二日酔いを早く治す方法!吐き気対策!

176365

これからの季節、お酒が美味しくなってきますよね。

乾ききったノドをビールでキューっとうるおす瞬間だけを楽しみに、お仕事に励んでいらっしゃる方も多いことでしょう。

お酒は好きな人にとって、美味しく飲めて楽しい気持ちにさせてくれる大切なもの。

が、しかし!

次の日の朝、あの楽しい時間はどこへやら。

頭痛と吐き気に襲われて、朝食すらまともにノドを通らない状態のままご出勤…なんて経験がある方はいませんか?

これは完全なる二日酔いですね。

私の父親がよくこういう目にあっていました(笑)

前夜のあのテンションはどこに行ったんだ!?と子どもながら不思議だったくらい、二日酔いはハタから見てても大変そうです。

そこで今回は、あの二日酔いから一刻も早く抜け出すための方法や二日酔いになりにくくするための対策をご紹介いたします!

次の日に前夜のツケを支払わないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

ツラい&気持ち悪い……。二日酔いの原因って

そもそも、なぜ二日酔いはおこるのでしょうか。

二日酔いがおこる最大の原因は、アルコールの過剰摂取にあります。

人の身体はアルコールを摂取すると、肝臓で『アセトアルデヒド』という物質に分解されます。

このアセトアルデヒド、実は非常に毒性の強い物質なのですが、体内を循環するうちにさらに二酸化炭素と水分に分解され、やがて汗や尿、呼気とともに体外へと排出されます。

このように適正量のアルコールであれば、時間をかけて人の身体はアルコール分解しながら体調を整えようとするのですが、

肝臓の処理能力を超えるアルコールが体内に入るとアセトアルデヒドの分解が追いつかず、いつまでも体内に残ることになります。

この体内に残ったアセトアルデヒドが頭痛や吐き気といった症状を引き起こし、二日酔いとなって現れてくるのです。

適正な量に関しては個人差がありますが、ついついハメを外して飲みすぎてしまう方は注意が必要です。

Sponsored Link

二日酔いになってしまった…。早く治す方法とは!?

しかし、いくら気をつけても二日酔いになってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

たまに、「二日酔いには迎え酒が一番!」と言ってさらにアルコールを摂取する方がいますが、これは大きな間違いです。

再びアルコールを体内に入れることで感覚がマヒし、治ったように感じるだけです。

結果としてさらにアルコール分解が遅くなるだけなので迎え酒はやめましょう。

では、どうすれば二日酔いが早く解消するのでしょうか。

いくつか方法が見つかりましたので、順番にご紹介していきますね。

①水分を摂る。

二日酔いの身体は脱水状態になっています。

これはアルコールに利尿作用があるためと、睡眠中に大量の水分が失われたためです。

睡眠中に水分が失われることは、アルコールを摂取してない人でも普通におこりますが、利尿作用がプラスされることで、二日酔いの人はさらに水分不足になっていると言っても良いでしょう。

また、アルコールの分解には水分が不可欠になります。

朝起きたら、コップ1~2杯くらいの水分を摂取してください。

ただし、飲む水の温度には気をつけてください。

気分が良くなるからといって冷たい水をグイグイ飲んでも、体内にはなかなか吸収されません。

体内に吸収しやすくするためには、体温と同じ程度に温められたものが必要になります。

できるだけ早く水分を吸収したい方は、体温程度の白湯を飲むようにしましょう。

水分をとるのであれば、スポーツドリンクもオススメです。

先ほども述べたように、アルコールの分解には水分が不可欠ですが、同時に糖分も必要です。

さらに、ナトリウムなどのミネラル成分がスポーツドリンクには含まれているので、水よりも体内に吸収されるスピードが早くなります。

できることなら、お酒を飲んで寝る前にスポーツドリンクを飲むようにしてください。

二日酔いの予防に効果があると言われています。

吐き気があまりない人でしたら、お味噌汁なんかも二日酔いに効きます。

代表的なのは、やはりシジミのお味噌汁ではないでしょうか。

昔から『シジミの味噌汁は二日酔いに効く』と言われていますが、シジミには肝臓に良いと言われているアミノ酸が豊富に含まれています。

また味噌にはナトリウムが含まれており、肝臓の中でアルコールが脂肪として蓄積されるのを防ぐ効果もあると言われています。

二日酔いの状態でお味噌汁を作るのは大変ですが、今はコンビニなどで簡単にカップのお味噌汁が買えますので、無理のない程度で摂取するよう心がけてみてください。

②充分な睡眠を取る。

二日酔いになったその日が休日ならば、身体をしっかりと休めてあげてください。

睡眠中、肝臓は活発に活動しています。そのため、アルコールがどんどん分解されていくというワケです。

もし、頭痛や吐き気などの症状で眠れないのであれば、無理に寝なくても横になるだけで回復するスピードはだいぶ変わってきます。

二日酔いを治すには時間が必要不可欠です。

身体を起こしてボーっとするくらいなら、身体を休めた状態で回復するのを待ちましょう。

③サプリメントを活用する。

たとえ二日酔いがひどくても、今日は出勤しなければいけない…。

そんな人は、上手にサプリメントを利用してみましょう。

本来、サプリメントを摂取するのに適した時間は二日酔いの朝ではなく、お酒を飲む前や飲んだあとと言われています。

しかし、ウコンやシジミの成分が入ったサプリメントは、二日酔いだからといって休めない人にとってとても助かるもの。

もし選ぶのであれば、栄養ドリンクよりも錠剤の方が吸収効率が良いそうですよ。

Sponsored Link

気持ち悪くてなにも入らない…。吐き気の対策方法とは!?

さて、ここまで二日酔いをできるだけ早く治す方法をご紹介してきましたが、吐き気が強い方にとって何かを飲み食いしろ、というのは酷な話でしょう。

吐き気がある人は下手にガマンせず、吐いてしまったほうがラクになります。

通常、食べたものは2~3時間で胃を通過すると言われています。

揚げ物や肉類などの脂肪分やタンパク質などは、消化に4時間以上かかるようですが、朝起きた時にそれらが胃の中に残っているということは、それだけ胃が弱っているれっきとした証拠。

弱った胃にとって残ったものを消化するのはかなりツライことなので、吐き気がこみ上げてくるようでしたら吐いてしまったほうが良いでしょう。

ただし、無理に吐き出す必要はありません。吐く行為もそれなりにツライので、吐きたくなったら素直に出す、くらいの感覚で大丈夫です。

吐き気があっても水分摂取は必要ですが、もし水を飲んだだけでも吐きそうになるのなら、そのつど吐き出してください。

これはいわゆる『胃のうがい』と呼ばれる行為ですが、吐けるものがなくなると徐々に落ち着いてきます。

むしろ水分不足の身体のまま、ひたすら吐き続けるほうが危険です。

さらなる脱水症状を引き起こす前に、できるだけ水分はとるようにしましょう。

二日酔いにサヨナラ!予防対策とは!?

176366

二日酔いになった時の対処方法はご紹介させていただきましたが、できることなら二日酔いそのものとご縁を切りたいですよね。

二日酔いを防ぐ方法はいくつかありますが、一番大切なのは自分の適量以上のお酒を飲まないこと!これに尽きます。

カンタンにできるその他の予防方法としては、

①飲酒の前に薬やサプリメントを服用する。

 

②空腹時に一気にアルコールを摂取せず、食事もしっかり摂る。(タンパク質の多い食事がベター。脂肪分の多いナッツなども効果アリ)

 

③一気飲みしたり、お酒のチャンポンをしない。

 

④カラオケなどで呼気からアルコールを排出する。

 

⑤楽しく飲む。

これらの項目があげられます。

どれも少し意識するだけで、次の日のお酒の残り具合が変わってきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

まとめ

お酒を楽しむのは大人の1つの楽しみといっても過言ではないでしょう。

しかし、その楽しみも自分次第で『後悔先に立たず』状態になってしまいます。

せっかくのお酒なんですから、今日の自分も明日の自分も楽しめるような、ステキな付き合い方をしてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください