸うのではなく、皮膚を噛み切って出てきた血を吸います。

そのため、痛みを感じることもあるのだとか!

吸血するときに唾液腺から毒素を注入するため、この毒素が原因となり激しいかゆみに襲われることになります!

Sponsored Link

ブヨに刺されたときの症状は?

ブヨに刺されると皮膚を噛み切られているので少し流血することもあるそうですが、刺された直後は何とも無いことがほとんどです。

しかし、翌日以降になると激しいかゆみに襲われたり、患部が2~3倍ほどに膨れあがったりなどの症状が出てきます!

痛みや発熱を伴うことがあり、これらの症状は1~2週間程度続くこともあるようです。

また、掻いてしまうと腫れが一向に引かなくなり、治った後もシミとして跡が残ってしまうので、決して傷口を触らないよう注意してください!

ブヨに刺されたときの対処法と刺される前の予防法!

127124

ブヨには市販の蚊避けのスプレーなどは効果がありません。

ブヨに刺されることを予防するためにはブヨ専用のものを用意するのが良いようです。

“ブヨよけ”として圧倒的に支持されているのが、なんとハッカなんです!

ハッカ油を塗るとブヨは寄ってこなくなるそう。

そのほかにもシーブリースが効くなんていう意見も聞かれました!

あとはブヨの居そうな場所に行くときは、なるべく素肌の見えない衣服を着用することです。

また、ブヨは黒や紺などの暗い色の衣服に寄ってきて、オレンジや黄色などの明るい色の衣服には比較的寄ってこないという報告もあるので、なるべく明るい色の服を着るようにしましょう。

ブヨに指された場合の対処法

ブヨに刺されてしまったときはまず毒を抜きましょう。

刺されてすぐに毒を抜く事ができれば、そのあとの症状が大分楽になることが多いです。

そして、毒を抜いたらすかさず消毒です!

これをしないと傷口が化膿してしまうこともあるため、注意します。

あとはステロイド系の外用薬を塗布し、傷口をなるべく触らないようにします。

 

たかが虫さされと思うかもしれませんが、可能ならば皮膚科を受診されることをおすすめします。

これからの季節、山やキャンプ、川遊びに行かれる人は多いと思いますが、楽しい夏の想い出を壊さないためにも、ブヨ対策は念入りにしていきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください