ロコモ症候群 子供

neta-life【ネターライフ】

ロコモ症候群に子供がなる原因は?予防や改善方法も!

読了までの目安時間:約 7分

407653

 

ロコモティブ症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

体の筋肉や関節の動きが悪くなってしまうことで運動に支障が出たり怪我をしやすくなってしまう状態を指す言葉で、最初は高齢者に対して提唱された言葉です。

 

しかし、現在子供のロコモティブ症候群が増えていると心配されています。

 

この記事では子供のロコモティブ症候群について紹介します。

 

Sponsored Link

 

ロコモ症候群って何?どうしてなるの?

ロコモティブ症候群は略してロコモ症候群とも呼ばれ、骨や関節の病気や、運動器(筋肉・関節・骨・運動神経)の働きの低下で運動機能が悪くなることを示す言葉です。

 

これは2007年に日本整形学会から提唱された新しい概念です。

 

骨や関節の病気はリウマチや骨粗鬆症など、運動器の働きの低下は寝たきりの方のことなどを指します。

 

ロコモ症候群はリハビリで改善できるにも関わらず、そのまま放置しておくと転びやすくなりちょっとしたことで骨折してしまいそのまま日常生活ができなくなり介護が必要になってしまう患者さんが多かったため、積極的にリハビリしてもらうために問題意識を持ってもらおうと、新たに提唱され注意が呼びかけるようになりました。

 

しかし、現在子供でもロコモ症候群が増えていることがわかり問題になっています。

 

これは最近子供で骨折が増えていることからわかったことで、子供の半分くらいは軽度のロコモ症候群の疑いがあるのではと言われています。

 

しかもこれは運動を良くする子供にも見られるそうで、高齢者のロコモ症候群とはまた違う原因が考えられています。

 

それでは何が問題なのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

子供のロコモ症候群の原因は何?

子供のロコモ症候群は運動を全くしない子供と運動を盛んにする子の両方に起こります。

 

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

●運動をしない子供の場合

ロコモ症候群の原因は高齢者と同じく運動をしないからです。

 

筋肉、関節は運動をしないとしなやかさを失ってしまい硬くなってしまいますし、子供の骨は大人と異なり太く、長く成長している最中なので適切な運動の刺激がないと骨の成長が十分に行われなくなってしまいます。

 

子供の場合は学校で体育などもありますし最低限の運動はなんとか保たれていますが、それでもやはり軽度のロコモ症候群となってしまいます。

 

運動不足の原因は、塾などの習い事、ゲームやスマホなど体を動かさない遊びが増えていることが問題となっています。

 

 

●運動を盛んにする子供の場合

一つの運動に集中しすぎることで筋肉のバランスが悪くなることが問題とされています。

 

それぞれの運動ではよく使われる筋肉や負担が強くかかる関節がある程度決まってしまう場合が多く、例えばサッカーの場合は足や腸腰筋というボールを蹴るのに必要な筋肉は大きく成長するのに対し、手首の関節や肩周りの筋肉などはあまり使いません。

 

逆に野球などは手首、肩周りはよく使うのに対し、下半身の筋肉は比較的にあまり使いません。

 

しかし、子供の筋肉、関節はどこの部位のものも成長をしている最中のもので、どれもバランス良く鍛えられることが求められています。

 

探検や基地作りなどの昔ながらの遊びは全身の様々な部位を使うことが多く、また、サッカーをしたり野球をしたりバスケットボールをしたりと競技をコロコロ変えて遊んだ場合には様々な部位が鍛えられます。

 

逆に小さい頃から野球クラブやサッカーチームに所属し一つの競技をみっちり鍛えるとなると、筋肉のつき方がアンバランスになり鍛えられない筋肉や、片方ばかりが強く鍛えられてしまったために動きがアンバランスになってしまった関節などが出てくるため、結果としてロコモ症候群になってしまいます。

 

Sponsored Link

 

子供のロコモ症候群の改善方法は?

123985

ロコモ症候群の改善方法の基本は食事と運動です。

 

食事がしっかりしていないと運動をしても筋肉や骨の成長がうまくいきませんし、運動をしっかりしないと成長が促進されません。

 

食事は三食きちんとバランス良く食べさせることを心がけていればそこまで心配する必要はありませんが、しっかり炭水化物、タンパク質、脂肪のバランスが取れているか気をつけましょう。

 

また、偏食で野菜を食べないということがないように気をつけることも大切です。

 

運動については運動をあまりしない子供の場合は親ができるだけ率先して運動するように誘い出してあげましょう。

 

いきなりみっちり走りこむ必要はないので、一緒に散歩をしたり車を使わないで買い物に出かけたり、休みの日にキャッチボールをすることから始めることで十分です。

 

運動を盛んにする子供の場合、運動でヘトヘトになった後に別の運動をさせるのはあまりに酷なので、まずは十分なストレッチを取り入れることから始めましょう。

 

その後、いつもの運動内容を見直していつも使わない筋肉の筋トレや、いつもはやらないスポーツの運動内容を取り入れてあげるといいでしょう。

 

気をつけることは、その分いつもの運動を減らしてあげ、くれぐれも運動が過剰になりすぎないようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: